DVD「シッコ」

 昨日に引き続きマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画を拝見しました。今回は「シッコ」です。前作の「華氏911」に比べて非常にわかりやすく、見ごたえのある作りになっています。「腕をあげた」感じでしょうか(笑)。
 今回の標的は「医療」です。アメリカの医療問題は根が深いと昔から言われていました。ニクソン時代からといいますからかなりのものです。ここでもやはり問題の根っこは政治家。彼らと保険会社との利益供与の構図が浮かび上がります。「華氏911」では貧困層から自由を奪い兵役に出させて富裕層は更なるビジネスを追う構造を見せていましたが、今回は中流階級の悲惨さも描いています。医療保険に入っていても怪我や病気で自己破産するという現実に誰もが驚くことでしょう。
 こうした作品を作ると「プロパガンダだ!」とつい刺されがちです。「物事の一部だけ見て批判をするな!」と感じる方もいるかもしれません。でも個人的にはそれでもいいと思うのです。少なくとも我々が今まで気づかなかったことをドキュメンタリーとしてそれこそ命がけで発表しているわけですから。普通ならこんなネタやらないと思うのです。政治、石油、医療、保険、、、そういったドロドロの利権構造の問題をえぐるなんてよほど勇気がないとできません。それに今までは全く「逆のプロパガンダ」しか見ていなかったわけですし。
 個人的には、この映画は素晴らしいと思います。取材力、構成、編集、公開タイミングも含めて絶妙でした。今のアメリカを考えると民主党が政権を取り医療制度改革に着手している様はまさにマイケル・ムーアの影響力が見て取れます。ムーア監督の背後にどんな力が存在しているのかはわかりませんが、「ある一人の映像作家が国を動かす力を秘めている」という事実が同業者として考えさせられるものがあります。
「我々にできることは何か?」と。