映画館(ミニシアター)の未来について考えてみた

映画という芸術文化は大衆で共有することでより花開く、と信じています。

映画館しかし現在の映画館興行は決して華やかではないし、田舎の映画館は潰れていく一方。

一時シネコンが盛り返したモノのやはりどこかでシネコンではかからない映画を求めています。シネコンで上映される映画はあくまで商業主義的なものであって文化的な色合いが薄いのです。

私自身学生の頃から映画にハマり色々な作品を見てきましたが、心に残る作品とはやはりエンターテイメント的でないものも必要です。ハリウッド大作は必要ないとは申しません。けれど、人生に深みを持たせてくれる映画に出会うためには(つまり人によって感動する作品も違う様に)世界中の様々な作品に出会って欲しいと思うのです。それは家の中で一人で見るというような内向的なものではなくやはり映画館で見て欲しいのです。

では一体どんな映画館(ミニシアター)がこれからの社会には必要となってくるのでしょうか?

どんな映画館があれば人を惹きつけることができるのでしょうか?ワクワクする映画館ってどんな映画館なのでしょうか?

ドゥマゴもちろんどんな映画館でも良いのかというと、そうではありません。個人的には映画館はもっとサロン的であって欲しいと思います。カフェがあってレストランがあって、たまには映画でなく演劇やライブ興行もする、そんな『文化芸術のたまり場』的なスペース。フランスのカフェ「ドゥ・マゴ」のような、とまではいかなくともそれっぽい場所があったらどんなにか素晴らしいでしょう。

それこそが文化の香りのする町というものです。なので、そんな映画館でありつつも現代人がワクワクするような仕掛けがないものか調べてみました。

 

まず、一冊の本をご紹介せねばなりません。

「映画館(ミニシアター)のつくり方」という本です。これは雑誌「映画芸術」に連載されていた「映画館通信」をまとめたもので、実際は映画館の作り方というよりは、全国のミニシアターがどのようにユニークな経営をされているのか、を知るのに大変勉強になる内容となっています。もちろん、映画館を作る上で参考になることも多数あります。例えば、
“映画館(ミニシアター)の未来について考えてみた” の続きを読む

第1回西尾市ミュージックビデオ・アワード作品発表!

西尾市の地域文化育成講座にて開催した「第1回西尾ミュージックビデオ・アワード〜ミュージックビデオ制作講座」も無事終了いたしました。

西尾市ミュージックビデオ・アワード

合計3つのチームのから4本の作品が出され、厳正な審査の結果グランプリ作品も決まりました。

課題曲はシャルキィロマの「Silent Oath」というジプシー系インストゥルメンタルといった趣のある素敵な曲。

http://sharkiroma.com/

シャルキィロマさんは普段東京で活動をされているグループですが、リーダーの閔さんがこちらに縁があるということでわざわざ西尾市までお越しいただき演奏の撮影を行いました。プロミュージシャンのオリジナル曲PVを作れるなんてなかなか機会がないと思いますので貴重な体験だったのではないでしょうか。

素晴らしい楽曲に映像を付けるという非常にハードルの高い「初心者」講座ではありましたが、参加された皆さんもかなり力を入れて映像作品を作り上げてくださいました(^_^)

全10回の講座で、ワークショップと講義をしつつ撮影から上映会までかなりのすさまじいスピードで展開しましたが、最後まで20名近くの生徒さんが参加してくださったことは本当に感謝いたします。全くの素人さんからアマチュアビデオのベテランまで幅広い層の方が集まり、ランダムに選定した3つのグループで作品作りをしましたが、どれも個性溢れる映像となり表現することの深さを実感することができたと思います。

では、グランプリ作品を筆頭に生徒さんの力作をご紹介しましょう。

“第1回西尾市ミュージックビデオ・アワード作品発表!” の続きを読む

「岩瀬文庫の世界」市庁舎ロビーで上映開始

aisan20130731
愛三時報(2013年7月31日付)より

西尾市役所の市民課前ロビーに設置されているモニターで「岩瀬文庫の世界」が放映されています。

「岩瀬文庫の世界」は西尾市にある古書の博物館「岩瀬文庫」の貴重なコレクションを3分間のハイビジョン動画で学芸員さんの解説と共に楽しんでいただく「映像版岩瀬文庫」です。もともと2008年からケーブルテレビ用の企画として制作していたものを放送打ち切りを機に当社独自での制作継続に切り替え、2010年より当社が社会貢献事業の一環として無償で映像を制作、ホームページ「岩瀬文庫の世界」運営を始めました。現在公開されている動画は83本。日本語と英語(ホームページはテキストのみ)の二カ国語でお楽しみいただけます。

さらに「岩瀬文庫の世界 DVD」シリーズも第2弾までがリリースされており、市内の小中学校や図書館に寄贈されていますが、その甲斐あってかこの度市庁舎ロビーでもご覧いただけることになりました。ロビーで放映されているのは岩瀬文庫コレクションの中でも特に有名な3編「本草図説」「後奈良天皇宸翰般若心経」「関東下向道中記」。

市庁舎ロビーは市民が住民票の発行などに訪れた際利用するスペースで市民の目に触れる機会の多い場所です。一人でも多くの方に岩瀬文庫の魅力に触れていただければと思います。

さらに嬉しいことに今後岩瀬文庫の談話室や市内の図書館ロビーなどでも「岩瀬文庫の世界」を放映していただけそうだとのお話しをいただきました。これからも体力の続く限り岩瀬文庫の魅力を発信し続けていきたいと思います。

※追記
8月13日(火)より岩瀬文庫の談話室で「岩瀬文庫の世界」放映が始まりました。来月には放映用のコンテンツも大幅に増やす予定です。ぜひこちらも機会がありましたらご覧ください。

コストコ中部空港倉庫店に行ってきました

costco

コストコ中部空港倉庫店が8月30日にオープン予定です。

現在はオープンに先駆けて会員を募集中ということでさっそく登録に行ってきました。オープン前登録なら1000円割引になります。それに法人登録ならば一般会員よりも割安になりますのでお得感が得られます。

調べたところでは、一般会員よりも法人会員のほうが優遇されている感じです。年会費も安く、一般会員よりも早い時間に入店が可能となるそうです。自営業や会社経営をされている方なら法人会員の方がお得かと思います。

“コストコ中部空港倉庫店に行ってきました” の続きを読む