今年は商品を開発・販売します!

弊社で商品を開発販売する場合、必要な申請があります。

JANメーカコード

というものです。
これは商品に貼られるバーコードで、商品ごとに番号が付けられます。
これがないとアマゾンなどに委託販売もできません。
手売りだけならなくても良いかもしれませんが、本格的に商品流通をさせようと
考えた場合、これは必須となります。

さて、
このJANメーカコードを手に入れるためには、
商工会議所に行って、「JANメーカコード利用の手引き」(1200円)を購入します。
この手引きの中に、登録申請書が含まれていて、これなしでは登録は不可能です。
で、
手引きをよく読んで、自分の会社に該当するランク等を選び、登録料金を支払います。
支払いは郵便局で行います。

支払いが済んだらその領収書と申請書を持って再び商工会議所へ。
・領収書
・申請書
に不備がないか確認したのち手続き完了。
2週間ほどで流通システム開発センターより発行コードが届けられるというわけです。

実は、
この手引きを買ったのは1年前。
それからなんだかんだと1年が過ぎ、ようやく今日手続きをしてきました。
新しいことに一歩踏み出すということはなんとも臆病になるものです。

でもこれをしていかないことには、
いつまでたってもテレビ局などに「使われる身」です。
我々は最終的にはソフト開発をするしか道はないと考えています。

書籍「天才!成功する人々の法則」

世界的なベストセラー作家、マルコム・グラッドウェルの最新刊です。あの勝間和代さんが翻訳をされています。勝間さんはこれ程にマルコム・ファンだったのかと思いました(苦笑)

さて、本の内容はといいますと「成功する天才はどのように生まれるのか」ということが書かれています。学術書ではなくこれは「読み物」ですから楽しく読める仮説がたくさん登場します。大学の研究や調査も多く引っ張り出されていますが、結局のところ「面白がって読む」というスタンスが正しいように感じました。

例えば、
ある分野で優れた才能を発揮するには約一万時間が必要だそうです。
一日8時間、月に20日間を約5年続ければエキスパートになれる、ということになりますね。成功するためには一万時間!

結局のところ本書は「生まれつきの天才が成功するとは限らない」と言いたいようです。社会環境、時代、家庭環境、様々なタイミングが複雑に何重にも重なり合って天才と呼ばれる成功者が生まれるのだと。
もちろん努力は不可欠。
でもチャンスは平等にある、と。

なんとなく勇気付けられます。

書籍「奇跡を引き寄せる音のパワー」

この本は、偶然書店で見つけたもの。
一見いかがわしく、普通なら手に取る事のないタイトル。
しかし中をチラ見して読みたくなってしまいました。曰く、

「引き寄せの法則」でも引用された「音の振動」がもつ7つのシークレット
・すべての存在は振動である
・意志は力である
・人はそれぞれ独自の振動を宿す
・沈黙は金
・声は最高の癒しをもたらす
・音階には無数の音がある
・音は世界を変える

ということだそうです。音が振動であることは誰でも知っていることですが、この振動に分子構造を変える力があると聞いたらちょっと驚きです。
宗教的な思想や神秘思想などにも深く影響を与えそうな内容だけにやや注意が必要かもしれませんが、内容は実に興味深いものです。何かのヒントになるかもしれません。

Final Cut Studioがバージョンアップ

206.jpg

 
これです。新Final Cut Studio。ウチにも早速届きました。
 

ある程度今の仕事が片付いてからインストールしたいと思います。
やはり注目はProRes422のバージョンが増えたことです。
今回のバージョンアップでProRes422の新しいバージョンが3つ登場します。

・放送用として問題ない程度の軽いファイル(LT)
・ノートで編集できるプロキシサイズ(Proxy)
・444で最高のパフォーマンス(444)

