THETA S で色々撮影してわかったこと

RICOH THETA S を購入しました。
ts_1

THETA S は360°全てを静止画と動画に記録する全く新しいカメラです。WEBとの親和性が高く、テレビでは再現できないカメラですので、我々映像業界の人間にとっては敷居の高い機材に見えますが、一方でその可能性はかなり高そうです。

例えば、企業向けの映像で工場見学や社内ツアーにはこうした360°の映像が極めて有効かと思います。

尚古荘にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

例えば、バーチャルな体験をしてもらうことで企業の雰囲気を掴んでもらうことができればかなりメリットがあると感じます。工場内の雰囲気は「行ってみないとわからない」ことが数多くありますが、それはすなわち「空気感」というものではないでしょうか?それを再現するのがこのカメラです。

尚古荘(西尾市)にて。紅葉が美しい時期ですね。 – Spherical Image – RICOH THETA

 面白いのは360°の映像を撮影するだけではなく、最新のスマホと連動することでバーチャルな空間を作り出すことができるということ。スマホと組み合わせることによって、360°映像があたかも自分が見ているかのような疑似体験を得ることが可能になるのです。 これは体験してみないと分かりづらいかもしれませんが、かなりの割合で驚く人が多いと思います。体験者の一人は、 「愛知万博でこれあったら、大行列間違いなしだったよ!絶対!」 と言っておりました(笑)

西尾市幡豆町の弘法山山頂からの眺め。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山麓にあるイチョウの木の下で。 – Spherical Image – RICOH THETA

今後このTHETAを使った新しい広報宣伝活動がきっと注目されるのではないかと思っています。ただ、これはテレビ業界の人たちにとっては「後回し」的なツールです。なにせ、テレビでは活用しずらい機材だからです。
ですから、テレビ業界とは関係のない映像コンテンツを制作する人たちから盛り上げていく機材となります。もしかしたら映像メディアをテレビ業界が牽引する時代に終わりを告げるのかもしれません。

OSMOの登場にも随分と驚きましたが、どちらがゲームチェンジャーになりうるか考えた場合、THETAの方が圧倒的に可能性が高いと思います。RICOHはスゴイです。

ただし、撮影にはコツが必要です。とりあえず、カメラ意外にも一脚と三脚はあったほうが良いでしょう。用途によっては吸盤付きのカメラマウントがあると良いです。

「センスがいい」とはどういうことか?

センスがいい人っていますよね?

その人は何故センスがいいんでしょうか?
センスとは先天的なものなのでしょうか?特別な才能なのでしょうか?
はたまた努力すれば手に入るものなのでしょうか?

自分に関して申し上げれば、決してセンスがいいとは思っていません。なのでセンスのいい人に対して大変あこがれがあります。嫉妬もあるでしょう。できれば「センス」とは先天的な、特別な才能、ではないと思いたい(笑) できれば自分も手に入れたいとどこかで考えているわけです。
そこで、最近話題になっている本があったので読んでみました。

「センスは知識からはじまる」(著・水野学)

センスを良くするためには「知識」が必要と著者の水野さんは申しております。なんとも嬉しいお言葉ではりませんか!本の帯には

センスってこんなにわかりやすくて論理的で、面白いものだったんだ。もう、早く教えてよ、水野さんったら。 —阿川佐和子

とある。おぉ、なるほど!これは面白そうではありませんか!

著者によれば、

  • センスとは数値化できない事象を最適化することである
  • そのためには「普通を知ること」が必要
  • センスとは知識の集積である
  • イノベーションは知識と知識の掛け合わせである
  • センスとは知識に基づく予測である
  • 客観情報の集積がその人のセンスを決定する
  • 「感覚的に、これがいいと思うんです」は禁句

とまぁ、センスを良くするためにはまずは知識を得なさいと仰ってます。確かになるほどそうかもしれません。本の中にもありましたが、例えばある会社のロゴを考えるとき、フォントはどうやって決定していますか?まさか「なんとなくイメージに合いそう」なんて曖昧な気持ちで決めてないですよね?という話がありました。何故かというとフォントにはそれぞれ背景や歴史があってデザインには意味があるからそこまで考えて決めなければならないというのです。

なるほど。知っているのと知らないのではまず説得力が違いますし、その上でデザインしたりできればどんどんセンスアップしそうな気がしますね。よし知識だ!

