Monthly Archives: 1月 2010

吉良遺産「岩谷山1号墳」

岩谷山1号墳は吉良町岡山にある岩谷山にあったものを現在は民俗資料館に移築しています。古墳は7世紀頃のものとされています。平面形が舟形をした複室型の玄室をもった横穴石室構造となっています。吉良町には後期古墳と確認されるのは […]

Read More

今週のTwitter 2010-01-31

今週のTwitter 2010-01-24 http://bit.ly/6uW5dk # 岩瀬文庫「ふくざつしょ」: かの有名な陰陽師、安倍晴明の秘伝の占い書という「ふくざつしょ」。安倍晴明は平安時代の陰陽師。古くからそ […]

Read More

かつてないキューバ音楽イベント開催!

名古屋を代表するカフェ、ACHE pa’tiとCafe Dufi、名古屋屈指のソンバンド、Palma sorianoが全面プロデュース!いつものCubaniaが、Gran Cubaniaとなってさらにパワーアップします。キューバのさりげなくも盛大なフィエスタを今、名古屋のLa Bohemiaで再現!

Read More

岩瀬文庫「ふくざつしょ」

かの有名な陰陽師、安倍晴明の秘伝の占い書という「ふくざつしょ」。安倍晴明は平安時代の陰陽師。古くからその活躍が物語に取り上げられ、呪術や占い世界のスター的な存在です。本書は江戸時代、版元の鱗形屋から貞享4年(1867)に […]

Read More

今週のTwitter 2010-01-24

岩瀬文庫「と古し南へ」: 題名の「と古し南へ」とは「とこしえに、永遠に」という意味。過去から現在、そして未来へと営々と繰り返される新年の訪れの情景が、名古屋の熱田かいわいの風物を中心に、生き生きと描かれています。 本企画 […]

Read More

岩瀬文庫「と古し南へ」

題名の「と古し南へ」とは「とこしえに、永遠に」という意味。過去から現在、そして未来へと営々と繰り返される新年の訪れの情景が、名古屋の熱田かいわいの風物を中心に、生き生きと描かれています。 本企画「岩瀬文庫の世界」は「にー […]

Read More

今週のTwitter 2010-01-17

今週のTwitter 2010-01-10 http://bit.ly/6E6nft # 岩瀬文庫「諸国羽子板標本」: 桐の箱に縦7、8㎝ほどの可愛らしい羽子板の模型50枚が収められている。作者は明治時代に郷土玩具のコレ […]

Read More

岩瀬文庫「諸国羽子板標本」

桐の箱に縦7、8㎝ほどの可愛らしい羽子板の模型50枚が収められている。作者は明治時代に郷土玩具のコレクター、研究家として知られた清水清風。 本企画「岩瀬文庫の世界」は「にーず」にて連載中のコーナーです。「にーず」は愛知県 […]

Read More