「センスがいい」とはどういうことか?

センスがいい人っていますよね?

その人は何故センスがいいんでしょうか?
センスとは先天的なものなのでしょうか?特別な才能なのでしょうか?
はたまた努力すれば手に入るものなのでしょうか?

自分に関して申し上げれば、決してセンスがいいとは思っていません。なのでセンスのいい人に対して大変あこがれがあります。嫉妬もあるでしょう。できれば「センス」とは先天的な、特別な才能、ではないと思いたい(笑) できれば自分も手に入れたいとどこかで考えているわけです。
そこで、最近話題になっている本があったので読んでみました。

「センスは知識からはじまる」(著・水野学)

センスを良くするためには「知識」が必要と著者の水野さんは申しております。なんとも嬉しいお言葉ではりませんか!本の帯には

センスってこんなにわかりやすくて論理的で、面白いものだったんだ。もう、早く教えてよ、水野さんったら。 —阿川佐和子

とある。おぉ、なるほど!これは面白そうではありませんか!

著者によれば、

  • センスとは数値化できない事象を最適化することである
  • そのためには「普通を知ること」が必要
  • センスとは知識の集積である
  • イノベーションは知識と知識の掛け合わせである
  • センスとは知識に基づく予測である
  • 客観情報の集積がその人のセンスを決定する
  • 「感覚的に、これがいいと思うんです」は禁句

とまぁ、センスを良くするためにはまずは知識を得なさいと仰ってます。確かになるほどそうかもしれません。本の中にもありましたが、例えばある会社のロゴを考えるとき、フォントはどうやって決定していますか?まさか「なんとなくイメージに合いそう」なんて曖昧な気持ちで決めてないですよね?という話がありました。何故かというとフォントにはそれぞれ背景や歴史があってデザインには意味があるからそこまで考えて決めなければならないというのです。

なるほど。知っているのと知らないのではまず説得力が違いますし、その上でデザインしたりできればどんどんセンスアップしそうな気がしますね。よし知識だ!

しかし、ちょっと待ってください。私には少し疑問が残ります。

leonardo-da-vinci

例えば昔の人たちって今と比べて知識量は確実に少ないですよね?では昔の人はセンスがなかったと言えるんでしょうか?そんなことありませんね。ダヴィンチを超えるセンスを持った人がこれまでに何人もいましたか?そんなことありませんよね。ダヴィンチは我々よりも知識を持っていたのでしょうか?そんなことありませんよね。少し水野説が揺らいできました。

鹿児島にある障がい者支援施設しょうぶ学園はどう説明したら良いのでしょうか?

【予告】so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の from MotionVisualJapan on Vimeo.

知的障がいを持つ利用者さんが創造する作品群は圧倒的なセンスでもって我々見るものに語りかけてきます。知的な障がいを持っている人が水野さんのいわれるような知識を得ているとはとても思えません。無目的的に作品作りに没頭し、出来上がったものに対する執着がない彼ら彼女らの作品はめちゃくちゃにセンスがいいのです。

結局「センスがいい」ってどういうことなのでしょうか?

もしかしたら、どちらの方向も正解で、中途半端な立ち位置なのがセンスないってことなのでしょうか?なかには「センス」という言葉のとらえ方が人によって違う、という方もいらっしゃるかもしれませんので念のため辞書で調べておきましょう。

 物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働き。感覚。また、それが具体的に表現されたもの。「文学的な―がある」「―のよくない服装」「バッティング―」
 判断力。思慮。良識。「社会人としての―を問われる」(goo辞書より)
んんんんん。ますますわからなくなっちゃった。私は物事を理解するセンスがないんでしょうか?

ディレクター目線の『ビデオ制作入門』無料配布!

『ビデオ制作入門〜企画から公開までの秘策』をコツコツと書きました。

私が、です。はい。
無料でお分けしますので、よろしければどうぞ。
内容は以下の通りです。

  • はじめに
  • チャプター1:プリプロダクション
    • そもそも映像制作とは
    • 制作の流れ
    • 目的と期限
    • 企画書
    • シナリオ(構成)
  • チャプター2:プロダクション
    • 収録機材
    • カメラと三脚
    • カメラの位置と動き
    • レンズ特性
    • 画面サイズ
    • SD,HD,or 4K?
    • 音声
    • ライティング
    • 特機
    • マルチカム収録/撮影
  • チャプター3:ポストプロダクション
    • 編集
    • カラコレ
    • MA(Multi Audio)
    • フィニッシング
  • チャプター4:編集いらずのビデオ撮影法
    • 撮影前の準備
    • どんな物語?
    • 何を撮る?
    • 編集しない!
  • チャプター5:おまけ
    • 最新情報
    • 情報収集
    • オススメ本10選

