iPhone で動画制作をするコツ

「iPhone で動画を作れますか?」という質問をいただくことがあります。

「もちろんです。あのシン・ゴジラも iPhone で撮影した動画を使用しているくらいですよ」と伝えると「え!?そうなんですか?」そう驚かれる方も少なくありません。スペック的には申し分ないんです。最新の iPhone 7 や iPhone 6 なら1200万画素もあります。Canon Power Shot とほぼ同等(画素数だけなら、ですが)ですから大したもんですね。4K動画も撮影できますので映画でも使用できることもうなづけます。
ちなみに↓のベントレーのプロモーション動画は全て iPhone6/6plus で撮影しているそうです。

そして↓が動画のメイキング映像。確かに iPhone 使ってますけど、その周辺機器が凄すぎです。流石にここまでやるとなるとアマチュアでは難しい領域、ですよね?いや、そんなことないぞ、言われる方はご連絡ください。あなたと仲良くなりたいです。

というわけで、そんな iPhone であればこれで動画制作しても充分に良い作品が作れるだろうということなんですけれど、でもカメラだけあっても良い作品は作れないんじゃない?と言いたくなりましたので、いくつか「これがあると便利」みたいなものをご紹介したいと思います。しかもそれほど高価でないものを探してみましょう。

まず三脚です。

三脚は大切です。映像がどっしりしていることが大切なのです。基本的に撮影は三脚を使いたいですね。手持ちは簡単ですが、揺れますよね?この揺れが気持ち悪いんです。特に大画面で見るとよく分かります。せっかく撮影するんですから三脚を使いましょう。仮に手持ちで撮る場合はそのショットに意味を持たせる場合だと心得ましょう。
で、

これです。
「Manfrotto スマートフォン用三脚アダプター MCLAMP」があれば、もし既に三脚をお持ちであればその三脚にこのアダプターを付けるだけでスマホ用三脚として使用できます。三脚も動画撮影用となると値段もそこそこ高くなってしまいます。その違いはというと、パン(カメラを左右に振る)とかチルト(カメラを上下に振る)の時にとても滑らかに動く、ということなんですね。ですから、そういうショットを撮らなければスチル用で全く問題ありません。
三脚をそもそも持っていないという方には、

 

 

こんなのとか(ってマンフロットばっかり紹介してますが、特に何かいただいているわけではありません)。三脚もピンキリなのでこだわりはじめると大変です。いろいろご自身で調べてみるのも楽しいですよ。

音は忘れがちだがとても大切です

これ、本当です。特に iPhone で撮影の場合マイクのことは忘れがちです(いや、アマチュアの方の多くはマイクのことなどあまり気にされていない様です)。例えばインタビューをしたい場合、話がしっかりと収録されていないと映像が撮れていても使用できません。なので、撮影で音をないがしろにしてはなりません。そこで、

 

こうしたピンマイクを使用するという手があります。値段もそれほど高価ではありませんので手に届きやすいです。

余裕があれば照明を使いましょう

できれば照明を使って人物や商品を撮影したいところです。もし時間や予算に余裕があるようでしたら挑戦してみてください。近頃では LED照明の普及で随分と値段も安くなりました。

 

 

例えば、こちら

値段は2万を超えてしまうので「高っ!」と思うかもしれませんが、なかなか強力なライトです。明るさも調節可能です。電源はバッテリー(別売りですが、SONYのビデオカメラ用バッテリーが使えます)とACも使えます。実はバッテリーが使えるというのが結構有り難いんです。ACだといつもコンセントを確認しないといけませんし、電源ケーブルが鬱陶しいことがままあります。
ライトも2灯あるといいんですが、あまり贅沢を言ってもいけませんのでそこは我慢をしましょう。あとは、照明用の三脚や、バッテリー、充電器、雲台、クッキングシートといったところでしょうか。

 

 

クッキングシートは照明の前にかけるように使うと光を散らすことができるので重宝します。LEDは光のツブツブが大変まぶしいので、光を散らしたほうが綺麗な映像が撮影できます。照明グッズが随分沢山になってしまいましたが、まあ、こちらは後回しでもなんとかなるでしょう。

編集はパソコンで

撮影した動画は、パソコンに取り込んで編集されることをオススメします。やはり iPhone でそのまま編集するというのは不可能ではないけれど、現実的ではありません。編集ソフトはたくさんありますが、Macならあらかじめ入っているソフトで大丈夫そうですね。
動画ファイルはmpeg4形式(.mp4)なのでWindows でも不通に扱えるかと思います。

社内で映像制作するメリットとデメリット

「映像制作をプロに依頼するのはコスト的にちょっと」という企業は多いかもしれません。

しかしながら2014年は大手企業だけでなく、 中小企業・地方企業におけるWeb動画活用が目立った1年となり、今年は、前年比の約2倍に拡大すると予想されています。企業展でも映像を活用したブース設置が大変目立つようになって来ました。これほど動画が注目され活用されるようになった理由として、

  • ITインフラが整備され、通信速度が高速化
  • スマホやタブレットなど、手軽に視聴できるツールが登場
  • SNSやYouTubeなどの普及によって、動画視聴が習慣化・大衆化
  • TVCMのように莫大な費用をかけずに動画制作可能に

などが考えられます。
大まかに言えば、 「動画を使った企業活動がしやすい環境が整った」ということになるでしょう。

そもそも、動画のメリットとは?

