Mac ProとFinal Cut Studio2で困ったことと対策について

early2008に導入したMac Proだが、イマイチ個人的に信頼感が薄い。その最大原因が編集の際、HDV編集程度でタイムラインが赤く染まり、再生がストップすることがままあったからだ。Xeon3.2と最速でありながらこれでは困るわけで。
ただいまいろんな人に御教授いただいている次第だ。
まず、解決法としては
FCPの設定変更
メモリ増設
ハードディスク増設及びRAIDでストライピング
キャプチャーカード購入
といったところだった。はFCPでのRT設定を変えてあげることである程度向上できるということや、「強制再生」コマンドでの再生やリアルタイムプレビューを使用するという選択肢もある。では現状4Gを倍の8Gにすればある程度の尺のものでもカバーできるようになるのではないかということだった。そもそもFCPはテロップ処理が弱いらしく、Ediusなんかと比較するとそのストレスぶりはイラつくことが正直ある。FCPの短所はビデオジェネレーター(テロップもジェネレーターのひとつ)なのだとおっしゃっていたと思う。は読み書きのスピードを上げるという意味でHDD増設とRAIDという選択肢がでてきた。ストライピングにすればスピードは格段にあがるのだが、しかしながら結局のところHDVではそんなに早くなくとも十分に対応できるはずなのでまだ必要ないのではないかというところらしい。はモノによっては編集ストレスの緩和につながると表記されているのでやや期待できる。しかしなによりモニターアウトの映像が綺麗になるというのでそちらのほうに目が行くが。
さて、それらを総括して、一体どうするのか?ということになるが、、、

“Mac ProとFinal Cut Studio2で困ったことと対策について” の続きを読む

iTuneにCDを取り込むのは大変で

なかなか全部取り込みができない。
1枚5分かかるとすれば1000枚で80時間以上必要となるわけで、更にジャケットをスキャンしたらもっとかかることになる。
でも所詮趣味の世界。
時間はかかってもついやってしまうのだ。
そういえばiTuneの前はSonicStageだった。これも時間かかったなぁ。

米津ライスボランティアって凄いです

11月放送のキャッチケーブルネットワーク制作番組「にーず」では、西尾市米津町にある米津小学校で地域ボランティアとして小学5年生にお米作りを指導している4人の男たちをご紹介します。6年前から始まったライスボランティア活動ですが、始めた当初は雑草が生い茂る沼地だったそうで、リーダーの米津さんを中心に土地改良から始めたのだそうです。。。
そのほか、番組では西尾税務署より「税を考える週間」のお知らせなどお伝えします。

キャッチ ケーブルテレビ にーず 番組制作
キャッチケーブルネットワーク「にーず」より

アイデアロボット競技大会が復活

中日新聞にこんな記事が掲載されていた。
*********************
 予算不足で中止になった工業高校生のロボット競技会が、4年ぶりに復活する。愛知県高等学校工業教育研究会などが名古屋市で来年1月に開く「第1回愛知県工業高校生ロボット競技大会」(中日新聞社後援)。テニスとサッカーを組み合わせたオリジナル競技「テニッカー」で、モノづくりの原点に挑戦する。
 東海地方の高校生のロボット競技大会は1992年から毎年開かれていたが、会場費が足りず、2004年11月の第13回大会を最後に中止。卒業生から大会を懐かしむ声が上がったほか、「匠(たくみ)の卵にモノづくりの工夫や応用技術を学んでほしい」との教師らの願いで、愛知県商工会議所連合会が、愛・地球博(愛知万博)の剰余金からの支援を決めたという。
 大会は1月10日、名古屋市中区の愛知県体育館で開催。縦8メートル、横4メートルのコートで向かい合ったロボットを操作し、各20個のテニスボールをラケットで打ち合って、相手の後ろのゴールに入ったボール数で得点を競う。愛知県内の24校から45チーム、計135人がエントリーしている。
 4年前までは岐阜、三重、静岡などの有志校も参加していたが、当面は愛知県の工業高校を対象とする。同研究会の森田満夫会長(東山工業高校校長)は「まずは10年間の継続を目標に頑張りたい」と話している。
(11月4日付朝刊)
*********************
復活するんですね。
またテレビでも放送するようになるのだろうか。以前はトヨタ系企業のバックアップが強かった印象があるが、今回はどうか。製造業大国愛知を支える技術力が不足しないよう良い人材を集めるためにはこうしたお祭り騒ぎも必要かと思えるので今度はぜひ10年といわず20年30年と続けていただきたいものだ。工業高校の面白さ、格好良さ、やりがいを是非伝えていただきたい。

秋晴れの空は気持ちいい

「天高い」秋の空を実感するようになったのはつい最近のこと。
外に出ると広々している空間をどの季節よりも思わずにはいられない。
と同時に来年以降の計画も意識しはじめるのだ。

ヤマナカの歌


散歩のつもりで歩いていてもぉ ホホホ
明るい呼び声
心が弾む
パッとひらめく素敵なメニュー
いつもあれこれ 楽しいお買い物ぉ
ヤマナカ ヤマナカ ヤマナカ・スーパー・チェーン

これ、2番もあるそうだ。