吉良遺産「花岳寺本堂」

IMG_9907

花岳寺本堂は貞享元年(1684)に、吉良義央から姉光珠院の菩提を弔うために寄付され祠堂金を元に建築されたとされています。延享4年(1747)に瓦を葺いたとの記録があり、それ以前は茅葺であった可能性が高いそうです。国の登録有形文化財に指定されています。本堂は吉良義央に関わる建築として、また禅宗の方丈形式を伝える建築として大変貴重な建物です。(一部吉良町HPより) “吉良遺産「花岳寺本堂」” の続きを読む

岩瀬文庫「錦絵帖」

IMG_9302
本書は、錦絵等を多数貼り混ぜてあるスクラップブック、「錦絵帖」です。幕末から明治初頭にかけて発行された諷刺画や開花絵、舶来品の包装紙などがとりどりに貼られています。

本企画「岩瀬文庫の世界」は「にーず」にて連載中のコーナーです。「にーず」は愛知県刈谷市にあるケーブルテレビKATCH(キャッチ)にてデジタル106chコミュニティー第1チャンネルで放送中の報道番組。2009年からスタートし、本企画の撮影には当初からCanon EOS 5D Mark IIを使用。Glidetrack Proで美しい移動撮影を可能にしています。是非ご覧下さい。

※「にーず」は西尾市、吉良町、一色町、幡豆町を対象エリアとした報道番組で毎週日曜午前10時初回放送(時期により変更になることがあります)。なお、番組を視聴されるにはKATCHでのご契約が必要となります。

西尾市で積雪

愛三時報2011年1月18日

西尾市でこの冬一番の積雪があり、早朝の万燈山へ。
そのときに撮影した西尾市の全景写真を新聞紙面で取り上げていただきました。感謝申し上げます。

岩瀬文庫「芸藩土産図」

IMG_9229
八代将軍徳川吉宗によって推進された事業の一つ「諸国産物調べ」により作成された、安芸・備後両国を納めた浅野家家中、広島藩の報告書の控えです。よく読んでみると面白い事実が隠されています。

本企画「岩瀬文庫の世界」は「にーず」にて連載中のコーナーです。「にーず」は愛知県刈谷市にあるケーブルテレビKATCH(キャッチ)にてデジタル106chコミュニティー第1チャンネルで放送中の報道番組。2009年からスタートし、本企画の撮影には当初からCanon EOS 5D Mark IIを使用。Glidetrack Proで美しい移動撮影を可能にしています。是非ご覧下さい。

※「にーず」は西尾市、吉良町、一色町、幡豆町を対象エリアとした報道番組で毎週日曜午前10時初回放送(時期により変更になることがあります)。なお、番組を視聴されるにはKATCHでのご契約が必要となります。

岩瀬文庫「八盃豆腐」

IMG_9225

「八盃豆腐」とは短冊状に切ったお豆腐をだし汁で煮て、大根おろしをかけて食べる簡単な料理の名前です。とはいえこの本はお料理の本ではありません。この本は武士の振る舞いかたを指南する、マニュアル本です。

本企画「岩瀬文庫の世界」は「にーず」にて連載中のコーナーです。「にーず」は愛知県刈谷市にあるケーブルテレビKATCH(キャッチ)にてデジタル106chコミュニティー第1チャンネルで放送中の報道番組。2009年からスタートし、本企画の撮影には当初からCanon EOS 5D Mark IIを使用。Glidetrack Proで美しい移動撮影を可能にしています。是非ご覧下さい。

※「にーず」は西尾市、吉良町、一色町、幡豆町を対象エリアとした報道番組で毎週日曜午前10時初回放送(時期により変更になることがあります)。なお、番組を視聴されるにはKATCHでのご契約が必要となります。

写真展を開催します photo exhibition 2011



photo exhibition 2011, originally uploaded by motionvisualjapan.

西尾市岩瀬文庫市民ギャラリーにて郷土写真展を開催いたします。愛知県西尾市周辺で撮影したお気に入りの写真を20点ほど展示する予定です。お時間の許されるかたは是非。
写真は私がこれまでに撮影した、西尾市や吉良町、一色町の風景、文化財、岩瀬文庫所蔵の古書などの中から厳選して展示いたします。

「柵木志 郷土写真展 2011」
場所:西尾市岩瀬文庫市民ギャラリー
   (西尾市亀沢町480)
日時:1月18日(火)〜30日(日)
※詳しい時間や休館日などは岩瀬文庫にお問合せください。
http://bit.ly/gYiCOL

今年も宜しくお願い申し上げます。

A Happy New Year. I hope that everyone have a great year.
謹賀新年。今年一年が素晴らしい年になりますように。
Un Feliz Año Nuevo. Espero que todos tengan un gran año.

代表取締役
柵木 志