あなたの人生を変えるかもしれない本10選!

これまでに40年以上生きてきて、私の人生に深い影響を与えた本があります。皆さんにもおありだとは思いますが、まぁ軽い気持ちでお付き合いください。特に10冊(タイトル)に厳選して記しておきたいと思います。ただし、映画関連の本は以前ご紹介していますので避けておきます。ご了承ください。

1.『ここまで来た「あの世」の科学―魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する』(天外司朗)


この本は

「人類最大の謎に、「AIBO」の開発責任者が挑む
<「神」の正体、そして生命の謎を明かす衝撃の書!>」

と説明にあるように、いかにも怪しい感じの本です。著者はて天外司朗さん。SONYでAIBOの開発責任をされていたバリバリの理系の方です。理系の方がスピリチュアル系にハマることはままありますので読む際には若干注意が必要ですが、この本は私にとってはかなり衝撃的な内容でした。

簡単に申せば、科学的に「あの世」のことを分析してみたらこんなことかしら?という内容。そもそも科学と宗教は相容れない犬猿の仲であるのですが、その歴史を紐解くことから始まって最終的には科学的に突き詰めていくと宗教的な世界観にたどり着いてしまうという不思議。そんな内容に触れることができます。

天外さんは現在瞑想に関すること、スピリチュアル的なこと、経営に関すること、終末医療に関することなど様々な活動をされてますが、そもそもの出発点はこのあたりなのかなぁと思ったりしました。

究極の小さい世界を探していたら究極に大きな宇宙の中にいた。
みたいなことがあるのかもしれない!と思えます(笑)

曰く

「宇宙の基本構造は、壮大な無意識のレベルのネットワークであり、
生命を得て生まれてくる個体は、その大海の表面に発生した
小さな泡のようなものでしょう・・・・・宇宙は全体としてひとつの生命体です・・
・・・その基本は、無条件の愛であり、また仏性であり、宗教が神や仏と呼ぶ概念と
一致します。」

2.『モモ』(ミヒャエル・エンデ)


この世は常に時間との闘い、タイム・イズ・マネーです。ホリエモンは著作『ゼロ』の中でタイム・イズ・ライフだ!と言っていますが、個人的にはどちらでも同じことのような気がしています。

エンデはこの子ども向けの童話をどんな気持ちで書いたのでしょうか?これは大人になってから読んだときの衝撃は計り知れないものがあります。特に時間泥棒の存在は考えさせられました。

時間を貯蓄することが美徳である世界でせっせと働いている人たちとはつまり我々現代社会の大人たちのことであり、時間の貯蓄とはなんのことはない時間の節約のこと。働くためにその他の生活時間や家族との時間をいかに節約するかを考えているのですが、結局は一番大切なものを犠牲にして働くことが目的になってしまっているわけです。ところが、せっせと貯めた時間貯金も実は時間泥棒たちが盗んでいるという…。

私たちはいったい何のために生きているだろうか?と真剣に考えるきっかけを与えてくれる名著です。

3.『ものぐさ精神分析』(岸田秀)


岸田秀のことを知ったのは伊丹十三のエッセイを読みふけっていた頃のことです。この人はなかなか面白いことを言う人だ、と思い本書を手に取りました。岸田さんは「唯幻論」を唱える心理学者ですが学会では随分と異端児扱いをされているようです。

そんな彼が書き記す中で一番刺さったのは自己嫌悪の効用について太宰治の『人間失格』を引き合いにだしているところ。結局自己嫌悪なんて自分に対する免罪符に過ぎない。そして免罪符を与えてしまえばその自己嫌悪したことなどすっかり忘れてしまったかのようになり、また同じことを繰り返すのだ!だから自己嫌悪する人間は一見、成長過程の途上でジレンマを抱えている心優しき人間のように映るかもしれないが実は全くそんなことなどないのだ、と主張します。

他にも、国という単位は人間個人の個という単位と同じであってアメリカなどという国はまったくもって精神分裂病である、といいます。なるほど、国とて結局はたくさんの人が考えることをひとつの方向にまとめて進まねばならず、それはつまりアメリカならアメリカという個と同じことなのだと。

思えば、国なんてどこもある意味精神分裂病なのかもしれません。独裁国家ならば独裁者が精神分裂していなければいいのでしょうけど。

4.『売国者たちの末路』(副島隆彦・植草一秀)


“あなたの人生を変えるかもしれない本10選!” の続きを読む

映像ディレクターなら是非読んでおきたい本10選!

film

映像ディレクターなら是非読んでおきたい本をご紹介します。
良書はたくさんありますが、まずオススメしたい本を掲載しておこうと思います。

1.「定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー」


フランス・ヌーベルバーグ監督のひとりでもともと映画評論家であるフランソワ・トリュフォーが、巨匠アルフレッド・ヒッチコックにあれこれインタビューしまくった一冊。

トリュフォーがかなりのヒッチコック・ファンであることが窺えることのほほえましさも面白いですが、何よりこれだけヒッチコック映画についてヒッチコック自身が語っている本はないのではないだろうか、と思います。

名画がどのように作られたのかその撮影技術、俳優との関わり、観客との駆け引き、その全ての考え方は驚きに値します。

2.「考具 ―考えるための道具、持っていますか?」


ディレクターにとってアイデアをひねり出すことは大変に重要です。

自らリサーチして企画書作成、台本、映像の構成、構図、演出、音楽、照明、タイトルデザイン…1本の番組を作るためにそれはそれはたくさんの要素が必要とされ、その全てに対して方向性が指示できるようでなければ一流とは言えないでしょう。人とのコミュニケーション術も大切ですが、その前に知識や経験も人より多くあった方が良いです。

そのうえで、本書。

頭の中にある様々なアイデアをうまく表現するためにはコツが必要です。そのヒントを本書は教えてくれます。アイデアをまとめるためのコツをたくさん教えてくれますので番組の企画を考える時などは大いに役に立ちます。

3.「Balance in Design – 美しくみせるデザインの原則」


ディレクターたるもの、デザインセンスも必要不可欠です。

本書は黄金比について書かれたものですが、読むことで美しさとは何かがわかり、番組演出に反映させることができるでしょう。撮影の際の構図だけでなく、テロップのデザイン、タイトル、フリップ、CG…色んな場面でデザインセンスが要求されるのがディレクターです。

「何故かダサイんですけど、なんでだろう?」と思ったとき、きっと本書にその理由が隠されているはずです。

“映像ディレクターなら是非読んでおきたい本10選!” の続きを読む