THETA S で色々撮影してわかったこと

RICOH THETA S を購入しました。
ts_1

THETA S は360°全てを静止画と動画に記録する全く新しいカメラです。WEBとの親和性が高く、テレビでは再現できないカメラですので、我々映像業界の人間にとっては敷居の高い機材に見えますが、一方でその可能性はかなり高そうです。

例えば、企業向けの映像で工場見学や社内ツアーにはこうした360°の映像が極めて有効かと思います。

尚古荘にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

例えば、バーチャルな体験をしてもらうことで企業の雰囲気を掴んでもらうことができればかなりメリットがあると感じます。工場内の雰囲気は「行ってみないとわからない」ことが数多くありますが、それはすなわち「空気感」というものではないでしょうか?それを再現するのがこのカメラです。

尚古荘(西尾市)にて。紅葉が美しい時期ですね。 – Spherical Image – RICOH THETA

 面白いのは360°の映像を撮影するだけではなく、最新のスマホと連動することでバーチャルな空間を作り出すことができるということ。スマホと組み合わせることによって、360°映像があたかも自分が見ているかのような疑似体験を得ることが可能になるのです。 これは体験してみないと分かりづらいかもしれませんが、かなりの割合で驚く人が多いと思います。体験者の一人は、 「愛知万博でこれあったら、大行列間違いなしだったよ!絶対!」 と言っておりました(笑)

西尾市幡豆町の弘法山山頂からの眺め。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山麓にあるイチョウの木の下で。 – Spherical Image – RICOH THETA

今後このTHETAを使った新しい広報宣伝活動がきっと注目されるのではないかと思っています。ただ、これはテレビ業界の人たちにとっては「後回し」的なツールです。なにせ、テレビでは活用しずらい機材だからです。
ですから、テレビ業界とは関係のない映像コンテンツを制作する人たちから盛り上げていく機材となります。もしかしたら映像メディアをテレビ業界が牽引する時代に終わりを告げるのかもしれません。

OSMOの登場にも随分と驚きましたが、どちらがゲームチェンジャーになりうるか考えた場合、THETAの方が圧倒的に可能性が高いと思います。RICOHはスゴイです。

ただし、撮影にはコツが必要です。とりあえず、カメラ意外にも一脚と三脚はあったほうが良いでしょう。用途によっては吸盤付きのカメラマウントがあると良いです。

社内で映像制作するメリットとデメリット

「映像制作をプロに依頼するのはコスト的にちょっと」という企業は多いかもしれません。

しかしながら2014年は大手企業だけでなく、 中小企業・地方企業におけるWeb動画活用が目立った1年となり、今年は、前年比の約2倍に拡大すると予想されています。企業展でも映像を活用したブース設置が大変目立つようになって来ました。これほど動画が注目され活用されるようになった理由として、

  • ITインフラが整備され、通信速度が高速化
  • スマホやタブレットなど、手軽に視聴できるツールが登場
  • SNSやYouTubeなどの普及によって、動画視聴が習慣化・大衆化
  • TVCMのように莫大な費用をかけずに動画制作可能に

などが考えられます。
大まかに言えば、 「動画を使った企業活動がしやすい環境が整った」ということになるでしょう。

そもそも、動画のメリットとは?

いくら良い商品、良いサービスを持っていたとしても、それを所有したり体験したりしたことがないユーザーに価値や魅力を的確に伝えられなければ売上や集客は伸びません。アクションを起こすきっかけとなるのは、「あの商品が欲しい」「あのサービスは自分に必要かもしれない」といった興味・関心・欲求の高まりです。

そうした感情を刺激するのに有効なのが、動画。

動画は文字や写真よりも圧倒的な情報伝達容量を有しており、それゆえによりエモーショナルな訴えかけをすることが可能。顧客への好意を形成し、企業への愛着心を育てる手段としては、文字や写真よりも断然優れているのです。

では社内で誰が作る?