いくら良い商品、良いサービスを持っていたとしても、それを所有したり体験したりしたことがないユーザーに価値や魅力を的確に伝えられなければ売上や集客は伸びません。アクションを起こすきっかけとなるのは、「あの商品が欲しい」「あのサービスは自分に必要かもしれない」といった興味・関心・欲求の高まりです。

そうした感情を刺激するのに有効なのが、動画。

動画は文字や写真よりも圧倒的な情報伝達容量を有しており、それゆえによりエモーショナルな訴えかけをすることが可能。顧客への好意を形成し、企業への愛着心を育てる手段としては、文字や写真よりも断然優れているのです。

では社内で誰が作る?

「そんなに良いツールならば早速取り入れよう!」
「○○君はビデオカメラを持っているよね?」
「iPhoneで誰でも撮れるね」
そんな声が聞こえてきそうです。

確かに機材は用意できそうですが、それを使って「会社の看板」を作るのは少々荷が重いですよね?やはり餅は餅屋。そこで、最近ではプロがノウハウを教える機会もあります。

プロに学ぶという選択肢

最近では社会人向け映像制作講座というものもあり、これなら個人負担ではなく会社の費用負担で動画制作を学ぶことも可能です。映像は知っているつもりでも実際にやってみるとなかなか難しいものですから、プロから学ぶことで多くのノウハウを吸収することができるはずです。

~スマホ時代に動画を活用してビジネスを拡げる~ 社会人・初心者向け「動画制作講座」を開講!

https://youtu.be/CfAx8wDTwD8

https://youtu.be/UEVduzHi8t4

https://youtu.be/BNWQxybenBM

https://youtu.be/lgkqIW2mte8

独学で勉強したい人には

講座に参加している時間などないという方など、まずは独学で学びたい方にはこんなオススメ本もあります。




 

もしも無料のテキストはないかとお探しの場合は、『ビデオ制作入門〜企画から公開までの秘策』をご覧下さい。下記リンクよりダウンロードしていただけます。
http://motionvisualjapan.com/downloads/howtocreatevideo.pdf

これはアマチュア向けに映像制作のノウハウを書いたものです。
内容は以下の通り。

  • はじめに
  • チャプター1:プリプロダクション
    • そもそも映像制作とは
    • 制作の流れ
    • 目的と期限
    • 企画書
    • シナリオ(構成)
  • チャプター2:プロダクション
    • 収録機材
    • カメラと三脚
    • カメラの位置と動き
    • レンズ特性
    • 画面サイズ
    • SD,HD,or 4K?
    • 音声
    • ライティング
    • 特機
    • マルチカム収録/撮影
  • チャプター3:ポストプロダクション
    • 編集
    • カラコレ
    • MA(Multi Audio)
    • フィニッシング
  • チャプター4:編集いらずのビデオ撮影法
    • 撮影前の準備
    • どんな物語?
    • 何を撮る?
    • 編集しない!
  • チャプター5:おまけ
    • 最新情報
    • 情報収集
    • オススメ本10選

合計80ページからなるかなりのボリュームです。

『ビデオ制作入門』
http://motionvisualjapan.com/downloads/howtocreatevideo.pdf

そのほか、ご質問ありましたらご連絡ください。お問い合わせはこちらからどうぞ。

お問い合わせ

「センスがいい」とはどういうことか?

センスがいい人っていますよね?

その人は何故センスがいいんでしょうか?
センスとは先天的なものなのでしょうか?特別な才能なのでしょうか?
はたまた努力すれば手に入るものなのでしょうか?

自分に関して申し上げれば、決してセンスがいいとは思っていません。なのでセンスのいい人に対して大変あこがれがあります。嫉妬もあるでしょう。できれば「センス」とは先天的な、特別な才能、ではないと思いたい(笑) できれば自分も手に入れたいとどこかで考えているわけです。
そこで、最近話題になっている本があったので読んでみました。

「センスは知識からはじまる」(著・水野学)

センスを良くするためには「知識」が必要と著者の水野さんは申しております。なんとも嬉しいお言葉ではりませんか!本の帯には

センスってこんなにわかりやすくて論理的で、面白いものだったんだ。もう、早く教えてよ、水野さんったら。 —阿川佐和子

とある。おぉ、なるほど!これは面白そうではありませんか!

