ブログ

映像制作のヒントになること

小規模事業者持続化補助金で動画制作がお手頃に

小規模事業者持続化補助金で動画制作がお手頃に

近頃は動画制作を補助金でまかなえる機会が増えてきました。 動画制作は業者に頼むと高い、と思われていた方も補助金を利用すれば格安で依頼することが可能となります。 例えば、小規模事業者持続化補助金では販促活動、新商品開発、店続きを読む小規模事業者持続化補助金で動画制作がお手頃に[…]

映像制作の適正価格(標準単価)って?

映像制作の適正価格(標準単価)って?

映像制作に適正価格は存在します。 ある協会が映像制作会社にアンケートをとってギャラの集計をしていますのでそこから数字を見ることはできます。例えば、… ディレクター費   60,000/日 カメラマン費    55,000続きを読む映像制作の適正価格(標準単価)って?[…]

「センスがいい」とはどういうことか?

「センスがいい」とはどういうことか?

センスがいい人っていますよね? その人は何故センスがいいんでしょうか? センスとは先天的なものなのでしょうか?特別な才能なのでしょうか? はたまた努力すれば手に入るものなのでしょうか? 自分に関して申し上げれば、決してセ続きを読む「センスがいい」とはどういうことか?[…]

クラウドファンディング成功の秘訣は?

クラウドファンディング成功の秘訣は?

  クラウドファンディングが徐々に浸透し始めています。実際、 クラウドファンディング市場がこれから活性化するプラットフォームの一つであることに異議を唱える人は少なくなったことだろう。crowdsourcing.続きを読むクラウドファンディング成功の秘訣は?[…]

MacBook Pro を SSD 換装したらヤバイことになった

MacBook Pro を SSD 換装したらヤバイことになった

以前、「SSD換装したら生まれ変わった MacPro early 2008」という記事を書きました。今もよく検索されているようですので SSD化を検討されている方が多い証拠かと思います。 で、実はMacProだけではなく続きを読むMacBook Pro を SSD 換装したらヤバイことになった[…]

YouTubeはSEO対策にバッチリという話

YouTubeはSEO対策にバッチリという話

YouTubeがSEO対策に良い結果をもたらしている、との噂を聞きました。

そういえば、私は Vimeo を利用することが多いのですが、色んな方に何故 YouTube にしないのか?と聞かれた経験があります。その時は「 YouTube だと広告が鬱陶しいからサイトに動画を貼るなら Vimeo のほうが良いのではないか?映像の美しさも Vimeo のほうが優れているし」と答えていました。でも YouTube って実は使い方次第で Google 検索の上位に上がってくるし、動画広告サービスにも連動できるし、ビジネス活用の視点で考えてみると有効な点が多いようです。

そこで、本当に YouTube はSEO的に良いのかどうか調べてみました。

続きを読む 紹介YouTubeはSEO対策にバッチリという話

クラウドファンディングを成功に導く動画制作のコツ

クラウドファンディングを成功に導く動画制作のコツ

クラウドファンディングのことをご存じでしょうか?

クラウドファンディング英語:crowd funding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。[1][2] ソーシャルファンディングとも呼ばれる。[3] クラウドファンディングは防災市民ジャーナリズム、ファンによるアーティストの支援、政治運動、ベンチャー企業への出資 [4] 、映画 [5] 、フリーソフトウェアの開発、発明品の開発、科学研究 [6] 、個人・事業会社・プロジェクトへの貸付など、幅広い分野への出資に活用されている。(wikipediaより抜粋)

つまりインターネットを利用して出資を募るサービスですね。crowdsourcing.orgが発表したクラウドファンディングインダストリーレポートによれば、2011年の世界におけるクラウドファンディング市場規模は約1,200億円。さらに2012年は約2,200億円、2013年は5,100億円、2014年は1兆4000億円になると予測しています。海外ではkickstarterという有名なサイトがありますが、日本国内にもcampfireやreadyfor?がメジャーなクラウドファンディングサイトとして知られています。

実のところ国内でクラウドファンディングサービスが活性化するのはもう少し先かもしれませんが、何か大きな話題が生まれるなどのきっかけさえあればあっという間に広がる可能性は充分に秘めています。もしかしたら行政がおこなっている補助金のシステムを使わなくてもあっという間に資金調達が可能になるかもしれません。

さて、そのクラウドファンディングには動画が欠かせない、というお話しです。

なぜなら、動画があることでプロジェクトの内容や主催者の熱い思い、親近感やイメージが伝わりやすくなるからです。文字や写真だけでなく動画や音声が含まれれば伝わる内容が豊かになるのは至極当然といえば当然のことかもしれません。kicstaterによれば、動画あるプロジェクトの成功率は50%、動画がない場合は30%なのだそうです。動画があるだけで20%も成功率が上がるのならば作らない手はありません。どうしても動画をプロが制作できない場合でもiPhoneで動画をアップすればそれだけで成功率は上がりそうな気がします。そこで以下にクラウドファンディングを成功に導くための動画制作のコツを記しておきたいと思います。

続きを読む 紹介クラウドファンディングを成功に導く動画制作のコツ

ディレクター目線の『ビデオ制作入門』無料配布!

ディレクター目線の『ビデオ制作入門』無料配布!

『ビデオ制作入門〜企画から公開までの秘策』をコツコツと書きました。 私が、です。はい。 無料でお分けしますので、よろしければどうぞ。 内容は以下の通りです。 はじめに チャプター1:プリプロダクション そもそも映像制作と続きを読むディレクター目線の『ビデオ制作入門』無料配布![…]

あなたの人生を変えるかもしれない本10選!

あなたの人生を変えるかもしれない本10選!

