編集と逃避

編集に追われる日々が続くと逃避行動する傾向にある。
追われれば追われるほどに。
買い物に行く。
なんか食べる。
掃除する。
靴を磨く。
音楽を聞く。
領収書の整理をする。
やばい。

AG-HPX175について感じてしまった重要なこと

松下からAG-HPX175が発売された。63万円也。
これはちょっと見落としがちな筐体だったが、よくよく考えてみればDVX-100世代にはなんとも「世代交代」と思わされるカメラである。
なにせ、重さは1.9kg!軽い。これまでのハイビジョンカメラとは完全に違って、ハンドヘルドで十分に耐えられる重さだ。レンズもかなり広角(35mm換算28〜368mm)で3CCDなところにも安心感がある。完全なるP2機。
仕様を見る限りにおいて「これは!」と思わせる印象を強く受けた。しかもディスプレィ表示機能の中には波形やベクトルスコープ表示機能も加わってところもウレシイ限りだ。HD/SD-SDIも装備している。
もしかしたらSONYよりもこちらのほうが自分に合っているのでは・・・?
と思った。
P2でさえなければ、である。
他はなんとも魅力的なのだ。
P2の致命傷はなんといってもP2カード。だって32Gで32分しか記録できない。SONYのSXSなら16Gで50分記録できる。これは圧倒的な勝利なのだ。しかもSXSの記録方式ならMPEG2であるがゆえにブルーレイに直接データ変換なしで焼くことができそうだ(※仕様によってはできない場合もあるそうなので注意が必要)。
VHSとBETAの戦い。HDDVDとブルーレイの戦い。いずれも勝利を収めたのは「収録時間の長い方」である。そりゃそうだ。しかもメモリーはかなり高価な商品なのである。
せっかくAG-HPX175はいいカメラなのだが。
残念。

わりによく使う無料ストレージサービスはこれ(大容量ファイルの扱いに普段困ることが多いので)

ビデオ制作の仕事をしているとクライアントに確認していただく作業のとき、どうしてもこれまではVHSとかDVDが主流だった。
しかしDVDの場合だと結構焼くのに苦労する。
なぜなら、
ファイルを変換せねばならない。
一応オーサリングソフトに上げなければならない。
焼かなければならない。
からだ。
そこで最近では皆さんがパソコンを所有していることを念頭においてファイル転送を試みるわけだが、これが結構曲者なのだ。
なにせビデオファイルなのでファイルがでかい。
1ファイルで100メガくらいは欲しいところなのだ。
これまでは、
宅ふぁいる便
http://www.filesend.to/
データ便
http://www.datadeliver.net/
といったところでファイルをアップしていたのだが、これがどうも速度が遅い。そこで新たにいいサービスが出ているのではないかと思い検索してみた。
そこで見つけたのが、
ファイヤストレージ
http://firestorage.jp/
これはなかなかよい。早いし、簡単、もちろん無料だ。
それから
Dropbox
http://www.getdropbox.com/
これもなかなか使えそうだ。ただこちらの場合は自分で複数のPCを持っているときファイル共有ソフトとして活躍しそうな感じ。ただ、使用感などはあくまで私個人のものなのでそのあたり加味していただきたいと思う。私はあくまで素人で、お金をいただいて広告しているわけでもないので。

八ツ面山からの眺め

子供のころは毎日のように遊びに行っていた八ツ面山。
子供たちは一度も行ったことがないというので展望台まで向かった。
ん十年ぶりだ。

ヤブ蚊だらけなのも変わってない。

懐かしいなぁ。

企画に流す音楽についてあれこれ考えてみた

テレビ番組など私自身の作家性が特に問われない(と私自身は考えているが)映像につける音楽。
つまり音効なのだが、これが実に難しい。
今現在MAは私が自分で行っているのでどうしても一人よがりな作品ができあがる傾向にある。取材、構成台本、演出、撮影、編集、MA、、、いかにもやりすぎだ。本来テレビ番組は分業なのだ。だからこそフラットな面白さというか、癖のない見やすい作品が出来上がる。総合芸術的。
私の場合、その分業がほとんどない仕事がある(予算の都合上)。
だからエゴの塊が作品となり昇華される。のだと思う。
自主制作の世界ならなんら問題がない。とことん自分の世界を見るものに訴求できる。主張しまくれる。ごり押しだっていい。
しかしテレビは別だ。
平均的、最大公約数的な面白さが追及される。だからこそ分業制度が発展してきたのだろう。そんななかでテレビ番組をほぼ一人でやりきることはかなり辛いのだ。自分の意識を「テレビ的」な面白さに偏向することが難しい。
私自身音楽が好きだからどうしても凝った音をつけたくなってしまうのだ。あぁ。エゴとの闘い。
映像はある程度自分の演出経験でカバーできる部分が多い。しかしMAは全く別だ。経験値がないのだ。自分で探りながら上を目指すしかないのだ。
あぁ、ジレンマ。

SONYからHDR-FX1000が11月発売

http://www.sony.jp/products/Consumer/handycam/PRODUCTS/HDR-FX1000/index.html
発売ラッシュだ。
民生機最高峰のFX-1に後継機が登場した。
注目は値段。
40万を切っている。
ほぉ。
音声にキャノン入力がないのことからも業務用途としてはメイン機にならないと判断できるが、映像自体はクオリティーに問題があるとは思えない(?)のでサブ機として気になる存在かもしれない。
もともと予算的にサブ機なんて視野に入れてない私には不必要ですが(笑)。

これは何かの間違いだっ


腹の立つことがあると、つい怒る。
当然だ。
悲しいことがあると正面から受け止め、悲しくなる。
無論だ。
しかしそこを、
「これは何かの間違いだっ!」
と思うようにする。
人の気持ちは磁石のようなもの。
怒っていると「怒」が周りからやってくる。
笑っていると「笑」集まってくる。
だから、怒りとか悲しみとかは認めない。
「コレは何かの間違いだっ!」
と無理やり考えてみる。
はじめは無理やりでもそのうち自然になってくる。
これが自然にできるようになるとどんどん幸せになるという。
嘘だと思えば、やらなければいい。
ノーリスク、ノーマネー。
思考の力には驚かずにはいられない。

今日は退職記念日です

2年前の今日、会社に退職の意志を伝えた。
それまでに辞めるための準備もした。準備とは心の準備であり、お金、時間、仕事、家族と様々な準備である。
それでも不安だった。
辞表を出す直前まで悩んだ。
結局最後の最後に自分を後押ししたのは自分自身だ。
「このままサラリーマンで一生を終えたら間違いなく後悔する」
そう思った。
社会にでて始めて自立した瞬間だったかもしれない。

EDIUS Pro5が79800円で登場

http://www.canopus.co.jp/catalog/edius_pro/edius_pro5_index.php
EDIUS Pro5が登場する。
インターフェイスはあまり変化がないようだが、中身で色々といじっているようだ。Blu-Rayの対応は不可欠だといえるが、様々なフォーマットの対応やMPEGの強化が主なようだ。
ぱっと見た感じでは革新的な進化を遂げた印象は受けなかった。
あくまで個人的な感想だが。
これからいろんな媒体でレビューが登場すると思うので楽しみに待ちたいと思う。