合計80ページからなるかなりのボリュームです。テキストの作成にあたり、西尾市地域文化育成講座実行委員会及び中村幸徳さんに多大なるご協力をいただいたことを付記しておきます。ありがとうございました。

『ビデオ制作入門』
http://motionvisualjapan.com/downloads/howtocreatevideo.pdf

あなたの人生を変えるかもしれない本10選!

これまでに40年以上生きてきて、私の人生に深い影響を与えた本があります。皆さんにもおありだとは思いますが、まぁ軽い気持ちでお付き合いください。特に10冊(タイトル)に厳選して記しておきたいと思います。ただし、映画関連の本は以前ご紹介していますので避けておきます。ご了承ください。

1.『ここまで来た「あの世」の科学―魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する』(天外司朗)


この本は

「人類最大の謎に、「AIBO」の開発責任者が挑む
<「神」の正体、そして生命の謎を明かす衝撃の書!>」

と説明にあるように、いかにも怪しい感じの本です。著者はて天外司朗さん。SONYでAIBOの開発責任をされていたバリバリの理系の方です。理系の方がスピリチュアル系にハマることはままありますので読む際には若干注意が必要ですが、この本は私にとってはかなり衝撃的な内容でした。

簡単に申せば、科学的に「あの世」のことを分析してみたらこんなことかしら?という内容。そもそも科学と宗教は相容れない犬猿の仲であるのですが、その歴史を紐解くことから始まって最終的には科学的に突き詰めていくと宗教的な世界観にたどり着いてしまうという不思議。そんな内容に触れることができます。

天外さんは現在瞑想に関すること、スピリチュアル的なこと、経営に関すること、終末医療に関することなど様々な活動をされてますが、そもそもの出発点はこのあたりなのかなぁと思ったりしました。

究極の小さい世界を探していたら究極に大きな宇宙の中にいた。
みたいなことがあるのかもしれない!と思えます(笑)

曰く

「宇宙の基本構造は、壮大な無意識のレベルのネットワークであり、
生命を得て生まれてくる個体は、その大海の表面に発生した
小さな泡のようなものでしょう・・・・・宇宙は全体としてひとつの生命体です・・
・・・その基本は、無条件の愛であり、また仏性であり、宗教が神や仏と呼ぶ概念と
一致します。」

2.『モモ』(ミヒャエル・エンデ)


この世は常に時間との闘い、タイム・イズ・マネーです。ホリエモンは著作『ゼロ』の中でタイム・イズ・ライフだ!と言っていますが、個人的にはどちらでも同じことのような気がしています。

エンデはこの子ども向けの童話をどんな気持ちで書いたのでしょうか?これは大人になってから読んだときの衝撃は計り知れないものがあります。特に時間泥棒の存在は考えさせられました。

時間を貯蓄することが美徳である世界でせっせと働いている人たちとはつまり我々現代社会の大人たちのことであり、時間の貯蓄とはなんのことはない時間の節約のこと。働くためにその他の生活時間や家族との時間をいかに節約するかを考えているのですが、結局は一番大切なものを犠牲にして働くことが目的になってしまっているわけです。ところが、せっせと貯めた時間貯金も実は時間泥棒たちが盗んでいるという…。

私たちはいったい何のために生きているだろうか?と真剣に考えるきっかけを与えてくれる名著です。

3.『ものぐさ精神分析』(岸田秀)


岸田秀のことを知ったのは伊丹十三のエッセイを読みふけっていた頃のことです。この人はなかなか面白いことを言う人だ、と思い本書を手に取りました。岸田さんは「唯幻論」を唱える心理学者ですが学会では随分と異端児扱いをされているようです。

そんな彼が書き記す中で一番刺さったのは自己嫌悪の効用について太宰治の『人間失格』を引き合いにだしているところ。結局自己嫌悪なんて自分に対する免罪符に過ぎない。そして免罪符を与えてしまえばその自己嫌悪したことなどすっかり忘れてしまったかのようになり、また同じことを繰り返すのだ!だから自己嫌悪する人間は一見、成長過程の途上でジレンマを抱えている心優しき人間のように映るかもしれないが実は全くそんなことなどないのだ、と主張します。