「そんなに良いツールならば早速取り入れよう!」
「○○君はビデオカメラを持っているよね?」
「iPhoneで誰でも撮れるね」
そんな声が聞こえてきそうです。

確かに機材は用意できそうですが、それを使って「会社の看板」を作るのは少々荷が重いですよね?やはり餅は餅屋。そこで、最近ではプロがノウハウを教える機会もあります。

プロに学ぶという選択肢

最近では社会人向け映像制作講座というものもあり、これなら個人負担ではなく会社の費用負担で動画制作を学ぶことも可能です。映像は知っているつもりでも実際にやってみるとなかなか難しいものですから、プロから学ぶことで多くのノウハウを吸収することができるはずです。

~スマホ時代に動画を活用してビジネスを拡げる~ 社会人・初心者向け「動画制作講座」を開講!

https://youtu.be/CfAx8wDTwD8

https://youtu.be/UEVduzHi8t4

https://youtu.be/BNWQxybenBM

https://youtu.be/lgkqIW2mte8

独学で勉強したい人には

講座に参加している時間などないという方など、まずは独学で学びたい方にはこんなオススメ本もあります。




 

もしも無料のテキストはないかとお探しの場合は、『ビデオ制作入門〜企画から公開までの秘策』をご覧下さい。下記リンクよりダウンロードしていただけます。
http://motionvisualjapan.com/downloads/howtocreatevideo.pdf

これはアマチュア向けに映像制作のノウハウを書いたものです。
内容は以下の通り。

  • はじめに
  • チャプター1:プリプロダクション
    • そもそも映像制作とは
    • 制作の流れ
    • 目的と期限
    • 企画書
    • シナリオ(構成)
  • チャプター2:プロダクション
    • 収録機材
    • カメラと三脚
    • カメラの位置と動き
    • レンズ特性
    • 画面サイズ
    • SD,HD,or 4K?
    • 音声
    • ライティング
    • 特機
    • マルチカム収録/撮影
  • チャプター3:ポストプロダクション
    • 編集
    • カラコレ
    • MA(Multi Audio)
    • フィニッシング
  • チャプター4:編集いらずのビデオ撮影法
    • 撮影前の準備
    • どんな物語?
    • 何を撮る?
    • 編集しない!
  • チャプター5:おまけ
    • 最新情報
    • 情報収集
    • オススメ本10選

合計80ページからなるかなりのボリュームです。

『ビデオ制作入門』
http://motionvisualjapan.com/downloads/howtocreatevideo.pdf

そのほか、ご質問ありましたらご連絡ください。お問い合わせはこちらからどうぞ。

お問い合わせ

クラウドファンディング成功の秘訣は?

 

クラウドファンディングが徐々に浸透し始めています。実際、

クラウドファンディング市場がこれから活性化するプラットフォームの一つであることに異議を唱える人は少なくなったことだろう。crowdsourcing.orgが発表したクラウドファンディングインダストリーレポートによれば、2011年の世界におけるクラウドファンディング市場規模は約1,200億円であるとして、ここから2012年は約2,200億円、2013年は5,100億円、2014年は1兆4000億円になると予測している。(startup.jpn.comより)

これは世界市場の話ですが、国内でも2015年には35億円市場になると予想されていて大変注目を集めています。

出典:visualizing.info
出典:visualizing.info

まぁ、35億円というと国内の植毛市場よりは小さい規模なのでまだまだといえばそうなのかもしれませんが、伸び率が大変高いので数年後には数百億円規模に膨らむかもしれません。

さて、そんな注目市場のクラウドファンディングですがエントリーする際に意外と甘く見られがちなのが動画かもしれません。ところが、

海外のクラウドファンディングサイトの事例では、動画があるプロジェクトとないプロジェクトでは支援額に3倍もの違いがあります。
目標金額を達成することが第1のスタートですが、もしあなたが目標額を越えて200%、300%とたくさんの支援を集めるようなビッグプロジェクトを目指すのであれば、動画は時間をかけて準備しましょう。
動画は作品、プロダクトや過去の映像でも構いません。そこに、あなたが出演してプレゼンすることで、グッと見ている人の心をつかめることでしょう。

動画構成の例は下記です。

  • 自己紹介
  • プロジェクトをやろうと思った背景
  • 具体的になぜ資金が必要なのか?その資金がどう使われるのか?
  • 支援のお願いとリターンの説明
  • Thank you!

