ブログ

映像制作のヒントになること

映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」上映決定

映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」上映決定

去年から撮影してきたドキュメンタリー映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」が完成し、上映が決定いたしました。 「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動続きを読む映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」上映決定[…]

早速InterBEE2013を振り返ってみました

早速InterBEE2013を振り返ってみました

IMG_0001

今年のinterbeeを一言で表すと「面白味の薄い内容だった」となってしまいます。残念ながら。

私のような弱小プロダクションにとって一番の嬉しい情報は「知らなかった革新的でお値打ちなツールを見つけること」に他なりません。しかし、今年はそれほど革新的な製品を見つけることはできず、驚きに出会うことは少なかったように思います。ま、想像の範囲内とでも申しましょうか(^_^)
とはいえ収穫ゼロということもありませんし、毎年interbeeに顔を出すことはこの先しばらくの業界動向を肌で感じるには大変重要な場所であることは変わりありません。

今年はやはり4Kへの展望を示す空気感が会場全体を覆っていた印象が強いです。これから総務省のガイドラインに沿って8Kまで数年で構築することを思えば至極当然なのかもしれません。キャノンの4Kモニターやアストロの8Kビジョン、その他撮影機材やポスプロ周辺にも高解像度ハードの開発に賭ける熱いものが伝わってきます。でも、ウチのような規模のプロダクションにとってはそれもまだまだ導入すべき事案ではありません。8Kまでの道のりが決まっているのならさっさと8Kカメラやその周辺機器、ポスプロに至るまで柔軟なラインナップが揃ってくれないと投資なんて恐ろしくてできません。まだ数年は様子見が続くことでしょう。 続きを読む 紹介早速InterBEE2013を振り返ってみました

USTREAM配信「発信!本のまち にしお」

USTREAM配信「発信!本のまち にしお」

西尾市文化振興課プレゼンツにてUSTREAM配信番組を放送しました。 番組はまつりの会場から午前と午後の2回にわけた2部構成。「発信!本のまち にしお」というお題で様々なゲストをお招きして「私の一冊」をテーマにお話しをお続きを読むUSTREAM配信「発信!本のまち にしお」[…]

USTREAM配信事業in西尾市

USTREAM配信事業in西尾市

全国でもそれほど例がないと思いますが、愛知県西尾市文化振興課主催でUSTREAM討論番組の配信が行われました。少しでも西尾市のことを知っていただくために内外に向けて発信したもので、「西尾市は魅力ある町なのか?」をテーマに2時間の討論を2部制で放送。ソーシャルストリームを利用しながらの放送に戸惑いを持ちながらも無事放送を終えることができました。

西尾の宝を市内36小中学校に寄贈

西尾の宝を市内36小中学校に寄贈

4月25日(水)、西尾市役所教育長室を訪ね、今月初めにリリースした「岩瀬文庫の世界 vol.1」DVDを浅岡文雄西尾市教育長に手渡してきました。DVDは市内36の小中学校と図書館に寄贈。地域学習教材として活用して欲しい旨を報告してきました。

「un día con Aleida ~un documental de Aleida Guevara」特別上映会&ライブ!

「un día con Aleida ~un documental de Aleida Guevara」特別上映会&ライブ!

チェ・ゲバラの娘、アレイダ・ゲバラの緊急来日講演の様子を収めたショート・ドキュメンタリー「un día con Aleida ~un documental de Aleida Guevara」を上映いたします。映像は愛知県西尾市出身の映像作家・柵木志が担当。7月23日に開催された名古屋市立大学病院や、ウィルあいちでの講演の様子を収めています。アレイダの力強いメッセージが再びあなたの心に訴えかけることでしょう。

アレイダ・ゲバラ緊急来日講演

アレイダ・ゲバラ緊急来日講演

今回、第一回目のゲストとして、1960年のキューバ革命における伝説的な英雄「チェ・ゲバラ」の娘でありキューバ親善大使の「アレイダ・ゲバラ」氏を迎えます。世界に広く知られるチェ・ゲバラ、そして娘から見た姿や彼の想いを通して、アレイダ氏が考えるこれからの開かれた世界を築く人々のあり方についてのメッセージを伝えます。
「未曾有の震災や原発の事故にによる被害で不安に立たされた日本の人々へメッセージを届けたい!」とのアレイダ氏の強い願いで実現したこの貴重な機会を是非、体験してください。