ニュー三脚

これまでリーベックを使っていたがどうも値段が安かったからなのかイマイチよくなかった。
そこで今回はザハトラーを購入。DV6SBというやつだ。
VINTENとどちらにするか悩んだが最後は好みの問題でザハトラーに決めた。
なんといっても硬派な感じがいい。これで機材だけはプロっぽくなったかもしれない。

ホームページ制作

自分とこのHPを改装すべく奮闘中。
これまではビルダーで構築してたが、どうもビルダーだとデータのやりとりが面倒で管理も難しいしずさんになりがちだった。というわけで小生次なるHPはサーバーインストール型のものにしようと考えた。
はじめはXOOPSにしようと思い色々試してみたものの、なんか妙に敷居が高いソフトだと感じて断念。本を何冊も買って読んでみたがどうしてもやる気がでなかった。XOOPSは流行のCMSフリーソフト。インストールするだけでもひと手間な感じがする。機能は非常に充実していて本格的にのめりこんだらすごいHPが完成するかもしれない予感を感じたのだが、う〜ん、もうちょっと簡単にしてくれればいいのに。
で、
というわけだから次のソフトを探していたらいいのをたまたま発見した。WordPressというソフトがそれだ。これはCMSチックだがなんともBlogに近いソフトで自分のレベルには入りやすい感じがした。親和性というのはやはり大事で、こちらから無理して勉強して近づかないと思い通りにならないソフトというのはイマイチ将来に不安が残るのだ。
まだ公開できるまでには時間がかかるかもしれないが、今はWordPressをいじって遊んでいると時間を忘れてしまうぐらいのめりこんでいる。

一色町大塚での取材

グラウンドゴルフ場に設置してある案山子。
ちょっと離れたところから見るとあまりによくできていてびっくりする。
大塚グラウンドゴルフ愛好会のみなさんが尽力された結果なのだ。

業務日誌

ここでは日記代わりにブログを書いているが、業務日誌的なものは書いていなかった。
これまではせいぜいスケジュール管理程度。会社の方針とかこれまでやってきたこと、これからやりたいこと、今とりかかっていることで尚且つここには書けない事のなんと多いことか。
そこで手書き用にカリスマ教師・原田隆史の「夢を絶対に実現させる手帳2008」を購入。さらに備忘録としてフリーの日記ソフトを入手してできるかぎり毎日記入することに決めた。
近頃は酒もあんまり飲む気がしない。
アルコールは創造的な会話を阻害するから時間がもったいないと感じるのだ。いや、だからといって酒が嫌いというわけでは決してないし、そういう時間も時には必要だろう。でも頻繁にやることはいけない。仲間と集う貴重な時間こそ酒なしで話し合うべきではないかと思ってしまうのだ。
ま、毎日が祝い酒ならいいけどさ。

今年も月イチ激アツクラブイベント・クバニア開催します


今年もクラブイベント「クバニア」は盛り上がり続けます!
好評をいただいておりますキューバなダンススポット、cubania!
皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。
クバニアはキューバそのものを体験できるレアでコアなクラブイベント!
キューバを肌で感じたい人は是非いらしてください。
音楽、映像、酒、飯、空気、すべてはいつものキューバを味わうため。。。
場所:アチェ・パティ
地下鉄名城線東別院から徒歩すぐ
時間:19時〜24時
入場料:1500円

拡大地図を表示

誕生日大全

誕生日大全

誕生日占いとか血液占いとか星占いとか。
なにせこの世には占いが数数多ございます。
しかしながらこの1冊の本はなかなかのもの。だって誕生日別にその人の性格が書いてある。だから366種類の人に分類している。
その作業だけでも相当大変だったろうと、労いの意味もこめて買ってみた。
いや、
これがまぁそれにしてもびっくりしたことに、よく当たっている。
気がする。
実に面白い。
だから人に誕生日を聞いてみて、その人の性格を見抜くのもいいのではないかと思った。自分がこれまで考えていたあの人の性格は実はこうだったのか、みたいな…。
本の裏側の帯には「会話のネタに最高!」と書いてあった。
ちなみに自分についてなんと書いてあるか見てみたら、
「新しい刺激を求める好奇心と冒険心」
だって。コレだけ見るとなんかヤバイ人間みたいだ。

マインドマップを使いこなす

マインドマップをご存知だろうか。
自分の思考を「脳細胞のように地図化」する技術で、トニー・ブザンというおじさんが開発・提唱した技術だ。
トニー・ブザンは、
”心理学、アメリカ文学、数学を大学で学んだ後、学術ジャーナリストとして活動し、1960年代には、メンサ・インターナショナルの国際的な機関誌の編集に携わっていた。これはIQが極めて高い人たちを中心とした団体の雑誌で、その仕事が元でBBCの教育番組の企画の相談を受け、その際のアドバイスを元に自分で一冊の本を執筆したのが、彼の本『頭が良くなる本』(Make the Most of Your Mind, 1977年)である。以来、彼はこの方面の番組、セミナーなどに多数出演、著書も多数ある。”
「出典:wikipedia」
この人自身のことはともかくとして、マインドマップという技術は非常に優れている。これは非常に簡単なノウハウだし書籍を買えば安価に手に入る。
そのマインドマップを私もこよなく愛する人間だ。
で、
このマインドマップはPC用のソフトでも販売されている。何種類か存在していて、詳しくは、
http://mindmap.jp/
こちらのサイトにいろんな情報が盛り込まれているので参考にしていただきたいのだが、私はこれまで当然のようにフリーソフトを使ってきた。
ところが、
最近トニー・ブザン公認のソフトの発表とともに有料ソフトに興味がわき始め、試用期間付のソフトをとりあえずインストールしてみることにした。なにせフリーは所詮フリーで、どうもかゆい所に手が届かない気がしてあまり使う気がしないのだ。
何種類か試してみた結果、個人的にはMindManagerが一番使いやすかったように思う。少々値段は張るがいたしかたないところか。
それにしてもトニー公認のソフトは値段も手ごろで非常に期待していたのだが正直イマイチ使いづらいものだった。見た目はまさしくマインドマップだったが、なんとも残念。

薦められるままにガンダム

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 16 オデッサ編・後 (16) (角川コミックス・エース 80-19)

なにを今さら、と思われるかもしれない。
が、
友人2人に囲まれ「ガンダムORIGIN読んでないのぉ?」と凄まれた。
読んだことは、、、
なかった。
そこで現在発売されているシリーズ全16巻を大人買い。
読み耽る始末だ。
「なんだ、まだ子供じゃないか」
まぁ、そうおっしゃらずに。

MacPro発売でFinalCutStudioに軍配か




なんとも驚いた。
急遽発表されたMacProはIntelXeon8コアが標準装備。
http://www.apple.com/jp/macpro/
発表前にお店でG5のレクチャーを受けたときは
「8コアにしてもその能力は発揮されない」と言われていただけにそのあたりもしっかりとクリアしての発売開始ということか。
HPを見るとFinalCutProは2倍近い速さを誇っているという。
恐ろしいほどの魅力を放っているマシンといえそうだ。
しかも値段がかなり安くなっている。