これまでに40年以上生きてきて、私の人生に深い影響を与えた本があります。皆さんにもおありだとは思いますが、まぁ軽い気持ちでお付き合いください。特に10冊(タイトル)に厳選して記しておきたいと思います。ただし、映画関連の本は以前ご紹介していますので避けておきます。ご了承ください。

1.『ここまで来た「あの世」の科学―魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する』(天外司朗)


この本は

「人類最大の謎に、「AIBO」の開発責任者が挑む
<「神」の正体、そして生命の謎を明かす衝撃の書!>」

と説明にあるように、いかにも怪しい感じの本です。著者はて天外司朗さん。SONYでAIBOの開発責任をされていたバリバリの理系の方です。理系の方がスピリチュアル系にハマることはままありますので読む際には若干注意が必要ですが、この本は私にとってはかなり衝撃的な内容でした。

簡単に申せば、科学的に「あの世」のことを分析してみたらこんなことかしら?という内容。そもそも科学と宗教は相容れない犬猿の仲であるのですが、その歴史を紐解くことから始まって最終的には科学的に突き詰めていくと宗教的な世界観にたどり着いてしまうという不思議。そんな内容に触れることができます。

天外さんは現在瞑想に関すること、スピリチュアル的なこと、経営に関すること、終末医療に関することなど様々な活動をされてますが、そもそもの出発点はこのあたりなのかなぁと思ったりしました。

究極の小さい世界を探していたら究極に大きな宇宙の中にいた。
みたいなことがあるのかもしれない!と思えます(笑)

曰く

「宇宙の基本構造は、壮大な無意識のレベルのネットワークであり、
生命を得て生まれてくる個体は、その大海の表面に発生した
小さな泡のようなものでしょう・・・・・宇宙は全体としてひとつの生命体です・・
・・・その基本は、無条件の愛であり、また仏性であり、宗教が神や仏と呼ぶ概念と
一致します。」

2.『モモ』(ミヒャエル・エンデ)


この世は常に時間との闘い、タイム・イズ・マネーです。ホリエモンは著作『ゼロ』の中でタイム・イズ・ライフだ!と言っていますが、個人的にはどちらでも同じことのような気がしています。

エンデはこの子ども向けの童話をどんな気持ちで書いたのでしょうか?これは大人になってから読んだときの衝撃は計り知れないものがあります。特に時間泥棒の存在は考えさせられました。

時間を貯蓄することが美徳である世界でせっせと働いている人たちとはつまり我々現代社会の大人たちのことであり、時間の貯蓄とはなんのことはない時間の節約のこと。働くためにその他の生活時間や家族との時間をいかに節約するかを考えているのですが、結局は一番大切なものを犠牲にして働くことが目的になってしまっているわけです。ところが、せっせと貯めた時間貯金も実は時間泥棒たちが盗んでいるという…。

私たちはいったい何のために生きているだろうか?と真剣に考えるきっかけを与えてくれる名著です。

3.『ものぐさ精神分析』(岸田秀)


岸田秀のことを知ったのは伊丹十三のエッセイを読みふけっていた頃のことです。この人はなかなか面白いことを言う人だ、と思い本書を手に取りました。岸田さんは「唯幻論」を唱える心理学者ですが学会では随分と異端児扱いをされているようです。

そんな彼が書き記す中で一番刺さったのは自己嫌悪の効用について太宰治の『人間失格』を引き合いにだしているところ。結局自己嫌悪なんて自分に対する免罪符に過ぎない。そして免罪符を与えてしまえばその自己嫌悪したことなどすっかり忘れてしまったかのようになり、また同じことを繰り返すのだ!だから自己嫌悪する人間は一見、成長過程の途上でジレンマを抱えている心優しき人間のように映るかもしれないが実は全くそんなことなどないのだ、と主張します。

他にも、国という単位は人間個人の個という単位と同じであってアメリカなどという国はまったくもって精神分裂病である、といいます。なるほど、国とて結局はたくさんの人が考えることをひとつの方向にまとめて進まねばならず、それはつまりアメリカならアメリカという個と同じことなのだと。

思えば、国なんてどこもある意味精神分裂病なのかもしれません。独裁国家ならば独裁者が精神分裂していなければいいのでしょうけど。

4.『売国者たちの末路』(副島隆彦・植草一秀)


続きを読む 紹介あなたの人生を変えるかもしれない本10選!

モーターで動くから動き滑らか!5DmkiiなどのDSLRに良さそうなスライダーが登場

モーターで動くから動き滑らか!5DmkiiなどのDSLRに良さそうなスライダーが登場

edelkrone から新製品であるv2がリリースされました。マイナーチェンジともいえる今回のリリースですが、実は旧バージョンでモーションコントロールが追加される予定だったはずがv2での対応となりまして、個人的には旧バージョンにてモーションコントロールを心待ちをしておりましたのでv2が登場して実は落胆したのです。要するに「またスライダー買わないといけないわけ!?」と言いたかったわけです。

ところが、念のためカスタマーサービスに連絡をしてみると(英語のみ対応なので面倒くさかったのですが)、なんと無償でv2に交換するプログラムがあるとのこと!嬉しくなってついv2とモーションコントローラー、ターゲット・コントロールをお買い上げしたのです。モーションコントローラーは wizard module というスライダーを移動させるモーター制御マシン。ターゲット・コントロールは target module というスライダーと連動した撮影目標物を追随できるマシンであります。

なんといっても、この二種を使用することでこれまでのように「あ、動きがぎこちなかった!」とか考えなくてもよくなりますし、何度も同じスピードで同じ動きをするわけなので合成もやろうと思えばできてしまうのです。これは凄いことですね。
続きを読む 紹介モーターで動くから動き滑らか!5DmkiiなどのDSLRに良さそうなスライダーが登場