「センスがいい」とはどういうことか?

センスがいい人っていますよね?

その人は何故センスがいいんでしょうか?
センスとは先天的なものなのでしょうか?特別な才能なのでしょうか?
はたまた努力すれば手に入るものなのでしょうか?

自分に関して申し上げれば、決してセンスがいいとは思っていません。なのでセンスのいい人に対して大変あこがれがあります。嫉妬もあるでしょう。できれば「センス」とは先天的な、特別な才能、ではないと思いたい(笑) できれば自分も手に入れたいとどこかで考えているわけです。
そこで、最近話題になっている本があったので読んでみました。

「センスは知識からはじまる」(著・水野学)

センスを良くするためには「知識」が必要と著者の水野さんは申しております。なんとも嬉しいお言葉ではりませんか!本の帯には

センスってこんなにわかりやすくて論理的で、面白いものだったんだ。もう、早く教えてよ、水野さんったら。 —阿川佐和子

とある。おぉ、なるほど!これは面白そうではありませんか!

著者によれば、

  • センスとは数値化できない事象を最適化することである
  • そのためには「普通を知ること」が必要
  • センスとは知識の集積である
  • イノベーションは知識と知識の掛け合わせである
  • センスとは知識に基づく予測である
  • 客観情報の集積がその人のセンスを決定する
  • 「感覚的に、これがいいと思うんです」は禁句

とまぁ、センスを良くするためにはまずは知識を得なさいと仰ってます。確かになるほどそうかもしれません。本の中にもありましたが、例えばある会社のロゴを考えるとき、フォントはどうやって決定していますか?まさか「なんとなくイメージに合いそう」なんて曖昧な気持ちで決めてないですよね?という話がありました。何故かというとフォントにはそれぞれ背景や歴史があってデザインには意味があるからそこまで考えて決めなければならないというのです。

なるほど。知っているのと知らないのではまず説得力が違いますし、その上でデザインしたりできればどんどんセンスアップしそうな気がしますね。よし知識だ!

しかし、ちょっと待ってください。私には少し疑問が残ります。

leonardo-da-vinci

例えば昔の人たちって今と比べて知識量は確実に少ないですよね?では昔の人はセンスがなかったと言えるんでしょうか?そんなことありませんね。ダヴィンチを超えるセンスを持った人がこれまでに何人もいましたか?そんなことありませんよね。ダヴィンチは我々よりも知識を持っていたのでしょうか?そんなことありませんよね。少し水野説が揺らいできました。

鹿児島にある障がい者支援施設しょうぶ学園はどう説明したら良いのでしょうか?

【予告】so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の from MotionVisualJapan on Vimeo.

知的障がいを持つ利用者さんが創造する作品群は圧倒的なセンスでもって我々見るものに語りかけてきます。知的な障がいを持っている人が水野さんのいわれるような知識を得ているとはとても思えません。無目的的に作品作りに没頭し、出来上がったものに対する執着がない彼ら彼女らの作品はめちゃくちゃにセンスがいいのです。

結局「センスがいい」ってどういうことなのでしょうか?

もしかしたら、どちらの方向も正解で、中途半端な立ち位置なのがセンスないってことなのでしょうか?なかには「センス」という言葉のとらえ方が人によって違う、という方もいらっしゃるかもしれませんので念のため辞書で調べておきましょう。

 物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働き。感覚。また、それが具体的に表現されたもの。「文学的な―がある」「―のよくない服装」「バッティング―」
 判断力。思慮。良識。「社会人としての―を問われる」(goo辞書より)
んんんんん。ますますわからなくなっちゃった。私は物事を理解するセンスがないんでしょうか?

しょうぶ学園ドキュメンタリー映画『so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の』上映会


謎に包まれたタイトルがご好評いただいている(笑)ドキュメンタリー映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」が、3月16日(日)ギャルリ百草さんとの共催で『ギャルリ百草 x I have a dream プレゼンツ 映画上映会「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」&対談「福森伸 x 大橋歩 x 安藤雅信」』として開催され、会場は大変な熱気に包まれました。 “しょうぶ学園ドキュメンタリー映画『so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の』上映会” の続きを読む

映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」上映決定

去年から撮影してきたドキュメンタリー映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」が完成し、上映が決定いたしました。

「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」公式ホームページ

so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の

ギャルリ百草 x I have a dream プレゼンツ
映画上映会「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」&対談「福森伸 x 大橋歩 x 安藤雅信」

日時:平成26年3月16日(日)
場所:東栄公民館(岐阜県多治見市)
入場料:¥1,500-
開場:13:00
開演:14:00 ※終了予定17:00
□百草にて「しょうぶ学園展」3月8日(土)~23日(日)11:00~18:00 会期中無休
チケット予約・お問合せ ○shop22/052-932-2092 ○ぎゃるりももぐさ/http://www.momogusa.jp/

【予告】so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の from MotionVisualJapan on Vimeo.

ー それは無意識の中にある、夢想であり、純粋な創造物の物語。
so:but=[and] そのように。そんな具合に。:しかし。だけれども。
創造した事をカタチにしていく、という行為は
想像し、予想して、めぐらし、意図する、が伴う。
過剰に足して、過剰に引く。
[および。そして] 夢想だったカタチは確かなカタチとして現れる。
そして、相変わらずの
1.2.3.4

「so : but (and) = 1.2.3.4」は、しょうぶ学園の創作活動のひとつである音パフォーマンス集団「otto & orabu」をフィルターとして、純粋さに対する意識の変容について描いたドキュメンタリー映画である。

A documentary film about Otto&Orabu of Shobu gakuen in Kagoshima, Japan. Showing their struggle about doing music performance without conscience like mentally handicapped person.

 

しょうぶ学園のこと

Shobu style03
しょうぶ学園にて撮影をしてきました。
しょうぶ学園は鹿児島市の近郊、吉野大地に位置する知的障害のある人たちの支援施設です。「工房しょうぶ」や「nui プロジェクト」「otto&orabu」などで障害を持つ人たちの工芸・現代アート芸術・音楽を中心に創造的な活動を行っています。
今回はotto&orabu名古屋公演後の皆さんの様子を撮影したくて伺いました。しょうぶ学園ではこの時期ちょうど「真夏のTシャツとうちわ展」が開催されていて1点モノのアート作品を購入することも出来ます。
shobu0731_2 021

しょうぶ学園は撮影に伺う度に新しい発見があり、学びの多い場所です。
今年中にはドキュメンタリー映画として完成させるべく制作活動中で、この映画を通して音楽集団otto&orabuが何を目指しているのか、私たちが何故彼ら彼女らに興味を持つのか、健常者とは何なのか、障害者とは誰のことなのかをじっくりと考える機会にしたいと考えています。政治、経済、地域、人間、地震、原発、常識、モラル、倫理、日常、日本、世界、地球、家族、自分…色々なことをあらためて考えさせてくれるきっかけになればいいなと思います。