動画の再生時間は3分程度が平均的です。
動画であなたの実現したいことや夢ばかりを語っても、友人や身内以外の共感を呼ぶことは非常に難しいででしょう。「支援してほしい」という気持ちと「支援してくれたら◯◯をお返しする」という訴求はとても効果的です。
CAMPFIREでは過去に、動画が約3万回も再生されたプロジェクトがあります。

もし映像の撮影や編集に自信がない人は、動画制作に詳しい友人や知人に手伝ってもらうと良いでしょう。(CAMPFIREより)

いかがでしょうか?ここまで言われては動画はなくてはならない役割を担っていると考えた方が良さそうです。実際に先月クラウドファンディングに挑戦された株式会社CICの内田さんは弊社に動画制作をご依頼いただき見事にプロジェクトはサクセスされましたが、やはり成功の理由に動画は欠かせないと話していらっしゃいました。

内田さんによれば今回の挑戦で苦労された点は、

「告知です。例え、いいプロジェクトでも知ってもらわなければ、ご支援のしようがないので。特にうちの場合、SNSをほとんどやっていなかったので、告知・拡散に苦労しております。」

逆にやって良かった点は、

「やってよかったことは、株式会社モーション・ビジュアル・ジャパンさんのように応援して下さる方がいたことです。ビデオ制作からご支援、またFacebookやブログなど助けていただき、本当にありがとうございました。
うちの商品を買ったことがあって今回応援してくださった方、今回はじめてうちの商品を知って応援してくださった方、いろいろいらっしゃいますが、応援して下さる方の存在を知り、交流することができとてもよかったです。仮にサクセスしなくてもこの経験は良かったと思えました。
なんだか手前味噌になりました。スミマセン。しかし、そうはいってもクラウドファンディングに欠かせない動画はやはりクラウドファンディングに精通したプロが制作したほうが心強いと言えると思うのです。いろいろと動画以外のことも相談しながらプロジェクトを進めることができますので、新しいことに挑戦する不安からいくばくか解放されるはずです。
もちろん、動画を自分や身内に作ってもらうという方法もあります。そんな時はこちらの記事も是非参考にされてみてはいかがでしょうか?

クラウドファンディングを成功に導く動画制作のコツ

YouTubeはSEO対策にバッチリという話

YouTubeがSEO対策に良い結果をもたらしている、との噂を聞きました。

そういえば、私は Vimeo を利用することが多いのですが、色んな方に何故 YouTube にしないのか?と聞かれた経験があります。その時は「 YouTube だと広告が鬱陶しいからサイトに動画を貼るなら Vimeo のほうが良いのではないか?映像の美しさも Vimeo のほうが優れているし」と答えていました。でも YouTube って実は使い方次第で Google 検索の上位に上がってくるし、動画広告サービスにも連動できるし、ビジネス活用の視点で考えてみると有効な点が多いようです。

そこで、本当に YouTube はSEO的に良いのかどうか調べてみました。

“YouTubeはSEO対策にバッチリという話” の続きを読む

クラウドファンディングを成功に導く動画制作のコツ

クラウドファンディングのことをご存じでしょうか?

