映画「ハート・ロッカー」

ハート・ロッカー

http://hurtlocker.jp/

第82回アカデミー賞最多6部門受賞という本作は中々見ごたえのある作品でした。同じアカデミー賞候補として挙げられていた「アバター」がおもちゃ的な面白さだとすると、本作は哲学的な面白さを実感します。アバターは未知の映像技術に遊園地的な刺激を求めるにはいいかもしれないけれど、正直お話自体は後に残るものではなかった。しかしこちらの「ハート・ロッカー」は技術的には地味でも後にずっしり残る映画です。ハリウッドをはじめとしたアメリカ映画業界の皆さんがどんな思惑で本作を受賞に導いたのかは知りません。しかし、本作が純粋に「素晴らしい映画」であることは疑いの余地がないでしょう。

“映画「ハート・ロッカー」” の続きを読む