映像編集は座らずに立ったままですると良いことだらけだった!

一冊の本が私にある決意をもたらしました。それは、
「編集を立ったまま行うこと」です。

その本とは「映像の瞬き」(ウォルター・マーチ著)です。
そもそもこれまでに映像編集をする人で立って編集をする人を私は見たことがありませんでした。アメリカの大学で映画を学んでいた時も見た記憶がありませんし、テレビ業界に就職してからも立って編集をする人など見たことがありません。誰もが椅子に座って編集します。皆さんの回りにも立って編集をする人などいないのではないでしょうか?

しかしウォルター・マーチさんは違いました。彼はハリウッドでは大変有名な編集マンで『地獄の黙示録』や『イングリッシュ・ペイシェント』でアカデミー賞を受賞している凄腕編集マンですが、その彼が立って編集をするというのです。

座ろうと思えばいつでも座れるけれど、ほとんどの場合…二本足で立って作業する。いつも立ったままで、まるでガンマンのように、できるだけ素早く反応できる状態に身を置きたいのだ。全身を使って作業することで編集プロセスは大いに活性化されるものだと、私は信じている。(『映像の瞬き』より)

彼はムビオラやKEM、スティーンベック、Avidにいたるまですべて立って編集してきました。確かに昔のムビオラは立って作業するに直立型のマシンでした。

moviola

しかし、スティーンベック以降では作業は座ってするものに変わっていったのです。現在至ってはそんな歴史的なことも知らず皆さん普通に座って編集をしていることと思います。

だいたいこれで立って編集することなど微塵も考えたことなどない中で、本当に立って編集することにメリットがあるのでしょうか?座って作業をする方が楽でいいような気がしてしょうがないと思われる方も多いことでしょう。

私自身は、立って編集し始めてから3ヶ月ほど経過しました。はじめはこのことを友人や知り合いに話すと笑われたり、ちょっと小馬鹿にされたり、1ヶ月も続かないと宣言されたりしました(でも、そう言いたくなる気持ちも充分に理解できます・笑)。

editing01
以前の編集デスク

でも、実際に初めて見ると、これが実は癖になるほど心地よいことがわかったのです。個人的には足腰が健康なうちは立って編集し続ける覚悟です(笑) その理由としていくつかご紹介しましょう。

“映像編集は座らずに立ったままですると良いことだらけだった!” の続きを読む

ダウンコン問題

HD→SDにダウンコンバートする際みなさんはどうされてますか?
私の場合、パソコン上のソフトウェアで処理を行うとどうしても画面がギザギザになってしまうので、HD編集したビデオをiLinkでHDV形式のテープ吐き出しをして、今度はそのテープをiLinkでパソコンに取り込み直します。その際デッキからの出力はダウンコン信号です。この方法が今のところ最前ではないかと考えています。
ネットで検索をしても一番多かったのが、カメラにいったん書き出してから再びパソコンにダウンコンバート信号で取り込み直すというものでした。

例えば、
FCPでHDV素材を編集、パケったものをそのままFCPでSD設定の.m2vにダウンコンバートで書き出した場合、
trestest01

trestest01-01

“ダウンコン問題” の続きを読む