しょうぶ学園ドキュメンタリー映画『so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の』上映会


謎に包まれたタイトルがご好評いただいている(笑)ドキュメンタリー映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」が、3月16日(日)ギャルリ百草さんとの共催で『ギャルリ百草 x I have a dream プレゼンツ 映画上映会「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」&対談「福森伸 x 大橋歩 x 安藤雅信」』として開催され、会場は大変な熱気に包まれました。 “しょうぶ学園ドキュメンタリー映画『so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の』上映会” の続きを読む

映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」上映決定

去年から撮影してきたドキュメンタリー映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」が完成し、上映が決定いたしました。

「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」公式ホームページ

so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の

ギャルリ百草 x I have a dream プレゼンツ
映画上映会「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」&対談「福森伸 x 大橋歩 x 安藤雅信」

日時:平成26年3月16日(日)
場所:東栄公民館(岐阜県多治見市)
入場料:¥1,500-
開場:13:00
開演:14:00 ※終了予定17:00
□百草にて「しょうぶ学園展」3月8日(土)~23日(日)11:00~18:00 会期中無休
チケット予約・お問合せ ○shop22/052-932-2092 ○ぎゃるりももぐさ/http://www.momogusa.jp/

【予告】so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の from MotionVisualJapan on Vimeo.

ー それは無意識の中にある、夢想であり、純粋な創造物の物語。
so:but=[and] そのように。そんな具合に。:しかし。だけれども。
創造した事をカタチにしていく、という行為は
想像し、予想して、めぐらし、意図する、が伴う。
過剰に足して、過剰に引く。
[および。そして] 夢想だったカタチは確かなカタチとして現れる。
そして、相変わらずの
1.2.3.4

「so : but (and) = 1.2.3.4」は、しょうぶ学園の創作活動のひとつである音パフォーマンス集団「otto & orabu」をフィルターとして、純粋さに対する意識の変容について描いたドキュメンタリー映画である。

A documentary film about Otto&Orabu of Shobu gakuen in Kagoshima, Japan. Showing their struggle about doing music performance without conscience like mentally handicapped person.

 

スリットスキャンについて調べてみた

スリットスキャンとは、

The slit-scan photography technique is a photographic and cinematographic process where a moveable slide, into which a slit has been cut, is inserted between the camera and the subject to be photographed.

More generally, “slit-scan photography” refers to cameras that use a slit, which is particularly used in scanning cameras inpanoramic photography. This has numerous applications, and is covered at strip photography. This article discusses the manual artistic technique.

wikipedia

ということらしいです。
要は、コピー機と同じような感じでしょうか。細長いスリットを上下とか左右にズラしながらバルブでシャッターを開放にして撮影する技法なのです。
コピーをとるときにスキャナーと一緒に、例えば、手を移動させると「手」がびよーんって伸びて印刷されるじゃないですか?あのスキャナーがスリットと思えば、それをズラして撮影するのがスリットスキャンということでどうでしょうか?

映画の世界ではかのダグラス・トランブル先生が「2001年宇宙の旅」でお披露目したのは有名な話です。
詳しい撮影方法はこちらで紹介されていました(英語版です)。

そしてこちらはトランブル先生の講義。2001年のことを中心にお話しされています。

トランブル先生がお披露目してからかれこれ随分と月日が経ち、最近になってまたスリットスキャンという言葉が登場してきました。そのきっかけが次の動画です。

これはハイスピードカメラで撮影された映像が基本になっています。これのどこらへんがスリットスキャンなのでしょうか?
ちょっと調べてみましたら、この撮影に使用されているのは “スリットスキャンについて調べてみた” の続きを読む

しょうぶ学園のこと

Shobu style03
しょうぶ学園にて撮影をしてきました。
しょうぶ学園は鹿児島市の近郊、吉野大地に位置する知的障害のある人たちの支援施設です。「工房しょうぶ」や「nui プロジェクト」「otto&orabu」などで障害を持つ人たちの工芸・現代アート芸術・音楽を中心に創造的な活動を行っています。
今回はotto&orabu名古屋公演後の皆さんの様子を撮影したくて伺いました。しょうぶ学園ではこの時期ちょうど「真夏のTシャツとうちわ展」が開催されていて1点モノのアート作品を購入することも出来ます。
shobu0731_2 021

しょうぶ学園は撮影に伺う度に新しい発見があり、学びの多い場所です。
今年中にはドキュメンタリー映画として完成させるべく制作活動中で、この映画を通して音楽集団otto&orabuが何を目指しているのか、私たちが何故彼ら彼女らに興味を持つのか、健常者とは何なのか、障害者とは誰のことなのかをじっくりと考える機会にしたいと考えています。政治、経済、地域、人間、地震、原発、常識、モラル、倫理、日常、日本、世界、地球、家族、自分…色々なことをあらためて考えさせてくれるきっかけになればいいなと思います。