マルチカメラで座談会収録

20140123-172647.jpg
USTREAMではお馴染みのATEMスイッチャーを使用して4カメで現場スイッチ収録してきました。
出演者9名!スタッフ3名で4カメマルチをなんとかやり切りました。2時間でスタンバイ、収録に1時間、撤収に1時間となかなかのハードスケジュールでしたが、やればなんとかなるもんです。
今回はケーブルテレビの特集で、尾崎士郎没50周年記念事業実行委員会のメンバー9名が尾崎士郎さんの書斎に集合し、座談会をセッティング。その様子をHyperDeckStudioで収録しました。今回の収録で、テレビ番組用としてもロケ現場でのマルチカム収録はポスプロの負担をかなり軽減することもあり、オススメできると確信しました。
ただし、セッティングはかなり大変です。そのくせ番組としてはたった12分程度の特集枠。本来ならば30分や1時間番組として成立させたい仕込みであったと思います。

今回の様なセッティングならステージ収録も十分対応可能です。例えば、学校や団体の発表会、ライブやコンサート、舞台、演劇など幅広く対応ができます。しかも現場でスイッチングしていますのでステージ上のスクリーンに映像を映し出すことも可能です。更に特機類を追加してダイナミックな映像表現もできることでしょう。

使用機材:pmw200,nx5,z5j,atem 4k,juns live command,hyper deck studioなど

GV-HD700収録時のバックアップとしてのHVR-MRC1K

近頃テストを兼ねて、現場で3カメをスイッチャー経由で収録しています。まだアナログSDでの収録ですが、自分としては初めての試みなのでなかなか楽しいですね。この経験を積み重ねていくとUSTREAMでの中継技術も確かなものになってくれそうです。さて、今回はその中継形式の収録の中で、現在使用している収録機がSONYのGV-HD700という民生機です。私にとってはこれが民生機なのかどうかはあまり関係ないのですが(笑)、その道の方には重要な部分もあるかもしれないのも「民生機」と書いておきます。

さて、このGV-HD700を使って収録する時にやはり気になるのがバックアップです。これまではカメラでバックアップを撮影していたのですが、これはやはりできるだけ使いたくない「保険」です。本当ならもう一台デッキが欲しいところ、ではありますが予算的なこともありますので違う方法を試してみました。これは実はお仕事でお使い会いさせていただいている方から教えて頂いた方法です。それはi-Link経由でSONYのHVR-MRC1Kに収録するという方法。

IMG_6725.JPG “GV-HD700収録時のバックアップとしてのHVR-MRC1K” の続きを読む