クラウドファンディング英語:crowd funding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。[1][2] ソーシャルファンディングとも呼ばれる。[3] クラウドファンディングは防災市民ジャーナリズム、ファンによるアーティストの支援、政治運動、ベンチャー企業への出資 [4] 、映画 [5] 、フリーソフトウェアの開発、発明品の開発、科学研究 [6] 、個人・事業会社・プロジェクトへの貸付など、幅広い分野への出資に活用されている。(wikipediaより抜粋)

つまりインターネットを利用して出資を募るサービスですね。crowdsourcing.orgが発表したクラウドファンディングインダストリーレポートによれば、2011年の世界におけるクラウドファンディング市場規模は約1,200億円。さらに2012年は約2,200億円、2013年は5,100億円、2014年は1兆4000億円になると予測しています。海外ではkickstarterという有名なサイトがありますが、日本国内にもcampfireやreadyfor?がメジャーなクラウドファンディングサイトとして知られています。

実のところ国内でクラウドファンディングサービスが活性化するのはもう少し先かもしれませんが、何か大きな話題が生まれるなどのきっかけさえあればあっという間に広がる可能性は充分に秘めています。もしかしたら行政がおこなっている補助金のシステムを使わなくてもあっという間に資金調達が可能になるかもしれません。

さて、そのクラウドファンディングには動画が欠かせない、というお話しです。

なぜなら、動画があることでプロジェクトの内容や主催者の熱い思い、親近感やイメージが伝わりやすくなるからです。文字や写真だけでなく動画や音声が含まれれば伝わる内容が豊かになるのは至極当然といえば当然のことかもしれません。kicstaterによれば、動画あるプロジェクトの成功率は50%、動画がない場合は30%なのだそうです。動画があるだけで20%も成功率が上がるのならば作らない手はありません。どうしても動画をプロが制作できない場合でもiPhoneで動画をアップすればそれだけで成功率は上がりそうな気がします。そこで以下にクラウドファンディングを成功に導くための動画制作のコツを記しておきたいと思います。

“クラウドファンディングを成功に導く動画制作のコツ” の続きを読む

ウェブ動画広告市場が熱くなりつつある

韓国の中央日報によれば、韓国ではウェブ動画広告が随分盛んであるという。例えばソーシャルコマースのウィメプは業界3位でしたが、ウェブ動画を配信後、同業サイトの中でアクセス数、売上共にトップになったそうです。下着メーカーのビビアンはテレビCMとウェブ動画では演出方法をがらりと変え、ウェブで話題になるように工夫をしています。
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2014年 03月号 [雑誌]より抜粋)

日本でもウェブ動画広告は少しづつ認知されつつあります。「動画広告の種類と活用方法 ~はじめての動画広告から学んだ成功のポイント~」によれば、ある企業が動画広告配信をスタートしたところ、数十万PV/日だったのが数百万PV/日にまで伸びたというのです。2016年には米国でのウェブ動画広告市場は90億ドルを超えるという予想もあり、今後ますます注目度が高くなると思われます。
その理由は、

“ウェブ動画広告市場が熱くなりつつある” の続きを読む

企業CIのデザインなど

CI021

もともとは企業CIをデザインする業種ではありませんが、番組で様々なロゴをデザインする機会はありました。

なので、決して素人というわけではありません。

そんなわけで、現在CIデザインをしております。本格的にやろうとすると大手さんならウン千万の予算をかけてするのでしょうが、私の場合そんなことなどできません。これまでのお付き合いの中でいただいたお話しですのでかなりお値打ちに提案をさせていただいております。
とはいうものの、やはり会社のブランドイメージ関わることですから妥協はできませんので、私もクライアントのリクエストにはなるべく応える形でいくつでもロゴイメージの提案をさせていただいております。

現在半年ほどかけてある企業さんのCIを手がけておりますが、現在はいくつも出したロゴの候補をひとつに絞り、いよいよ最終的な詰めをしようかという段階に入りました。

こだわればこだわるほど決めるのが難しくなるCIですが、最終的にはやはり社長の決断がものを言いますね。特に中小企業ではそうなります。