しかし、ちょっと待ってください。私には少し疑問が残ります。

leonardo-da-vinci

例えば昔の人たちって今と比べて知識量は確実に少ないですよね?では昔の人はセンスがなかったと言えるんでしょうか?そんなことありませんね。ダヴィンチを超えるセンスを持った人がこれまでに何人もいましたか?そんなことありませんよね。ダヴィンチは我々よりも知識を持っていたのでしょうか?そんなことありませんよね。少し水野説が揺らいできました。

鹿児島にある障がい者支援施設しょうぶ学園はどう説明したら良いのでしょうか?

【予告】so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の from MotionVisualJapan on Vimeo.

知的障がいを持つ利用者さんが創造する作品群は圧倒的なセンスでもって我々見るものに語りかけてきます。知的な障がいを持っている人が水野さんのいわれるような知識を得ているとはとても思えません。無目的的に作品作りに没頭し、出来上がったものに対する執着がない彼ら彼女らの作品はめちゃくちゃにセンスがいいのです。

結局「センスがいい」ってどういうことなのでしょうか?

もしかしたら、どちらの方向も正解で、中途半端な立ち位置なのがセンスないってことなのでしょうか?なかには「センス」という言葉のとらえ方が人によって違う、という方もいらっしゃるかもしれませんので念のため辞書で調べておきましょう。

 物事の感じや味わいを微妙な点まで悟る働き。感覚。また、それが具体的に表現されたもの。「文学的な―がある」「―のよくない服装」「バッティング―」
 判断力。思慮。良識。「社会人としての―を問われる」(goo辞書より)
んんんんん。ますますわからなくなっちゃった。私は物事を理解するセンスがないんでしょうか?

クラウドファンディング成功の秘訣は?

 

クラウドファンディングが徐々に浸透し始めています。実際、

クラウドファンディング市場がこれから活性化するプラットフォームの一つであることに異議を唱える人は少なくなったことだろう。crowdsourcing.orgが発表したクラウドファンディングインダストリーレポートによれば、2011年の世界におけるクラウドファンディング市場規模は約1,200億円であるとして、ここから2012年は約2,200億円、2013年は5,100億円、2014年は1兆4000億円になると予測している。(startup.jpn.comより)

これは世界市場の話ですが、国内でも2015年には35億円市場になると予想されていて大変注目を集めています。

出典:visualizing.info
出典:visualizing.info

まぁ、35億円というと国内の植毛市場よりは小さい規模なのでまだまだといえばそうなのかもしれませんが、伸び率が大変高いので数年後には数百億円規模に膨らむかもしれません。

さて、そんな注目市場のクラウドファンディングですがエントリーする際に意外と甘く見られがちなのが動画かもしれません。ところが、

海外のクラウドファンディングサイトの事例では、動画があるプロジェクトとないプロジェクトでは支援額に3倍もの違いがあります。
目標金額を達成することが第1のスタートですが、もしあなたが目標額を越えて200%、300%とたくさんの支援を集めるようなビッグプロジェクトを目指すのであれば、動画は時間をかけて準備しましょう。
動画は作品、プロダクトや過去の映像でも構いません。そこに、あなたが出演してプレゼンすることで、グッと見ている人の心をつかめることでしょう。

動画構成の例は下記です。

  • 自己紹介
  • プロジェクトをやろうと思った背景
  • 具体的になぜ資金が必要なのか?その資金がどう使われるのか?
  • 支援のお願いとリターンの説明
  • Thank you!

動画の再生時間は3分程度が平均的です。
動画であなたの実現したいことや夢ばかりを語っても、友人や身内以外の共感を呼ぶことは非常に難しいででしょう。「支援してほしい」という気持ちと「支援してくれたら◯◯をお返しする」という訴求はとても効果的です。
CAMPFIREでは過去に、動画が約3万回も再生されたプロジェクトがあります。

もし映像の撮影や編集に自信がない人は、動画制作に詳しい友人や知人に手伝ってもらうと良いでしょう。(CAMPFIREより)

いかがでしょうか?ここまで言われては動画はなくてはならない役割を担っていると考えた方が良さそうです。実際に先月クラウドファンディングに挑戦された株式会社CICの内田さんは弊社に動画制作をご依頼いただき見事にプロジェクトはサクセスされましたが、やはり成功の理由に動画は欠かせないと話していらっしゃいました。

内田さんによれば今回の挑戦で苦労された点は、

「告知です。例え、いいプロジェクトでも知ってもらわなければ、ご支援のしようがないので。特にうちの場合、SNSをほとんどやっていなかったので、告知・拡散に苦労しております。」