の3種類です。中でも私が一番気にしているのはLTという一番目のバージョンです。これでカクカク問題がクリアになることを切に願います。
期待しましょう。

MacでNTFSを書き込み可能に

ネットで探していたら、
MacでNTFSボリュームに書き込みできるようになる情報を見つけました。
通常マックではFAT形式なので、NTFSでは書き込みはできません。

例えば、
WindowsでNTFSのUSBメモリにファイルを書き込んでMacで読み込み、
ということまでは可能ですが、そのファイルを削除したり、新しく書き込んだりすることができないのです。これは非常に不便です。
DVDデータなどは4Gを超えるファイルとなるのでNTFSでないと駄目です。

そこで、Macに

の2つのソフトをインストールします。
するとMacでもNTFSボリュームを扱うことができるようになります。OS Xでも問題なく動作しました。これでWinとMacのファイルのやり取りも非常にスムースになると思います。

ラテン・ミュージック:キューバ・ソンのクラブイベント開催

204.jpg
Cubania29(クバニア29)
本日開催します。
私はここでVJをやっております。VJは壁一面にビデオ等の映像をライブでミックスしながら流している人のことです。

現実離れした名古屋の夜を過ごすことができる大人のクラブイベント「クバニア」。
月イチイベントとして2年以上続いているブランドです。
キューバ・ソン、サルサ、ルンバ、ティンバ、、、、
シエラ・マエストラ、マノリート、アダルベルト・アルバレス、
ファミリア・バレラ・ミランダ、アフロ・キューバン・オールスターズ、
バンボレオ、ロス・バン・バン、オリーシャス、
オルケスタ・アラゴーン、パンチョ・アマート、スール・カリベ、ソン14、
セプテート・ナショナル、セプテート・サンチアゲーロ、
ソネロス・オールスターズ、、、
涎モノのキューバ音源大放出。。。
普段はカフェとして営業している「アチェ・パティ」で
月に一度だけ開催されるクラブイベント。

イベント名:Cubania29
日時:7月25日 夜7時〜12時
場所:アチェ・パティ(名城線・東別院駅すぐ)
入場料:1,500円
The still unexperienced person come once by all means. Night in Nagoya which the reality left can be spent.
It is intoxicated by the dancing, making noise, eating, laughing, rhythm to accept.
This place is the socializing place of the adult having to do with Cuba.
The club event which is once hosted every month with ” ACHE pa’te ” usually doing business as the cafe.The social status of everything can be enjoyed by forgetting it from the child to the adult.
Event name: Cubania29
Date: July 25th
        from19 – to 24
Place: ACHE pa’ti ( 1min. from Higashibetsuin station )
Admission fee: 1,500 yen

星野ジャパンに召集された12歳少年

12歳で星野ジャパン入り
12歳で星野ジャパン入り

ボーイズリーグに所属する「岡崎葵ボーイズ」のキャプテン岡田良樹君(西尾市)がこの夏アメリカで開催される少年野球の世界大会に日本代表選手として参加することが決まりました。
岡田君はお父さんと毎日キャッチボールやバッティング練習をかかさず、週末はボーイズリーグの練習で一日グラウンドにいます。趣味は野球、将来の夢ももちろん野球選手。そんな岡田君の野球人生(とはいえまだ12歳ですが)とその家族の物語をご紹介します。

The captain of “the Okazaki Aoi Boys”, Yoshiki Okada (Nishio city) is ready for the world championship in America this summer as the Japanese National Team member.Yoshiki practice baseball so hard that playing catch and batting everyday with his father, and for the Boys League on every weekend.

His interest is only the baseball, and the dream in future is a ballplayer of course. So this time we introduce his life of baseball and his family.

