おとうふ工房いしかわに行く

135.jpg

地元ケーブルテレビさんの特番取材でおとうふ工房いしかわへ。番組をひとことで言えばは「会社紹介」。しかしこの会社紹介は「企業は、人なり」をテーマにしている。

社長を通して会社を見る番組なのだ。地域に根ざしてがんばる企業はほぼ間違いなく社長にかかっている。社長の思想がモロに反映するのだ。その会社では社長の思想を受け止めて社員もがんばっている。
番組ではリポーターとして田中ふみえさん(語り手)が登場するが、彼女は頭をからっぽの状態で社長に会いに行き、そこで社長と初対面から始まって色々と語り合ううちに何かを感じてもらおうというスタイルにしている。つまり社長との出会いをドキュメンタリー形式で仕立ててその人柄や考え方を感じ、会社を見るわけだ。だから台本は存在しない。通常30分の企画番組に台本がないなんてありえないとお考えだろう。

以前私は民放で旅番組企画をやっていた。それは東海3県全ての市町村を1ヵ月半で回るという実に過酷な企画で、しかも毎日朝のワイド番組で生放送、夕方のニュース番組ではVTRを5、6分放送していたのだ。平均すると1日に回る市町村の数は8。ほとんどビョーキだ。睡眠時間1、2時間で回り続け最後のゴールにたどり着いたときにはさすがに目頭が熱くなった。そのときは仕込みなどしている余裕などなくロケをしながら同時に構成を組み立ていた。毎日がドキュメンタリー番組の取材みたいなものだ。取材前の段階では台本などない。しかし取材後は毎日その日のうちに台本を書いて局へ送らなければならなかったのだ。壮大なドキュメンタリー、ロードムービー・・・みたいな。
だから事前台本無しで取材するという過酷な修行をここで毎日経験することができたのだ。しかもこうした取材のほうが断然面白いと実感した。底なしな面白さがそれ以来忘れられないでいる。今回の会社訪問もそのスタイルを踏襲したものなのだ。

事実は小説よりも奇なり

ドキュメンタリーはドラマよりも奇なり

リサーチはロケよりも奇なり

毎回リサーチをしていると、そのときが一番面白い!と感じることが多い。だからその思いをロケで体験するための方法をこれまでも考えてきた。今回の番組もその一環である。
我々としてはこれまでにない会社訪問番組を作りたいと思っている。この取材で語られている社長の言葉は作られた言葉ではなく本当の生の声だ。予定調和の世界では決して見ることの出来ない「奇」な世界が見られるはずだ。
最終的にはこの番組が地域社会勉強の教材として楽しく見てもらえるコンテンツとなり、さらにはその会社に就職したいという若者が増えることを目的としたい。が、これはあくまで夢、というか妄想。とりあえずは「何故か日本一面白く見れてしまう会社訪問番組」を目指す、というのはどうだろうか。

これはある意味恐るべき番組なのだ。だって見るとその会社に就職したくなるのだから。
放送は4月。

アイデアのちから

話題の人・勝間和代さんが勧める話題の本がこれ。
勝間さんはこの本のフレームワークを参考にして数々のベストセラーを書いたというから気になって読んでみた。でもってその話は本当かもしれない、と思える内容だ。
簡単にいうとこの本は「人の記憶と印象に深く長く残るアイデアは誰にでも考えることが出来る」ということをテーマに書かれている。凄いアイデアというのは天才がひらめくものとか考えがちだが、そうではなくて具体的な方法に沿って行うだけで素晴らしいアイデアは生まれる。と説いてくれる。
我々の業界では演出や作家、編集、プロデューサーなど「アイデア」には敏感でわりとこういうことを意識している人たちがたくさんいる。だからこそこの本は「即戦力」として非常に効果を発揮する内容であった。
書いてあることは非常にシンプルだ。記憶に焼き付けるには、、、
・単純明快
・意外性がある
・具体的
・信頼性がある
・感情に訴える
・物語性がある
ということだった。テレビの企画書だったら「企画意図」は至極単純明快、一行広告のようなものだ。しかしながらそこには当たり前のことよりも意外性があったほうが絶対にいい。そしてそのための手法は具体的であり信頼性も必要。感情を揺らす物語も当然付き物だ。
これは全くもってテレビ番組やビデオ制作においても基本中の基本なのだ。だからテレビの世界に置き換えて読んだら凄く面白い本なのである。
人を説得したり、行動を促したり、惹きつけたり、笑わしたり、泣かしたり、、、ビジネスで必要とされているスキルのなんと多いことか。

是非読みながら大きく頷いていただきたい。

耳つぼダイエットについて個人的な見解

私は会社を辞めてから体重計ダイエットを約1年やり、20キロ落とした。体重計ダイエットとは毎日朝と夜に体重計に乗り、計測結果をグラフに書くという極めて単純なダイエット法だ。
おかげで体重はみるみる減り減量に成功した。
しかしその後、たばこを辞めたのだが、辞めたことをきっかけに食欲に火がつき太り始めた。
で、
このままではメタボよろしく生活習慣病に侵されかねないというのでまた懲りずにダイエットでもやってみようかという気になり始めた矢先のこと。

耳つぼダイエットが目に留まった。

これは耳にある食欲を抑えるツボを刺激しながらダイエットを行うというもの。で、早速足を運んだのだが、その内容というのがこうだ。

“耳つぼダイエットについて個人的な見解” の続きを読む

金をかけずにflvの動画ファイルに変換するのは難しい

ホームページなどに動画をアップしたいとき、やはりフラッシュムービーにしたくなる。flvのファイルだ。しかしこれ、一筋縄ではいかない。世の中にはフリーソフトがたくさんあるし、簡単に変換できるに違いないと安易に考えていたらこれがまたことごとく、ない。
Macでやろうとした場合、正規のソフトであるアドビさんのFlash CS4を買うか(88200円)という感じだがやはり値段がどうも高すぎる。こちらとしてはビデオを.flvに変換したいだけだからそんなに高機能なモノは必要ないのだ。
フリーソフトではやってできなくはなさそうだが、なんか設定が面倒だったのでやめることにした。webやMacに精通している方ならいざしらず私はそんなに詳しくはないので試すと無駄に時間ばかりが過ぎていってしまう。
何かよいソフトはないものだろうか。

今のところ一番の策としては、YouTubeに動画をアップしてそのファイルをダウンロードするというのがいい気がする。。みんなもそうしているのだろうか?