逆にやって良かった点は、

「やってよかったことは、株式会社モーション・ビジュアル・ジャパンさんのように応援して下さる方がいたことです。ビデオ制作からご支援、またFacebookやブログなど助けていただき、本当にありがとうございました。
うちの商品を買ったことがあって今回応援してくださった方、今回はじめてうちの商品を知って応援してくださった方、いろいろいらっしゃいますが、応援して下さる方の存在を知り、交流することができとてもよかったです。仮にサクセスしなくてもこの経験は良かったと思えました。
なんだか手前味噌になりました。スミマセン。しかし、そうはいってもクラウドファンディングに欠かせない動画はやはりクラウドファンディングに精通したプロが制作したほうが心強いと言えると思うのです。いろいろと動画以外のことも相談しながらプロジェクトを進めることができますので、新しいことに挑戦する不安からいくばくか解放されるはずです。
もちろん、動画を自分や身内に作ってもらうという方法もあります。そんな時はこちらの記事も是非参考にされてみてはいかがでしょうか?

クラウドファンディングを成功に導く動画制作のコツ

YouTubeはSEO対策にバッチリという話

YouTubeがSEO対策に良い結果をもたらしている、との噂を聞きました。

そういえば、私は Vimeo を利用することが多いのですが、色んな方に何故 YouTube にしないのか?と聞かれた経験があります。その時は「 YouTube だと広告が鬱陶しいからサイトに動画を貼るなら Vimeo のほうが良いのではないか?映像の美しさも Vimeo のほうが優れているし」と答えていました。でも YouTube って実は使い方次第で Google 検索の上位に上がってくるし、動画広告サービスにも連動できるし、ビジネス活用の視点で考えてみると有効な点が多いようです。

そこで、本当に YouTube はSEO的に良いのかどうか調べてみました。

“YouTubeはSEO対策にバッチリという話” の続きを読む

クラウドファンディングを成功に導く動画制作のコツ

クラウドファンディングのことをご存じでしょうか?

クラウドファンディング英語:crowd funding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。[1][2] ソーシャルファンディングとも呼ばれる。[3] クラウドファンディングは防災市民ジャーナリズム、ファンによるアーティストの支援、政治運動、ベンチャー企業への出資 [4] 、映画 [5] 、フリーソフトウェアの開発、発明品の開発、科学研究 [6] 、個人・事業会社・プロジェクトへの貸付など、幅広い分野への出資に活用されている。(wikipediaより抜粋)

つまりインターネットを利用して出資を募るサービスですね。crowdsourcing.orgが発表したクラウドファンディングインダストリーレポートによれば、2011年の世界におけるクラウドファンディング市場規模は約1,200億円。さらに2012年は約2,200億円、2013年は5,100億円、2014年は1兆4000億円になると予測しています。海外ではkickstarterという有名なサイトがありますが、日本国内にもcampfireやreadyfor?がメジャーなクラウドファンディングサイトとして知られています。

実のところ国内でクラウドファンディングサービスが活性化するのはもう少し先かもしれませんが、何か大きな話題が生まれるなどのきっかけさえあればあっという間に広がる可能性は充分に秘めています。もしかしたら行政がおこなっている補助金のシステムを使わなくてもあっという間に資金調達が可能になるかもしれません。

さて、そのクラウドファンディングには動画が欠かせない、というお話しです。

なぜなら、動画があることでプロジェクトの内容や主催者の熱い思い、親近感やイメージが伝わりやすくなるからです。文字や写真だけでなく動画や音声が含まれれば伝わる内容が豊かになるのは至極当然といえば当然のことかもしれません。kicstaterによれば、動画あるプロジェクトの成功率は50%、動画がない場合は30%なのだそうです。動画があるだけで20%も成功率が上がるのならば作らない手はありません。どうしても動画をプロが制作できない場合でもiPhoneで動画をアップすればそれだけで成功率は上がりそうな気がします。そこで以下にクラウドファンディングを成功に導くための動画制作のコツを記しておきたいと思います。

“クラウドファンディングを成功に導く動画制作のコツ” の続きを読む

映画館(ミニシアター)の未来について考えてみた

映画という芸術文化は大衆で共有することでより花開く、と信じています。

映画館しかし現在の映画館興行は決して華やかではないし、田舎の映画館は潰れていく一方。

一時シネコンが盛り返したモノのやはりどこかでシネコンではかからない映画を求めています。シネコンで上映される映画はあくまで商業主義的なものであって文化的な色合いが薄いのです。

私自身学生の頃から映画にハマり色々な作品を見てきましたが、心に残る作品とはやはりエンターテイメント的でないものも必要です。ハリウッド大作は必要ないとは申しません。けれど、人生に深みを持たせてくれる映画に出会うためには(つまり人によって感動する作品も違う様に)世界中の様々な作品に出会って欲しいと思うのです。それは家の中で一人で見るというような内向的なものではなくやはり映画館で見て欲しいのです。

では一体どんな映画館(ミニシアター)がこれからの社会には必要となってくるのでしょうか?

