THETA S で色々撮影してわかったこと

RICOH THETA S を購入しました。
ts_1

THETA S は360°全てを静止画と動画に記録する全く新しいカメラです。WEBとの親和性が高く、テレビでは再現できないカメラですので、我々映像業界の人間にとっては敷居の高い機材に見えますが、一方でその可能性はかなり高そうです。

例えば、企業向けの映像で工場見学や社内ツアーにはこうした360°の映像が極めて有効かと思います。

尚古荘にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

例えば、バーチャルな体験をしてもらうことで企業の雰囲気を掴んでもらうことができればかなりメリットがあると感じます。工場内の雰囲気は「行ってみないとわからない」ことが数多くありますが、それはすなわち「空気感」というものではないでしょうか?それを再現するのがこのカメラです。

尚古荘(西尾市)にて。紅葉が美しい時期ですね。 – Spherical Image – RICOH THETA

 面白いのは360°の映像を撮影するだけではなく、最新のスマホと連動することでバーチャルな空間を作り出すことができるということ。スマホと組み合わせることによって、360°映像があたかも自分が見ているかのような疑似体験を得ることが可能になるのです。 これは体験してみないと分かりづらいかもしれませんが、かなりの割合で驚く人が多いと思います。体験者の一人は、 「愛知万博でこれあったら、大行列間違いなしだったよ!絶対!」 と言っておりました(笑)

西尾市幡豆町の弘法山山頂からの眺め。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山麓にあるイチョウの木の下で。 – Spherical Image – RICOH THETA

今後このTHETAを使った新しい広報宣伝活動がきっと注目されるのではないかと思っています。ただ、これはテレビ業界の人たちにとっては「後回し」的なツールです。なにせ、テレビでは活用しずらい機材だからです。
ですから、テレビ業界とは関係のない映像コンテンツを制作する人たちから盛り上げていく機材となります。もしかしたら映像メディアをテレビ業界が牽引する時代に終わりを告げるのかもしれません。

OSMOの登場にも随分と驚きましたが、どちらがゲームチェンジャーになりうるか考えた場合、THETAの方が圧倒的に可能性が高いと思います。RICOHはスゴイです。

ただし、撮影にはコツが必要です。とりあえず、カメラ意外にも一脚と三脚はあったほうが良いでしょう。用途によっては吸盤付きのカメラマウントがあると良いです。

YouTubeはSEO対策にバッチリという話

YouTubeがSEO対策に良い結果をもたらしている、との噂を聞きました。

そういえば、私は Vimeo を利用することが多いのですが、色んな方に何故 YouTube にしないのか?と聞かれた経験があります。その時は「 YouTube だと広告が鬱陶しいからサイトに動画を貼るなら Vimeo のほうが良いのではないか?映像の美しさも Vimeo のほうが優れているし」と答えていました。でも YouTube って実は使い方次第で Google 検索の上位に上がってくるし、動画広告サービスにも連動できるし、ビジネス活用の視点で考えてみると有効な点が多いようです。

そこで、本当に YouTube はSEO的に良いのかどうか調べてみました。

“YouTubeはSEO対策にバッチリという話” の続きを読む

TVディレクターの演出術ー物事の魅力を引き出す方法

ドキュメンタリープロモーションビデオ

「TVディレクターの演出術ー物事の魅力を引き出す方法」(高橋弘樹・著)を拝読しました。

この本は「TVチャンピオン」「空から日本を見てみよう」「ジョージ・ポットマンの平成史」などテレビ東京で限られた予算の中で面白い番組を作ってきた著者のノウハウを詰め込んだものだ。読んでみてかなり参考になった部分もあるのでブログでご紹介しておこうと思います。ざっと書き出しますと、

  • 番組作りはリサーチが重要
  • リサーチはネット検索の後は足でかせぐしかない
  • ネット検索には言葉の「分解」と「言い換え」
  • 日経テレコン、CiNii Articles、国会図書館検索サイトは使える
  • 古本から新しい切り口が見える
  • 台本通りにならないために台本を書かねばならない
  • 飽きさせない3要素は「違和感」「調査感」「発見感」
  • 撮影が終わった後が一番重要(緊張が解けた瞬間に神が降りてくる)
  • 飽きさせない編集の3要素「ヨリヒキのメリハリ」「テンポをあえて崩す」「『間』や『素』を有効利用」 “TVディレクターの演出術ー物事の魅力を引き出す方法” の続きを読む

Digital Super 8 が登場してやや興奮気味

【PR】企業プロモーションビデオにドキュメンタリー・シネマの手法を…

なんとびっくり。デジタル・スーパー8なる製品が開発中とのこと。
In a Camera
Digital Super 8
これはホコリの被った8ミリカメラ(スーパー8)がデジタルカメラとして甦るというなんともワクワクするお話し。
variView

主な仕様については、 “Digital Super 8 が登場してやや興奮気味” の続きを読む

ドキュメンタリー・プロモーション・ビデオとは?

 

DPV
「ドキュメンタリー・プロモーション・ビデオ」という新しいジャンルを確立しようとサイトを立ち上げました。

これはドキュメンタリー映画のように訴える力の強いドラマチックなプロモーションビデオを制作しようという試みです。元来、プロモーションビデオ(PV)はナレーションで埋め尽くされた説明方のカタログ的な映像制作をイメージされることが多いかと思います。そうしたPVではクライアント側の言いたいことは全て網羅されてはいますがおおよそ一方的な説明ばかりで集中して見てもらうことが難しいものが多い印象がないでしょうか?

ドキュメンタリー・プロモーション・ビデオではそうしたナレーション過多のPVとは一線を画した構成で見る側を惹きつけます。それは現場で働く社員の皆さんの実際の姿、表情をドキュメンタリー的な手法で紡ぎ出し、映画のようにドラマチックな映像に仕上げる作品となります。

もしあなたが「プロフェッショナル」や「プロジェクトX」、「ガイアの夜明け」に取材されたらどんな番組になるでしょうか?考えただけでワクワクしませんか?どなたにも取材に打って付けな人材や、取り組みがあります。社内での真剣なプロジェクト会議、笑顔溢れる職場、情熱的でスピード感溢れる人材、ちょっとした会社の裏側。そうした音と映像を見ていただくことが、企業や商品の魅力を最大限に引き出す映像ではないかと思います。

詳しくはドキュメンタリー・プロモーション・ビデオのホームページでご紹介しています。是非ごらんください。

http://www.d-pv.jp/

今年も宜しくお願い申し上げます。

A Happy New Year. I hope that everyone have a great year.
謹賀新年。今年一年が素晴らしい年になりますように。
Un Feliz Año Nuevo. Espero que todos tengan un gran año.

代表取締役
柵木 志