著者によれば、

  • センスとは数値化できない事象を最適化することである
  • そのためには「普通を知ること」が必要
  • センスとは知識の集積である
  • イノベーションは知識と知識の掛け合わせである
  • センスとは知識に基づく予測である
  • 客観情報の集積がその人のセンスを決定する
  • 「感覚的に、これがいいと思うんです」は禁句

とまぁ、センスを良くするためにはまずは知識を得なさいと仰ってます。確かになるほどそうかもしれません。本の中にもありましたが、例えばある会社のロゴを考えるとき、フォントはどうやって決定していますか?まさか「なんとなくイメージに合いそう」なんて曖昧な気持ちで決めてないですよね?という話がありました。何故かというとフォントにはそれぞれ背景や歴史があってデザインには意味があるからそこまで考えて決めなければならないというのです。

なるほど。知っているのと知らないのではまず説得力が違いますし、その上でデザインしたりできればどんどんセンスアップしそうな気がしますね。よし知識だ!

しかし、ちょっと待ってください。私には少し疑問が残ります。

leonardo-da-vinci

例えば昔の人たちって今と比べて知識量は確実に少ないですよね?では昔の人はセンスがなかったと言えるんでしょうか?そんなことありませんね。ダヴィンチを超えるセンスを持った人がこれまでに何人もいましたか?そんなことありませんよね。ダヴィンチは我々よりも知識を持っていたのでしょうか?そんなことありませんよね。少し水野説が揺らいできました。

鹿児島にある障がい者支援施設しょうぶ学園はどう説明したら良いのでしょうか?

【予告】so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の from MotionVisualJapan on Vimeo.

知的障がいを持つ利用者さんが創造する作品群は圧倒的なセンスでもって我々見るものに語りかけてきます。知的な障がいを持っている人が水野さんのいわれるような知識を得ているとはとても思えません。無目的的に作品作りに没頭し、出来上がったものに対する執着がない彼ら彼女らの作品はめちゃくちゃにセンスがいいのです。

結局「センスがいい」ってどういうことなのでしょうか?

もしかしたら、どちらの方向も正解で、中途半端な立ち位置なのがセンスないってことなのでしょうか?なかには「センス」という言葉のとらえ方が人によって違う、という方もいらっしゃるかもしれませんので念のため辞書で調べておきましょう。

 物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働き。感覚。また、それが具体的に表現されたもの。「文学的な―がある」「―のよくない服装」「バッティング―」
 判断力。思慮。良識。「社会人としての―を問われる」(goo辞書より)
んんんんん。ますますわからなくなっちゃった。私は物事を理解するセンスがないんでしょうか?

ディレクター目線の『ビデオ制作入門』無料配布!

『ビデオ制作入門〜企画から公開までの秘策』をコツコツと書きました。

私が、です。はい。
無料でお分けしますので、よろしければどうぞ。
内容は以下の通りです。

  • はじめに
  • チャプター1:プリプロダクション
    • そもそも映像制作とは
    • 制作の流れ
    • 目的と期限
    • 企画書
    • シナリオ(構成)
  • チャプター2:プロダクション
    • 収録機材
    • カメラと三脚
    • カメラの位置と動き
    • レンズ特性
    • 画面サイズ
    • SD,HD,or 4K?
    • 音声
    • ライティング
    • 特機
    • マルチカム収録/撮影
  • チャプター3:ポストプロダクション
    • 編集
    • カラコレ
    • MA(Multi Audio)
    • フィニッシング
  • チャプター4:編集いらずのビデオ撮影法
    • 撮影前の準備
    • どんな物語?
    • 何を撮る?
    • 編集しない!
  • チャプター5:おまけ
    • 最新情報
    • 情報収集
    • オススメ本10選

合計80ページからなるかなりのボリュームです。テキストの作成にあたり、西尾市地域文化育成講座実行委員会及び中村幸徳さんに多大なるご協力をいただいたことを付記しておきます。ありがとうございました。

『ビデオ制作入門』
http://motionvisualjapan.com/downloads/howtocreatevideo.pdf

映画館(ミニシアター)の未来について考えてみた

映画という芸術文化は大衆で共有することでより花開く、と信じています。

映画館しかし現在の映画館興行は決して華やかではないし、田舎の映画館は潰れていく一方。

一時シネコンが盛り返したモノのやはりどこかでシネコンではかからない映画を求めています。シネコンで上映される映画はあくまで商業主義的なものであって文化的な色合いが薄いのです。

私自身学生の頃から映画にハマり色々な作品を見てきましたが、心に残る作品とはやはりエンターテイメント的でないものも必要です。ハリウッド大作は必要ないとは申しません。けれど、人生に深みを持たせてくれる映画に出会うためには(つまり人によって感動する作品も違う様に)世界中の様々な作品に出会って欲しいと思うのです。それは家の中で一人で見るというような内向的なものではなくやはり映画館で見て欲しいのです。

では一体どんな映画館(ミニシアター)がこれからの社会には必要となってくるのでしょうか?