他にも、国という単位は人間個人の個という単位と同じであってアメリカなどという国はまったくもって精神分裂病である、といいます。なるほど、国とて結局はたくさんの人が考えることをひとつの方向にまとめて進まねばならず、それはつまりアメリカならアメリカという個と同じことなのだと。

思えば、国なんてどこもある意味精神分裂病なのかもしれません。独裁国家ならば独裁者が精神分裂していなければいいのでしょうけど。

4.『売国者たちの末路』(副島隆彦・植草一秀)


“あなたの人生を変えるかもしれない本10選!” の続きを読む

映像ディレクターなら是非読んでおきたい本10選!

film

映像ディレクターなら是非読んでおきたい本をご紹介します。
良書はたくさんありますが、まずオススメしたい本を掲載しておこうと思います。

1.「定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー」


フランス・ヌーベルバーグ監督のひとりでもともと映画評論家であるフランソワ・トリュフォーが、巨匠アルフレッド・ヒッチコックにあれこれインタビューしまくった一冊。

トリュフォーがかなりのヒッチコック・ファンであることが窺えることのほほえましさも面白いですが、何よりこれだけヒッチコック映画についてヒッチコック自身が語っている本はないのではないだろうか、と思います。

名画がどのように作られたのかその撮影技術、俳優との関わり、観客との駆け引き、その全ての考え方は驚きに値します。

2.「考具 ―考えるための道具、持っていますか?」


ディレクターにとってアイデアをひねり出すことは大変に重要です。

自らリサーチして企画書作成、台本、映像の構成、構図、演出、音楽、照明、タイトルデザイン…1本の番組を作るためにそれはそれはたくさんの要素が必要とされ、その全てに対して方向性が指示できるようでなければ一流とは言えないでしょう。人とのコミュニケーション術も大切ですが、その前に知識や経験も人より多くあった方が良いです。

そのうえで、本書。

頭の中にある様々なアイデアをうまく表現するためにはコツが必要です。そのヒントを本書は教えてくれます。アイデアをまとめるためのコツをたくさん教えてくれますので番組の企画を考える時などは大いに役に立ちます。

3.「Balance in Design – 美しくみせるデザインの原則」


ディレクターたるもの、デザインセンスも必要不可欠です。

本書は黄金比について書かれたものですが、読むことで美しさとは何かがわかり、番組演出に反映させることができるでしょう。撮影の際の構図だけでなく、テロップのデザイン、タイトル、フリップ、CG…色んな場面でデザインセンスが要求されるのがディレクターです。

「何故かダサイんですけど、なんでだろう?」と思ったとき、きっと本書にその理由が隠されているはずです。

“映像ディレクターなら是非読んでおきたい本10選!” の続きを読む

日本発の「世界標準マガジン」|クーリエ・ジャポンが面白い

ただいま絶賛「クーリエ・ジャポン」購読中です。いままで読んだ雑誌の中ではかなり面白いと思います。例えば、自分をもっと高めたいとか、自己啓発ものが好きとか、世界の動きを知りたいとか、最新のニュースからその裏側まで知りたいとか、米国だけではなくて世界中の色々な国の情報を得たいとか、そんな方にオススメできます。

日本発の「世界標準マガジン」|クーリエ・ジャポン|国際ニュースのセレクトショップ|クーリエ・ジャポン.

世界中のマガジンから厳選された記事を紹介し、さらに独自の取材も満載。例えば、最新号『正しい「計画」を立てればきっと人生はうまくいく。』では、『”ポジティブ思考”よりも役に立つ!誰でも幸せになれる「心の改造計画」』という特集があります。
そこではこれまで自己啓発の世界では当たり前になっている考え方、つまり、イメージトレーニングで自分の理想の姿をリアルに想像してみようって話が、実は全く効果がないと教えてくれるのです。ではそうすればいいのでしょうか?それは「行動」を変えれば心も変わるというもの。楽しいから笑顔になるのではなく、笑顔を作れば楽しいと感じてしまうのです。自信を持ちたければ堂々とした姿勢、振る舞いをする。ダイエットしたい場合は?…それ以上知りたければ本を買いましょう(笑)

