「センスがいい」とはどういうことか?

センスがいい人っていますよね?

その人は何故センスがいいんでしょうか?
センスとは先天的なものなのでしょうか?特別な才能なのでしょうか?
はたまた努力すれば手に入るものなのでしょうか?

自分に関して申し上げれば、決してセンスがいいとは思っていません。なのでセンスのいい人に対して大変あこがれがあります。嫉妬もあるでしょう。できれば「センス」とは先天的な、特別な才能、ではないと思いたい(笑) できれば自分も手に入れたいとどこかで考えているわけです。
そこで、最近話題になっている本があったので読んでみました。

「センスは知識からはじまる」(著・水野学)

センスを良くするためには「知識」が必要と著者の水野さんは申しております。なんとも嬉しいお言葉ではりませんか!本の帯には

センスってこんなにわかりやすくて論理的で、面白いものだったんだ。もう、早く教えてよ、水野さんったら。 —阿川佐和子

とある。おぉ、なるほど!これは面白そうではありませんか!

著者によれば、

  • センスとは数値化できない事象を最適化することである
  • そのためには「普通を知ること」が必要
  • センスとは知識の集積である
  • イノベーションは知識と知識の掛け合わせである
  • センスとは知識に基づく予測である
  • 客観情報の集積がその人のセンスを決定する
  • 「感覚的に、これがいいと思うんです」は禁句

とまぁ、センスを良くするためにはまずは知識を得なさいと仰ってます。確かになるほどそうかもしれません。本の中にもありましたが、例えばある会社のロゴを考えるとき、フォントはどうやって決定していますか?まさか「なんとなくイメージに合いそう」なんて曖昧な気持ちで決めてないですよね?という話がありました。何故かというとフォントにはそれぞれ背景や歴史があってデザインには意味があるからそこまで考えて決めなければならないというのです。

なるほど。知っているのと知らないのではまず説得力が違いますし、その上でデザインしたりできればどんどんセンスアップしそうな気がしますね。よし知識だ!

しかし、ちょっと待ってください。私には少し疑問が残ります。

leonardo-da-vinci

例えば昔の人たちって今と比べて知識量は確実に少ないですよね?では昔の人はセンスがなかったと言えるんでしょうか?そんなことありませんね。ダヴィンチを超えるセンスを持った人がこれまでに何人もいましたか?そんなことありませんよね。ダヴィンチは我々よりも知識を持っていたのでしょうか?そんなことありませんよね。少し水野説が揺らいできました。

鹿児島にある障がい者支援施設しょうぶ学園はどう説明したら良いのでしょうか?

【予告】so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の from MotionVisualJapan on Vimeo.

知的障がいを持つ利用者さんが創造する作品群は圧倒的なセンスでもって我々見るものに語りかけてきます。知的な障がいを持っている人が水野さんのいわれるような知識を得ているとはとても思えません。無目的的に作品作りに没頭し、出来上がったものに対する執着がない彼ら彼女らの作品はめちゃくちゃにセンスがいいのです。

結局「センスがいい」ってどういうことなのでしょうか?

もしかしたら、どちらの方向も正解で、中途半端な立ち位置なのがセンスないってことなのでしょうか?なかには「センス」という言葉のとらえ方が人によって違う、という方もいらっしゃるかもしれませんので念のため辞書で調べておきましょう。

 物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働き。感覚。また、それが具体的に表現されたもの。「文学的な―がある」「―のよくない服装」「バッティング―」
 判断力。思慮。良識。「社会人としての―を問われる」(goo辞書より)
んんんんん。ますますわからなくなっちゃった。私は物事を理解するセンスがないんでしょうか?

クラウドファンディング成功の秘訣は?

 

クラウドファンディングが徐々に浸透し始めています。実際、

クラウドファンディング市場がこれから活性化するプラットフォームの一つであることに異議を唱える人は少なくなったことだろう。crowdsourcing.orgが発表したクラウドファンディングインダストリーレポートによれば、2011年の世界におけるクラウドファンディング市場規模は約1,200億円であるとして、ここから2012年は約2,200億円、2013年は5,100億円、2014年は1兆4000億円になると予測している。(startup.jpn.comより)

これは世界市場の話ですが、国内でも2015年には35億円市場になると予想されていて大変注目を集めています。

出典:visualizing.info
出典:visualizing.info

まぁ、35億円というと国内の植毛市場よりは小さい規模なのでまだまだといえばそうなのかもしれませんが、伸び率が大変高いので数年後には数百億円規模に膨らむかもしれません。

さて、そんな注目市場のクラウドファンディングですがエントリーする際に意外と甘く見られがちなのが動画かもしれません。ところが、

海外のクラウドファンディングサイトの事例では、動画があるプロジェクトとないプロジェクトでは支援額に3倍もの違いがあります。
目標金額を達成することが第1のスタートですが、もしあなたが目標額を越えて200%、300%とたくさんの支援を集めるようなビッグプロジェクトを目指すのであれば、動画は時間をかけて準備しましょう。
動画は作品、プロダクトや過去の映像でも構いません。そこに、あなたが出演してプレゼンすることで、グッと見ている人の心をつかめることでしょう。

動画構成の例は下記です。

  • 自己紹介
  • プロジェクトをやろうと思った背景
  • 具体的になぜ資金が必要なのか?その資金がどう使われるのか?
  • 支援のお願いとリターンの説明
  • Thank you!

