YouTubeはSEO対策にバッチリという話

YouTubeがSEO対策に良い結果をもたらしている、との噂を聞きました。

そういえば、私は Vimeo を利用することが多いのですが、色んな方に何故 YouTube にしないのか?と聞かれた経験があります。その時は「 YouTube だと広告が鬱陶しいからサイトに動画を貼るなら Vimeo のほうが良いのではないか?映像の美しさも Vimeo のほうが優れているし」と答えていました。でも YouTube って実は使い方次第で Google 検索の上位に上がってくるし、動画広告サービスにも連動できるし、ビジネス活用の視点で考えてみると有効な点が多いようです。

そこで、本当に YouTube はSEO的に良いのかどうか調べてみました。

わお。もうこれだけでやる理由が見つかってしまいました。YouTube には1分間に100時間もの動画が常にアップされているといいますから単になんでもかんでも動画をアップすればいいという問題ではないと思いますが、やらないよりはやったほうが良さそうです。

では、YouTube に動画をアップする際に特に注意すべき点を見てみましょう。

  • キーワード調査

  • タイトルタグの最適化

  • ディスクリプションの最適化

  • 動画の字幕

こちらは『完全版YouTube動画SEOマーケティングガイド』からの内容です。適切なキーワードを探し出し、タグとディスクリプションに反映させなければなりません。確かに、せっかく動画を作っても何もその動画を探すためのきっかけがなかったらたどり着くこともままならないですよね。上手に探してもらうためのヒントをちりばめておこうということのようです。キーワード調査には Google キーワードツールYouTube キーワードツールもあるそうです。キーワードをうまく探し出すにはコツが必要かもしれませんが、私だったらまず、

  • 競合他社のキーワード設定を参考にする

  • マインドマップ等でブレストしてキーワードを探す

  • 人に聞く

くらいのことはしてみて、アテを付けます。その上でキーワードツールを利用してどれくらいの効果がありそうかチェックして決めます。これならそれほど難しいことはないのではないでしょうか?続いて、タグとディスクリプションを設定すれば完成ですね。

では YouTube に動画をアップすることで広告効果が上がると分かった以上是非トライしてみてください。何よりまずは動画を作ることから。簡単な流れはこんな感じでしょうか?

  • 動画を制作する

  • YouTubeにアップする

  • キーワードを探し、設定する

  • 自社サイトに貼る

  • みんなに拡散してもらう

  • True Viewを活用してみる

出来上がった動画は YouTube にアップ。この際動画のフォーマットなど事前に調べておいてください。中には対応していないフォーマットもあるからです。画質はなるべく高画質にしておきましょう。続いて、前述のキーワード選びから設定。それが終わったら自社サイトやブログに貼り付けてたくさんの人に見てもらいましょう。SNSを利用するなどしてファンの皆さんに拡散してもらうことも大変重要です。みんながシェアしてくれたり、リンクを共有してくれれば自ずと注目度が高くなります。

そして、最後の True View というのはこちら。

動画を使った広告のことです。今まではテキストとか静止画による広告でしたが、これからは動画広告が主流になるのではないかと言われています。設定金額も低く抑えてスタートすることができますので Adwords から登録をしてはじめて見るのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です