下請けさん

独立してからというものいろいろなところでお仕事をさせていただくので
会社員時代よりも圧倒的に仕事の幅は広がっている。
ところが、
場合によっては(というかほとんど)下請けに回るのでそうなると
クライアントさんや取材先で話をしていても悲しくなることがある。
「○○さんの下請けね」
といわれることだ。
せっかくテレビやビデオの仕事をしていても、そんな扱いを受けると
なんだか悲しい。
会社自体もまだ小さいので時々「フリーの人」と言われてしまう。
これもなんだか悲しい。

“下請けさん” の続きを読む

原爆とチェ・ゲバラ

先日、チェのドキュメンタリー番組をテレビでやっていたという話を聞いた。
しかしその話を聞いたときには時すでに遅し、で放送終了後だったが、
なんとYouTubeでウロウロしていたらアップされていた。
「炎の記憶 〜原爆の残り火をキューバへ〜」という番組だ。

テレ朝系列「テレメンタリー2007」で9月10日(基準日)に放送された。
YouTubeでは全7回に分けてアップされている。

“原爆とチェ・ゲバラ” の続きを読む

有機ELテレビ


でました。
ソニーの有機ELテレビですぞ。世界初だそうな。そりゃそうだ。
意外に早かったなぁ、というのが実感。
薄いというのも話題だが、なんといっても重要なのは「残像処理がどうか!?」ではないだろうか。
これまでのハイビジョンディスプレーに一番足りないものだ。
依然としてプラズマや液晶を購入していない人間としては、俄然有機ELに期待をしたいところ。

“有機ELテレビ” の続きを読む

続佐久島

あぁ 今回も佐久島。
午前の仕事を終えたらあとは何もしなくてよい。
明日に備えて早めに宿へ入った。
写真は『すずや』のえびのかきあげ。
めちゃ美味い(^〜^)。

でたっ!SonyのXDCAM-EX


ようやく出ましたソニーの本命HDポータブルカメラ(という表現は正しい?!)XDCAM-EXだ。ソニーさんは21日にサイトに載せていた。
なかなかスゴソウな感じがするカメラだ。
というのも、まずレンズに好感が持てる。
私は演出畑の人間だが、レンズは気にするほうだ。
そこにきて1/2レンズでフジノンときた。ちょっと驚きではないだろうか?
それからフォーカスリングに工夫がみられるところもいい。
リングの前後アクションだけでマニュアル/オートの切り替えができるのはちょっと楽しそうだ。
ただし、問題がないわけではないようだ。

“でたっ!SonyのXDCAM-EX” の続きを読む

EDIUS4.5使用感

つい先日EDIUS4.5にバージョンアップした。
画面の大幅な変更には目を見張るものがあるが、そのほかでも変更点が山のようにあり何故無料でここまでしてくれるの…!?と少々驚いてしまう。
ただし、一番楽しみにしていたアフターエフェクトに移行可能というファイル形式があったはずなのだが、うまくいかない。新しいバージョンしか駄目なのだろうか?
それにしてもソニーや松下などの新しい形式のファイルにも対応していて好感が持てる。
今後予定されているソニーの新しいXDCAMカメラにも素早い対応を是非お願いしたいところだ。

PRビデオ


仕事で営業に出向くと毎回ネックになるのがその場で映像をお見せできないことだ。
そこで営業用の映像を制作しようと前々から準備、撮影、編集とコツコツやっていたのがようやく完成となった。ほんらいならDVDなどで営業先で再生しお見せするわけだが、その前段階でウェブでもあるていど雰囲気をつかんでいただきたいと思ってアップした。
これは画質もあまりよくはないのでそのままのクオリティーと勘違いをしていただきたいくはないが、イメージは伝わるのではないだろうか。
テレビのグルメ番組でも活躍している腕利きカメラマンが責任を持って撮影、演出ももちろんピカイチだ。
大きなプロダクションでは人数も多いため、人によっては当たり外れがどうしてもある。しかし弊社のように常に厳選したメンバーで組んでいるとそうした「ハズレ」はない。映像制作はクリエイティブな世界だからやはり誰が担当するのかがカギとなるわけだ。

新しくなったEDIUS4.5はどうか

edius45
EDIUSのバージョンアップが発表されたのでさっそくインストールしてみた。
まず、
GUIデザインが一新されている。これだけでもずいぶんなリニューアルという気がしてしまうが、もちろんそれだけではない。
対応フォーマットをかなり追加し、AVCHDやAVC-Intraなどの最新フォーマットや、
Grass Valleyのデジタルメディアカムコーダ「Infinity」で採用されているJPEG2000などなど。
HDV フォーマットもソニーやビクターの最新のカムコーダーのフォーマットに対応。パナソニックのP2フォーマットも対応した。
個人的にはメニュー付DVDの作成ができるようになったのがウレシイ。
それにしてもかなりのバージョンアップぶりだが、これがなんと無料。
びっくり仰天だ。
http://www.canopus.co.jp/catalog/edius_pro/edius_pro45_features.htm
詳細は↑で見ることができる。
自分自身がプレミアからEDIUSに乗り換えたクチなのでEDIUSにはもっとサービス精神旺盛にがんばってもらいたい。