キャッチ・ケーブルネットワーク「にーず」 106chにて7月26日から放送。

中村前市長受託収賄事件傍聴記

名古屋地方裁判所で行われた、中村前西尾市長の初公判。

「愛知県西尾市の汚職事件で、業者に便宜を図る見返りにわいろを受け取ったとして受託収賄罪に問われた前市長、中村晃毅被告(71)の初公判が24日、名古屋地裁(伊藤納裁判長)で開かれた。中村被告は「その通りです」と起訴内容を認めた。

 起訴状によると、中村被告は支援者で同県吉良町の人材派遣会社元社長(68)=贈賄罪で有罪確定=から外国人研修センターの建築許可などを依頼され、見返りとして06年10月〜07年3月、元社長側から現金計600万円を受け取ったとされる。
 中村被告は市長在任中の3月に起訴されたが、当初は起訴内容を否認。「身の潔白は法廷で証明される」として、不信任決議案を可決した議会を解散したが、出直し市議選を経て改選された議会が5月、不信任決議案を再可決したため、自動失職した。6月には保釈保証金600万円を納付し、保釈された。」(毎日新聞7月24日付け)

という内容でした。
この裁判が、なんとも長い時間行われたので正直疲れました。
近頃は傍聴席にもたくさんの若者が座っています。
これは裁判員制度の導入が影響しているのでしょうか。

裁判の内容のほうは、中村被告は「のらりくらり」と実に政治家っぽいコメントが続き、検察や裁判長がイラつく場面もありました。
「現金を受け取った当時も、賄賂性があると認識していたんですね?」
「あぁ、ですから先ほども申し上げましたように・・・」
といった調子です。

そんな中村被告もこと浮気の話にいたると、
「もう二度とこのようなことはいたしません。反省しています」
と実に謙虚。
賄賂の裁判なのか浮気の裁判なのか、微妙な感じです。

それにしても、
政治の世界はまだあきらめていないそうです。
「私にはまだ夢があります」
と71歳の被告は声高らかに話していました。

吉良遺産 「宝泉寺梵鐘」

吉良遺産 「宝泉寺梵鐘」
吉良遺産 「宝泉寺梵鐘」

吉良町指定文化財である宝泉寺の梵鐘は延宝8(1680)年に三河代官鳥山牛之助精元とその子精永が菩提寺の宝泉寺に寄進した梵鐘です。
制作はこの地方に鋳物技術をもたらしたとされる初代国松十兵衛で、現存する唯一の梵鐘です。

キャッチ・ケーブルネットワーク「にーず」 106chにて7月26日放送。

Final Cut Proの映像がカクカクする問題:続報

本日、アップルストアのGenious Barに予約を入れてMacProの「修理」に向かいました。
その結果は、

「解決せず」

でした。
ハード的に何か問題があるのではないかということで、
先回のアップル・コールセンターからの話を受けて、ストアへ行ったのですが。
同じような仕様のMacProでProRes422のファイルを再生したところ、
同じ症状が出ました。
同じ症状とは、

動画再生でランダムなフレーム落ち。

です。
Final Cut Proを使用せず、Quicktimeにて再生しても全く同じでした。
しかもCPUやグラフィックボードの問題ではない、とのこと。
HDDもストアのものよりこちらのほうがパフォーマンスに優れていたので問題なし。

結果、推測として、
ProRes422のコーデックを解凍して再生する際に遅延が発生して、
フレーム落ちしているのではないかということでした。
その場合、フレーム落ちの「警告」はでないかもしれないそうです。
「警告」はHDDの読み込みが追いつかない場合であって、コーデックが間に合わない場合には
それには当たらないのだとか。
結局これはProRes422自身の問題でQuicktimeのプログラム修正、改善を
施さないと治らないのではないか、とのこと。

つまり、
現状では「改善しようがない」事例だそうです。

しかも、「プロ」レベルでは非常にシビアなフレーム単位の作業ですが、ストアの店員さんの話に
よれば「そこまでシビアに再生を気にしたことはなかった」そうです。
というわけで、
現段階で言えることは、

・他のコーデックに変えてみる
・いっそ非圧縮10bitデータにしてみる
・その他色々なファイル形式で試してみる

ぐらいではないか、と。
これはちょっと信じられない展開になってきました。
是非他のユーザーさんにもお話を聞いてみたいところです。