TVディレクターの演出術ー物事の魅力を引き出す方法

ドキュメンタリープロモーションビデオ

「TVディレクターの演出術ー物事の魅力を引き出す方法」(高橋弘樹・著)を拝読しました。

この本は「TVチャンピオン」「空から日本を見てみよう」「ジョージ・ポットマンの平成史」などテレビ東京で限られた予算の中で面白い番組を作ってきた著者のノウハウを詰め込んだものだ。読んでみてかなり参考になった部分もあるのでブログでご紹介しておこうと思います。ざっと書き出しますと、

  • 番組作りはリサーチが重要
  • リサーチはネット検索の後は足でかせぐしかない
  • ネット検索には言葉の「分解」と「言い換え」
  • 日経テレコン、CiNii Articles、国会図書館検索サイトは使える
  • 古本から新しい切り口が見える
  • 台本通りにならないために台本を書かねばならない
  • 飽きさせない3要素は「違和感」「調査感」「発見感」
  • 撮影が終わった後が一番重要(緊張が解けた瞬間に神が降りてくる)
  • 飽きさせない編集の3要素「ヨリヒキのメリハリ」「テンポをあえて崩す」「『間』や『素』を有効利用」 “TVディレクターの演出術ー物事の魅力を引き出す方法” の続きを読む

書籍「江戸・キューバに学ぶ“真”の持続型社会」(B&Tブックス/日刊工業新聞社)


 最近は本の目利き能力が向上するようになったのか、良書を選ぶ確立が高くなってきました。で、今回の本「江戸・キューバに学ぶ“真”の持続型社会」も良書といえます。タイトルだけ読んでも江戸とキューバになんの関係があるのやらと思ってしまいますが、実はとっても社会の仕組みが似ているというのです。しかもその似ているところは今後心配されている環境や資源の問題を解決してくれるという。夢のようなお話。 “書籍「江戸・キューバに学ぶ“真”の持続型社会」(B&Tブックス/日刊工業新聞社)” の続きを読む

書籍「ラテンに学ぶ幸せな生き方」(講談社+α新書)

毎日のように更新してしますが、今回は「ラテンに学ぶ幸せな生き方」(八木啓代著)です。そもそもキューバ好きを公言してはばからない私ですので、この本を購入する理由は特に語る必要はないぐらいですが、それにしても「ラテンに学ぶ」というところがいいじゃないですか。というわけで読んでみました。

アリとキリギリスの話が出てきます。アリとは勤勉な働き者。キリギリスとはラテンな人たち。アリとは会社員。キリギリスとは芸術家、、、。でもってラテンな国ではこのお話の結末がまったく逆だと言うではないですか。嘘のような本当の話です。 “書籍「ラテンに学ぶ幸せな生き方」(講談社+α新書)” の続きを読む

書籍「究極の田んぼ」(日本経済新聞出版社)

いつもはアマゾンで本を購入することが多いのですが、この本は本屋さんで出会った本です。本屋さんでの出会いは本当に不思議な出会いがあるのですが、こちらもそんな一冊でした。

別に私は農家でもないし、稲を育てた経験もありません。でも近頃は健康に敏感になり始めています。この「健康」が実のところとてもやっかいで、健康のために食べ物のことを少しずつ考えるようになると、次第に「添加物」て何だろう、とか、「無添加」という印だけで信用して食べていれば安心なのか、とか、その食べ物の素材はどうなんだ、とか、例えば野菜にしても種、苗、土壌、水、肥料、空気、消毒など関わりのあることを気にし始めるわけです。まったくもって切りがないのです。しかもその表記そのものがそもそも信用できるのだろうか、とか考えてしまうと、生産者の方と直接話をしてその人を信用して買う、というようなことをしないとダメなような気がしてきます。 “書籍「究極の田んぼ」(日本経済新聞出版社)” の続きを読む

書籍「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」(日経BP)

買ってから本を開くまでに随分と時間がかかるようになりました。
以前は得意のフォトリーディングを使って40分くらいで本をさっさと1冊読み、マインドマップにまとめたものです。最近はフォトリーディングもすっかりご無沙汰になってしまいました。本を開くと「ちゃんと読みたい」症候群にかられ、どうしてもじっくりと読んでしまうのです。
そんな中、久しぶりにフォトリーディングにぴったりな本を見つけました。それが「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」です。今や世界一のプレゼン男、スティーブ・ジョブズのプレゼンが何故そんなにも人を魅了して止まないのか、そして何故我々のプレゼンはそんなにつまらないものなのか?最高のプレゼンはどうすればできるようになるのか?そもそもそれは私たちにもできることなのか?そんな疑問に答えてくれる本です。 “書籍「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」(日経BP)” の続きを読む