ブログ

映像制作のヒントになること

3Dディスプレイ革命だと思った凄いヤツ

3Dディスプレイ革命だと思った凄いヤツ

interBEEの中でも一番の目玉だったのは3D関連ではないだろうか。
ディスプレイから編集ソフトまで3D商戦がいよいよ本格化し始めた感触だが、その中でも個人的には、
http://newsightjapan.jp/
112.jpg
これが素晴らしかった。
もうほとんど映像革命。
なにせ裸眼で3Dが見られる。120度以上の視野角だからたくさんの人が一度に視聴もできる。大きいものなら57インチまであるのだ。
仕組みを簡単に言うと、右目と左目で異なる映像が見られるようになっている。つまり視野角が右目と左目で違うところを利用して別の映像を流すことにより3D映像にすることができるらしいのだ。これは実物を見ないと決して理解できない。これまで眼鏡を使っていたのが必要なく見られるのは凄いことだ。
このブースのすぐ近くでは・・・

続きを読む 紹介3Dディスプレイ革命だと思った凄いヤツ

Final Cut ProとEdius Proの違いがわかってきた?

Final Cut ProとEdius Proの違いがわかってきた?

近頃Edius Proの導入が目立つ。バージョンも5となってから回りでEdius Proを入れたらしいとよく耳にするようになった。私はEdius Pro4.5で卒業。Final Cut Studio2へと移行した。
「え、いまさら?なんで?」という印象を受けられる方もいらっしゃるようだ。個人的にはMacに対する憧れ、というものもあったからFinal Cut Studioに行ったわけだが、最近になってようやくこの二つの違いが見えてきた。つまり、

・Final Cut Studioは映画向き
・Ediusはテレビ向き

ということだ。
Final Cut Studio/ProはテロップやTCに弱い。使い始めたときに一番困ったのがこの二つだった。Ediusで簡単にできていたことがFinal Cut Proでできないことが悔しかった。しかしながらFCPは2K〜10Kまでフィルムやプログレッシブ素材にマッチしている。実に映画屋さんにとって便利なソフトである。 FCPの弱点をカバーすべくinterBEEで色々なブースに足を運んで話を聞いてみたが、皆さん弱点は認めるものの、それをカバーするつもりはあまりなさそうなのだ。
 しかし、時代は動いている。
 FCPはこの弱点をカバーしないと必ずテレビ屋さん界隈からそっぽを向かれることになるから是非ふんばって欲しい。Ediusがテレビ業界標準になってしまってはなんとなく私としては面白くないのだ。Ediusは商品を作るソフト、FCPは作品を創造するソフト。というイメージがどうも拭えない。

続きを読む 紹介Final Cut ProとEdius Proの違いがわかってきた?

2時間 崖 ジャネット・ジャクソン

2時間 崖 ジャネット・ジャクソン

というキーワードを入れて検索すると「木の実ナナ」1位でヒットするというネタをお笑いでやっていたのだが、本当なのかと思ってトライしてみたら全く出てこなかった。 恐らくこのネタが披露されてからその言葉でHITされるように対策続きを読む2時間 崖 ジャネット・ジャクソン[…]

私の見たinterBEE2008

私の見たinterBEE2008

今年のintesBEEは去年以上に冷えた感じだ。正直デジタル化への流れが依然見えてこない。入り乱れているフォーマットがそれを物語っている。みんなが困っているようだった。例えばフォーマットが絞りきれないために編集には過大な続きを読む私の見たinterBEE2008[…]

食欲の秋にカニを食らう

食欲の秋にカニを食らう

前回芦原温泉でカニを食べた時タバコを吸っていたせいか、今年ほど美味いと思えなかった。 つまり、 今年のカニは実に美味いと感じたのだ。タバコはそれほどまでに味覚をダメにしていたのかと改めて驚くばかりである。 20年に渡りタ続きを読む食欲の秋にカニを食らう[…]

こりゃ新しいかもしれない映像

こりゃ新しいかもしれない映像

なんか楽しそうな映像。果たしてこれはどのような仕掛けになっているのやら。「このビデオは、フランスのテクノ・アーティストEtienne de Crecyの2007年のライブでExyztが行ったインスタレーション。今回のライ続きを読むこりゃ新しいかもしれない映像[…]

財布は毎年新しく

財布は毎年新しく

変えたほうがいい。 と、どこかで聞いた覚えがある。理由は忘れてしまった。さすがに毎年とはなかなかいかないが、その言葉が気になってどうも財布を変えたくなるようだ。 近頃は土屋鞄のネットショップがお気に入りなので、皮製の財布続きを読む財布は毎年新しく[…]

Red Cliffすなわち赤壁の戦い

Red Cliffすなわち赤壁の戦い

ジョン・ウー最新作の「レッド・クリフ」が気になっていた。ジョン・ウーは香港からハリウッドへ白い鳩と共に飛び立ち、赤い大陸には戻らないと思っていたのだが、それは勝手な勘違いであったようだ。 とにかく三国志を映画にするという続きを読むRed Cliffすなわち赤壁の戦い[…]