今週のTwitter 2010-04-25

吉良遺産「行場」

IMG_5356.JPG

文化5年に(1808)駮馬村出身の江戸時代第一といわれた尼僧慈本尼の行場。真珠院の境内東裏に位置し、内部に千日箱を納めてありました(千日箱は現在非公開です)。木造瓦葺、間口2.14m、奥行2.94m、高さ2m。2010年に修復工事が行われました。

本企画「吉良遺産」は「にーず」にて連載中のコーナーです。「にーず」は愛知県刈谷市にあるケーブルテレビKATCH(キャッチ)にてデジタル106chコミュニティー第1チャンネルで放送中の報道番組。2009年からスタートし、本企画の撮影には当初からCanon EOS 5D Mark IIを使用。是非ご覧下さい。

※「にーず」は西尾市、吉良町、一色町、幡豆町を対象エリアとした報道番組で毎週日曜午前10時初回放送(時期により変更になることがあります)。なお、番組を視聴されるにはKATCHでのご契約が必要となります。

書籍「リアル・キューバ音楽」

この本はキューバ音楽の解説本ではありません。副題で「キューバ人が教える人生の楽しみ方」とあるように、本書を読むことによって「キューバ的人生の送り方のススメ」とはどのようなことなのか徐々にわかってきます。

著者はペドロ・パージェ。彼はキューバ音楽界では有名な方で現在は日本在住なのだとか。その彼の半生がキューバという社会主義国家の歩みと共に丁寧に語られています。最近ではマイケル・ムーア監督の「シッコ」でキューバが大変な医療大国であることが知らされるなど、ようやく「社会主義国家=悪」ではないという情報が出始めていますが、本書では特にキューバについて何の知識もお持ちでない、キューバ未経験の方に是非オススメしたい1冊です。

“書籍「リアル・キューバ音楽」” の続きを読む

岩瀬文庫「往来本雑聚」

IMG_5105.JPG

書名にある「往来」とは往来消息=往復書簡の意で、もともとは手紙のやり取りの形式で記した模範文例集のこと。その起源は平安時代にまでさかのぼりますが、文章の書き方や美しい文字を習得するためのお手本として使われたものです。江戸時代には7000種類を超えるとも言われるほどの往来ものが作成されました。

本企画「岩瀬文庫の世界」は「にーず」にて連載中のコーナーです。「にーず」は愛知県刈谷市にあるケーブルテレビKATCH(キャッチ)にてデジタル106chコミュニティー第1チャンネルで放送中の報道番組。2009年からスタートし、本企画の撮影には当初からCanon EOS 5D Mark IIを使用。Glidetrack Proで美しい移動撮影を可能にしています。是非ご覧下さい。

※「にーず」は西尾市、吉良町、一色町、幡豆町を対象エリアとした報道番組で毎週日曜午前10時初回放送(時期により変更になることがあります)。なお、番組を視聴されるにはKATCHでのご契約が必要となります。

今週のTwitter 2010-04-11

  • 今週のTwitter 2010-04-04 http://bit.ly/bbsbGG #
  • にしお桜まつりに行ってきました。年々人が増えてますね。着物の人もちらほらあっていい感じ。私は夏祭りよりも好きですね。季節的に。 #
  • 感情の暴走を止める方法:自分に「落ち着け!」と言い聞かす。何回か深呼吸する。体を動かす。余裕を持つ。雲をボーッと眺める。何より人生で一番大切な事を考える。 #
  • 岩瀬文庫「三河美やげ」: 嘉永5(1852)年、市川某という幕府の作事方のお役人が書きとめた工事記録や、三河地方で見聞きした風俗~民謡の歌詞、お店の看板、三河言葉、日用品や食べ物の物価、女性たちの髪形などを収録したもの。
    本企画… http://bit.ly/d9NO75 #
  • 久しぶりにHPの記事を大量更新。とはいえ8本程度ですが、、、。何事もなかったかのように過去の記事をアップしました。それにしてもブログ記事をwindows live writerにしたらストレスが随分なくなりましたね。 # “今週のTwitter 2010-04-11” の続きを読む

岩瀬文庫「榴弾私説」

IMG_5156.JPG

奥書に記された年号、嘉永6年はペリーが黒船を率いて浦賀に訪れた年。本書はそんな時代に書かれた攘夷のための秘密兵器の解説書です。表題の榴弾とは、著者である国学者の殿岡北海が考案した陶器製の手榴弾のこと。

本企画「岩瀬文庫の世界」は「にーず」にて連載中のコーナーです。「にーず」は愛知県刈谷市にあるケーブルテレビKATCH(キャッチ)にてデジタル106chコミュニティー第1チャンネルで放送中の報道番組。2009年からスタートし、本企画の撮影には当初からCanon EOS 5D Mark IIを使用。Glidetrack Proで美しい移動撮影を可能にしています。是非ご覧下さい。

※「にーず」は西尾市、吉良町、一色町、幡豆町を対象エリアとした報道番組で毎週日曜午前10時初回放送(時期により変更になることがあります)。なお、番組を視聴されるにはKATCHでのご契約が必要となります。

Macでブログ投稿ソフトというと

ectoが有名どころなんだそうです。

http://illuminex.com/ecto/

で、トライアルが付いていますので、ダウンロードして書いてみました。 スクリーンショット(2010-04-09 16.50.49).png

ソフト自体は快適なのですが、区切りの線をどうやっていれるのかが、わかりません。もう、たったこれだけの理由でなんだか「もっと他のソフトはないものだろうか」と考えてしまいました(笑)

Qumanaもダウンロードしてみましたが、実はこれも区切り線がよくわからなくてすぐに閉じてしまいました。

http://www.qumana.com/

htmlで入れるのも面倒ですもんねぇ。どうしましょう。

映画「ハート・ロッカー」

ハート・ロッカー

http://hurtlocker.jp/

第82回アカデミー賞最多6部門受賞という本作は中々見ごたえのある作品でした。同じアカデミー賞候補として挙げられていた「アバター」がおもちゃ的な面白さだとすると、本作は哲学的な面白さを実感します。アバターは未知の映像技術に遊園地的な刺激を求めるにはいいかもしれないけれど、正直お話自体は後に残るものではなかった。しかしこちらの「ハート・ロッカー」は技術的には地味でも後にずっしり残る映画です。ハリウッドをはじめとしたアメリカ映画業界の皆さんがどんな思惑で本作を受賞に導いたのかは知りません。しかし、本作が純粋に「素晴らしい映画」であることは疑いの余地がないでしょう。

“映画「ハート・ロッカー」” の続きを読む