岩瀬文庫の世界「名飯部類」

iwaselibrary020_06

名飯部類は上下2巻にわたってさまざまな米飯料理の作り方を解説した、いわば“江戸時代ご飯ものレシピ本”です。国内では岩瀬文庫を含めて3点しか伝わっていません。

“Meihan-burui” is the book of cooking especially by rice. Published 2 series of books in Edo period. These are only 3 pairs of them in Japan.

多文化共生について考える①

s-yorozu090927

西尾市で今年から始まった「早期適応教室」。これは外国籍の子供たちに日本語を学んでもらう教室で「プレスクール」的な役割を担っています。その教室でボランティア実習の受け入れがはじまり、いよいよ本格的に多文化共生についての動きが活発になっています。今回はその現状をリポートする第1回目。

キャッチ106ch 「にーず」にて9月27日から放送

“Adjustment classroom of early stage” that started this year in Nishio City. This means “preschool” in the classroom where children from other countries study Japanese. The acceptance of the volunteer practice starts in the classroom, and the movement of multi-cultural symbiosis is more and more really active. It is the 1st that reports on the current this time.

吉良遺産「岩場古墳出土品(吉良歴史民俗資料館)」

吉良遺産「岩場古墳出土品(吉良歴史民俗資料館)」
吉良遺産「岩場古墳出土品(吉良歴史民俗資料館)」

吉良遺産では「岩場古墳出土品」についてご案内します。
全長193cmの埴輪棺を中心にした古墳時代中期の古墳出土品で、昭和25年の夏に吉田中学校歴史クラブの
生徒さんが岩石採集の際に発見されたことがきっかけでした。

In Kira Heritage, we introduce “Iwaba tomb excavated articles”
The tomb was found by a student of Yoshida junior high school who was a member of history circle.
And the articles like Haniwa-kan of 193cm big, was found there.

キャッチネットワーク 106chにて
9月27日~放送

岩瀬文庫の世界「ま免なくさ」

岩瀬文庫の世界「ま免なくさ」
岩瀬文庫の世界「ま免なくさ」

尾張に住む吉田鯉洲という人物が巷で聞く珍談奇談を集めた本。
例えば、津軽の山奥に住む仙女は九州筑前の生まれで600歳を超えるという話。麻布の水茶屋の92歳になる「かめ」という婆が男子を出産。子供は生まれてすぐに話をした。。。などなど。

This is a book about strange stories in Japan. Rishu Yoshida in Owari finished this work.
ex.)
There was 600 aged woman/fairy in a deep forest of Tsugaru.
92 years old woman in Azabu,named Kame, had a baby. And the baby spoke language as soon as he was bone.

キャッチネットワーク 106chにて
9月20日~放送

岩瀬文庫の世界「水虎考略」

岩瀬文庫の世界「水虎考略」
岩瀬文庫の世界「水虎考略」

タイトルの「水虎」とは河童のこと。この本は河童の情報を集めて考証を加えた江戸時代の河童研究書です。
原本を編さんしたのは幕府の儒学者であった古賀侗庵。全国各地の河童に遭遇した人から聞き取った情報などを
1冊にまとめた。

The word, “Suiko” in the title of book “Suiko Kouryaku” is just about Kappa, a water imp. This is a research book about a water imp in Edo period with a lot of information. The author, Touan Koga, is a confucianism person of shogunate. He compiled all these info from people who encountered water imp.

キャッチネットワーク 106chにて
9月13日~放送

岩瀬文庫の世界「小藤太物語」

岩瀬文庫の世界「小藤太物語」
岩瀬文庫の世界「小藤太物語」

雀の小藤太を主人公とした御伽草子の絵巻物です。子供を蛇に食べられ悲しむ夫妻が

やがて出家して極楽往生を果たすまでを描きます。
The picture scroll “Kotouta story” is a story of sparrow, his name is Kotouta.
Kotouta and his wife become buddhist and die piacefully because of their
kid of Kotouta is killed by a snake.
キャッチネットワーク 106chにて
9月6日~放送

吉良遺産「瓦製狛犬と絵馬『橋弁慶』(大島八幡社)」

吉良遺産「瓦製狛犬と絵馬『橋弁慶』(大島八幡社)」
吉良遺産「瓦製狛犬と絵馬『橋弁慶』(大島八幡社)」

大島八幡社に伝わる2点の文化財、瓦製狛犬と絵馬『橋弁慶』をご紹介します。
絵馬は当時領主であった源正基が元禄5年に奉納したものです。絵馬としては
非常に大きなもので、珍しいそうです。
瓦製狛犬は、元禄14年に岡崎藩の御用瓦師であった細井新助の初期の作品です。
新助の作品としての狛犬はここ以外には現存していません。

Introducing the 2 pieces of  cultural heritage, the tile guardian dogs and Ema of “Hashi-benkei”, in Oshima-hachimansha.
Ema was dedicated by Masatomo Minamoto, the load of Kira at that time, in Edo era. The ema is uniquely big and colorful.
The tile guardian dogs are made by the tile artist, Shinsuke Hosoi who was patronized by the Okazaki Clan in Edo era.
This is the only one that he made.

キャッチケーブルネットワーク 106ch
8月30日(日)より放送

岩瀬文庫の世界 「道成寺絵巻物」

岩瀬文庫の世界 「道成寺絵巻物」
岩瀬文庫の世界 「道成寺絵巻物」

安珍と清姫の物語として歌舞伎や浄瑠璃などでもおなじみの「道成寺」。しかしこの物語に別バージョンのお話があるのをご存知でしょうか。「賢学草子」「日高川草子」などとも称されるこの異説の「道成寺絵巻物」の江戸時代の写本が、岩瀬文庫に所蔵されています。

In being of the Kabuki and the Joruri and so on however as Anchin and Kiyohime’s tale regular “Dojo-ji”
However, will it know the one which this tale has the story of another version?
“Kengakuzoushi” The manuscript of “the Dojo-ji emakimono” of this divergent view which is called “the Hidaka-gawa Zoushi” and so on, too, in the Edo era is possessed by Iwase Bunko Library.

キャッチ・ケーブルネットワーク「にーず」 106chにて8月23日から放送。

はずストーンカップ・チャレンジレース2009

はずストーンカップ・チャレンジレース2009
はずストーンカップ・チャレンジレース2009

8月2日(日)に開催された「第13回はずストーンカップ・チャレンジレース2009」に賭ける地元幡豆のチームに密着。
女性チームとしては圧倒的なパワーを発揮してきた白山会レディース、さらに地元消防団OBで作る幡豆第3分団の2チームに注目し、
彼ら彼女らの夏を追います。
2チームがエントリーするのは一般部門で1kの距離を競うタイムレース。
果たして表彰台に立ったのは?

This documentary shows the inside story of “The 13th Hazu Stone Cup Charenge Race 2009” held in Aug 2nd. We focused on 2 teams. One is called “Hakusankai Ladies”  organized by 8 ladies, they, a legendary team for womens category, are going to challenge for the general category this year. The other is called “Hazu Daisanbundan” organized by former fireman. We gaze at thier fighting spirits during a month.
The race they entry is “general” which they  puddle a handmade raft for 1 km, and they compete their time.
Who is going to be a winner?

キャッチ・にーずにて 8月23日から放送