どんな映画館があれば人を惹きつけることができるのでしょうか?ワクワクする映画館ってどんな映画館なのでしょうか?

ドゥマゴもちろんどんな映画館でも良いのかというと、そうではありません。個人的には映画館はもっとサロン的であって欲しいと思います。カフェがあってレストランがあって、たまには映画でなく演劇やライブ興行もする、そんな『文化芸術のたまり場』的なスペース。フランスのカフェ「ドゥ・マゴ」のような、とまではいかなくともそれっぽい場所があったらどんなにか素晴らしいでしょう。

それこそが文化の香りのする町というものです。なので、そんな映画館でありつつも現代人がワクワクするような仕掛けがないものか調べてみました。

 

まず、一冊の本をご紹介せねばなりません。

「映画館(ミニシアター)のつくり方」という本です。これは雑誌「映画芸術」に連載されていた「映画館通信」をまとめたもので、実際は映画館の作り方というよりは、全国のミニシアターがどのようにユニークな経営をされているのか、を知るのに大変勉強になる内容となっています。もちろん、映画館を作る上で参考になることも多数あります。例えば、
“映画館(ミニシアター)の未来について考えてみた” の続きを読む

ウェブ動画広告市場が熱くなりつつある

韓国の中央日報によれば、韓国ではウェブ動画広告が随分盛んであるという。例えばソーシャルコマースのウィメプは業界3位でしたが、ウェブ動画を配信後、同業サイトの中でアクセス数、売上共にトップになったそうです。下着メーカーのビビアンはテレビCMとウェブ動画では演出方法をがらりと変え、ウェブで話題になるように工夫をしています。
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2014年 03月号 [雑誌]より抜粋)

日本でもウェブ動画広告は少しづつ認知されつつあります。「動画広告の種類と活用方法 ~はじめての動画広告から学んだ成功のポイント~」によれば、ある企業が動画広告配信をスタートしたところ、数十万PV/日だったのが数百万PV/日にまで伸びたというのです。2016年には米国でのウェブ動画広告市場は90億ドルを超えるという予想もあり、今後ますます注目度が高くなると思われます。
その理由は、

“ウェブ動画広告市場が熱くなりつつある” の続きを読む

新聞に掲載していただきました。

岩瀬文庫の蔵書を1本3分にまとめたハイビジョン映像の無料配信サイト「岩瀬文庫の世界」試験運用に合わせて取材していただきました。
aisan20110303
サイトではハイビジョン映像できめ細やかに蔵書を映像化し、学芸員による解説を添えて蔵書をご案内します。現在、ベータ版を下記アドレスにて公開中。英訳も同時掲載。
内容:「百万塔/無垢浄光経自心印陀羅尼」「西尾八景」「万花帖」「江戸名所花暦」「金生樹譜」「宇治茶御用道中図景」(随時更新します)
http://iwasebunko.com “新聞に掲載していただきました。” の続きを読む

USTREAM Producerから音が出ない!

話題のUSTREAMも孫さんのおかげで日本語化したことだし、いよいよ日本人一人に一放送局時代が到来!ということでUSTREAMで登録を済まし、適当に繋いで遊んでいたところ回りから「教えて欲しい」という話をいただき、ちゃんとテストしてみました。実のところ設定も簡単だからすぐにできるだろうとたかを括っていたらさにあらず。意外な所で落とし穴が、、、。それが、今回の御題、「USTREAM Producer から音が出ない!」です。

せっかく生放送するのならば、USTREAM Producerをダウンロードして試してみようということになりました。これはなんなくできます。プロ版でなければ無料で使えます。 カメラは1カメ限定ですが、静止画や動画、デスクトップなど画面の切り替えはできますからとても便利です。でもテロップは使えないんですね。残念。

さて、私どもは

ustream

“USTREAM Producerから音が出ない!” の続きを読む