どんな映画館があれば人を惹きつけることができるのでしょうか?ワクワクする映画館ってどんな映画館なのでしょうか?

ドゥマゴもちろんどんな映画館でも良いのかというと、そうではありません。個人的には映画館はもっとサロン的であって欲しいと思います。カフェがあってレストランがあって、たまには映画でなく演劇やライブ興行もする、そんな『文化芸術のたまり場』的なスペース。フランスのカフェ「ドゥ・マゴ」のような、とまではいかなくともそれっぽい場所があったらどんなにか素晴らしいでしょう。

それこそが文化の香りのする町というものです。なので、そんな映画館でありつつも現代人がワクワクするような仕掛けがないものか調べてみました。

 

まず、一冊の本をご紹介せねばなりません。

「映画館(ミニシアター)のつくり方」という本です。これは雑誌「映画芸術」に連載されていた「映画館通信」をまとめたもので、実際は映画館の作り方というよりは、全国のミニシアターがどのようにユニークな経営をされているのか、を知るのに大変勉強になる内容となっています。もちろん、映画館を作る上で参考になることも多数あります。例えば、
“映画館(ミニシアター)の未来について考えてみた” の続きを読む

日本発の「世界標準マガジン」|クーリエ・ジャポンが面白い

ただいま絶賛「クーリエ・ジャポン」購読中です。いままで読んだ雑誌の中ではかなり面白いと思います。例えば、自分をもっと高めたいとか、自己啓発ものが好きとか、世界の動きを知りたいとか、最新のニュースからその裏側まで知りたいとか、米国だけではなくて世界中の色々な国の情報を得たいとか、そんな方にオススメできます。

日本発の「世界標準マガジン」|クーリエ・ジャポン|国際ニュースのセレクトショップ|クーリエ・ジャポン.

世界中のマガジンから厳選された記事を紹介し、さらに独自の取材も満載。例えば、最新号『正しい「計画」を立てればきっと人生はうまくいく。』では、『”ポジティブ思考”よりも役に立つ!誰でも幸せになれる「心の改造計画」』という特集があります。
そこではこれまで自己啓発の世界では当たり前になっている考え方、つまり、イメージトレーニングで自分の理想の姿をリアルに想像してみようって話が、実は全く効果がないと教えてくれるのです。ではそうすればいいのでしょうか?それは「行動」を変えれば心も変わるというもの。楽しいから笑顔になるのではなく、笑顔を作れば楽しいと感じてしまうのです。自信を持ちたければ堂々とした姿勢、振る舞いをする。ダイエットしたい場合は?…それ以上知りたければ本を買いましょう(笑)

「ゼロ・グラビティ」はリアルな世界なのか?

‘Gravity’ Behind-the-Scenes Featurette Takes Audiences From Script to Screen – YouTube.

映画「ゼロ・グラビティ」のビハインド・ザ・シーンが公開されています。ややネタバレ感がありますので映画を見てからご覧頂いた方が良いかもしれません。
個人的に気になっていたのが如何に無重力感を出して撮影するか、ということでしたが最近はワイヤーの数が多い!ということと、シーンによって仕掛けを随分と変えているんだなという印象を受けました。
あと、驚くのはグリーンバックがない!ということ。代わりにスクリーンに背景の映像を投射して撮影しています。常に先を行くハリウッドの特撮技術。

下は映画の最新予告。

こちらはスピンオフとして話題になった「アニンガー」。監督の息子さんが作ったそうです。

ところがこれだけ話題の映画を見て興奮しているところへ、偶然こんな動画を発見しました。

これを見てしまうと、なんだかどこまでが本当でどこからが本当でないのか正直わからなくなりますね。もし人類が月へは行っていないのだとしたら、この「ゼロ・グラビティ」かなり怪しい映画に早変わりです。

西三河の肖像



IMG_5244, originally uploaded by motionvisualjapan.

現在取材中の「西三河の肖像」は西尾市の剣道について。
調べれば調べるほどに深みが出てきます。写真は平坂小学校で大切に保管されている日本刀1対。毎年1月に開催される「剣の式」で披露されるもので、西尾藩主であった大給松平家よりいただいた刀だそうです。