動画の再生時間は3分程度が平均的です。
動画であなたの実現したいことや夢ばかりを語っても、友人や身内以外の共感を呼ぶことは非常に難しいででしょう。「支援してほしい」という気持ちと「支援してくれたら◯◯をお返しする」という訴求はとても効果的です。
CAMPFIREでは過去に、動画が約3万回も再生されたプロジェクトがあります。

もし映像の撮影や編集に自信がない人は、動画制作に詳しい友人や知人に手伝ってもらうと良いでしょう。(CAMPFIREより)

いかがでしょうか?ここまで言われては動画はなくてはならない役割を担っていると考えた方が良さそうです。実際に先月クラウドファンディングに挑戦された株式会社CICの内田さんは弊社に動画制作をご依頼いただき見事にプロジェクトはサクセスされましたが、やはり成功の理由に動画は欠かせないと話していらっしゃいました。

内田さんによれば今回の挑戦で苦労された点は、

「告知です。例え、いいプロジェクトでも知ってもらわなければ、ご支援のしようがないので。特にうちの場合、SNSをほとんどやっていなかったので、告知・拡散に苦労しております。」

逆にやって良かった点は、

「やってよかったことは、株式会社モーション・ビジュアル・ジャパンさんのように応援して下さる方がいたことです。ビデオ制作からご支援、またFacebookやブログなど助けていただき、本当にありがとうございました。
うちの商品を買ったことがあって今回応援してくださった方、今回はじめてうちの商品を知って応援してくださった方、いろいろいらっしゃいますが、応援して下さる方の存在を知り、交流することができとてもよかったです。仮にサクセスしなくてもこの経験は良かったと思えました。
なんだか手前味噌になりました。スミマセン。しかし、そうはいってもクラウドファンディングに欠かせない動画はやはりクラウドファンディングに精通したプロが制作したほうが心強いと言えると思うのです。いろいろと動画以外のことも相談しながらプロジェクトを進めることができますので、新しいことに挑戦する不安からいくばくか解放されるはずです。
もちろん、動画を自分や身内に作ってもらうという方法もあります。そんな時はこちらの記事も是非参考にされてみてはいかがでしょうか?

クラウドファンディングを成功に導く動画制作のコツ

MacBook Pro を SSD 換装したらヤバイことになった

以前、「SSD換装したら生まれ変わった MacPro early 2008」という記事を書きました。今もよく検索されているようですので SSD化を検討されている方が多い証拠かと思います。

で、実はMacProだけではなくMacBook ProもSSD化をしておりまして、early 2011モデルを2013年9月にやってみたのですが、ここにきて問題が発生しましたので念のため備忘録を兼ねて記載しておこうと思います。

MacBook ProをSSD化するにあたり購入したのは、

SanDisk SSD UltraPlus 256GB 2.5インチ

macbay
光学ドライブスペース用HDD/SSDマウンタ Macbay2(DVDドライブケース&専用工具セット)

の2点です。元々入っていたHDDはDVDドライブのあったところへ移動(内蔵DVDドライブは外して外付けに変更)しました。ですのでMBPにはSSDとHDDの2つのドライブが入りフュージョンになってます。アプリなどメインはSSDに。データなどはHDDへ保存するように設定をします。

技術的なことはネットで調べて行いました。(MacBook Pro ハードディスク(HDD)交換ガイドまとめ – NAVER まとめ

さて、この生まれ変わったMBPは2014年6月までは絶好調に動いていました。やはりSSDの早さは感動ものです。しかし、突然画面がチラつくようになったのです。ネットで調べてみたところ、該当する記事がアップルコミュニティにありました。

ディスプレイ表示が乱れる。(MacBook Pro early 2011)

こちらの情報によると、この症状はどうやらグラフィックボードに問題があり、ロジックボードを交換せねばならないとのこと。確かに動画を見たりすると突然画面が乱れます。そこで、Genius barに行って調べてもらいましたが、やはりボード交換しないとダメだということでした。

jaggy 004

しかも困ったことに修理に出すにはSSDを外して元のHDDに戻さないといけないとのこと。ま、そりゃそうですよね。あと、ロジックボード交換にかかる費用は約4万円。結構します。店員さんの話に依れば原因はSSDを交換したことにあるのではないか、とのことでした。SSDの速度が速すぎてMacBook Pro early 2011のボードに負担がかかり(元々SSDでの使用を想定していない設計なので)、故障になったのではないかの推測です。なかにはこうしたトラブルが起きずにそのまま使えるマシンもあるそうですが、それもごく稀、換装したらほぼこの症状が出ると思った方がよい、と言われました。ちなみにその店員さんもご多分に漏れず同じことをしてロジックボードを交換した経験があるそうです(笑)

これからSSD化を検討しようと思われている方、このリスクをよく考えた上で実行されたほうがよろしいかと思います。ちなみに修理に出すと1,2週間はかかります。私の場合は、これから修理に出しますが、戻ってきたらもうそのままHDDで我慢しながら使うことにします。

そういえば、MacProもSSD換装してあるのですが、こちらはまだ大丈夫のようです。このままトラブル無くもうしばらく耐えてくれればいいのですが…。