THETA S で色々撮影してわかったこと

RICOH THETA S を購入しました。
ts_1

THETA S は360°全てを静止画と動画に記録する全く新しいカメラです。WEBとの親和性が高く、テレビでは再現できないカメラですので、我々映像業界の人間にとっては敷居の高い機材に見えますが、一方でその可能性はかなり高そうです。

例えば、企業向けの映像で工場見学や社内ツアーにはこうした360°の映像が極めて有効かと思います。

尚古荘にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

例えば、バーチャルな体験をしてもらうことで企業の雰囲気を掴んでもらうことができればかなりメリットがあると感じます。工場内の雰囲気は「行ってみないとわからない」ことが数多くありますが、それはすなわち「空気感」というものではないでしょうか?それを再現するのがこのカメラです。

尚古荘(西尾市)にて。紅葉が美しい時期ですね。 – Spherical Image – RICOH THETA

 面白いのは360°の映像を撮影するだけではなく、最新のスマホと連動することでバーチャルな空間を作り出すことができるということ。スマホと組み合わせることによって、360°映像があたかも自分が見ているかのような疑似体験を得ることが可能になるのです。 これは体験してみないと分かりづらいかもしれませんが、かなりの割合で驚く人が多いと思います。体験者の一人は、 「愛知万博でこれあったら、大行列間違いなしだったよ!絶対!」 と言っておりました(笑)

西尾市幡豆町の弘法山山頂からの眺め。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山麓にあるイチョウの木の下で。 – Spherical Image – RICOH THETA

今後このTHETAを使った新しい広報宣伝活動がきっと注目されるのではないかと思っています。ただ、これはテレビ業界の人たちにとっては「後回し」的なツールです。なにせ、テレビでは活用しずらい機材だからです。
ですから、テレビ業界とは関係のない映像コンテンツを制作する人たちから盛り上げていく機材となります。もしかしたら映像メディアをテレビ業界が牽引する時代に終わりを告げるのかもしれません。

OSMOの登場にも随分と驚きましたが、どちらがゲームチェンジャーになりうるか考えた場合、THETAの方が圧倒的に可能性が高いと思います。RICOHはスゴイです。

ただし、撮影にはコツが必要です。とりあえず、カメラ意外にも一脚と三脚はあったほうが良いでしょう。用途によっては吸盤付きのカメラマウントがあると良いです。

YouTubeはSEO対策にバッチリという話

YouTubeがSEO対策に良い結果をもたらしている、との噂を聞きました。

そういえば、私は Vimeo を利用することが多いのですが、色んな方に何故 YouTube にしないのか?と聞かれた経験があります。その時は「 YouTube だと広告が鬱陶しいからサイトに動画を貼るなら Vimeo のほうが良いのではないか?映像の美しさも Vimeo のほうが優れているし」と答えていました。でも YouTube って実は使い方次第で Google 検索の上位に上がってくるし、動画広告サービスにも連動できるし、ビジネス活用の視点で考えてみると有効な点が多いようです。

そこで、本当に YouTube はSEO的に良いのかどうか調べてみました。

“YouTubeはSEO対策にバッチリという話” の続きを読む

クラウドファンディングを成功に導く動画制作のコツ

クラウドファンディングのことをご存じでしょうか?

クラウドファンディング英語:crowd funding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。[1][2] ソーシャルファンディングとも呼ばれる。[3] クラウドファンディングは防災市民ジャーナリズム、ファンによるアーティストの支援、政治運動、ベンチャー企業への出資 [4] 、映画 [5] 、フリーソフトウェアの開発、発明品の開発、科学研究 [6] 、個人・事業会社・プロジェクトへの貸付など、幅広い分野への出資に活用されている。(wikipediaより抜粋)

つまりインターネットを利用して出資を募るサービスですね。crowdsourcing.orgが発表したクラウドファンディングインダストリーレポートによれば、2011年の世界におけるクラウドファンディング市場規模は約1,200億円。さらに2012年は約2,200億円、2013年は5,100億円、2014年は1兆4000億円になると予測しています。海外ではkickstarterという有名なサイトがありますが、日本国内にもcampfireやreadyfor?がメジャーなクラウドファンディングサイトとして知られています。

実のところ国内でクラウドファンディングサービスが活性化するのはもう少し先かもしれませんが、何か大きな話題が生まれるなどのきっかけさえあればあっという間に広がる可能性は充分に秘めています。もしかしたら行政がおこなっている補助金のシステムを使わなくてもあっという間に資金調達が可能になるかもしれません。

さて、そのクラウドファンディングには動画が欠かせない、というお話しです。

なぜなら、動画があることでプロジェクトの内容や主催者の熱い思い、親近感やイメージが伝わりやすくなるからです。文字や写真だけでなく動画や音声が含まれれば伝わる内容が豊かになるのは至極当然といえば当然のことかもしれません。kicstaterによれば、動画あるプロジェクトの成功率は50%、動画がない場合は30%なのだそうです。動画があるだけで20%も成功率が上がるのならば作らない手はありません。どうしても動画をプロが制作できない場合でもiPhoneで動画をアップすればそれだけで成功率は上がりそうな気がします。そこで以下にクラウドファンディングを成功に導くための動画制作のコツを記しておきたいと思います。

“クラウドファンディングを成功に導く動画制作のコツ” の続きを読む

モーターで動くから動き滑らか!5DmkiiなどのDSLRに良さそうなスライダーが登場

edelkrone から新製品であるv2がリリースされました。マイナーチェンジともいえる今回のリリースですが、実は旧バージョンでモーションコントロールが追加される予定だったはずがv2での対応となりまして、個人的には旧バージョンにてモーションコントロールを心待ちをしておりましたのでv2が登場して実は落胆したのです。要するに「またスライダー買わないといけないわけ!?」と言いたかったわけです。

ところが、念のためカスタマーサービスに連絡をしてみると(英語のみ対応なので面倒くさかったのですが)、なんと無償でv2に交換するプログラムがあるとのこと!嬉しくなってついv2とモーションコントローラー、ターゲット・コントロールをお買い上げしたのです。モーションコントローラーは wizard module というスライダーを移動させるモーター制御マシン。ターゲット・コントロールは target module というスライダーと連動した撮影目標物を追随できるマシンであります。

なんといっても、この二種を使用することでこれまでのように「あ、動きがぎこちなかった!」とか考えなくてもよくなりますし、何度も同じスピードで同じ動きをするわけなので合成もやろうと思えばできてしまうのです。これは凄いことですね。
“モーターで動くから動き滑らか!5DmkiiなどのDSLRに良さそうなスライダーが登場” の続きを読む

しょうぶ学園ドキュメンタリー映画『so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の』上映会


謎に包まれたタイトルがご好評いただいている(笑)ドキュメンタリー映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」が、3月16日(日)ギャルリ百草さんとの共催で『ギャルリ百草 x I have a dream プレゼンツ 映画上映会「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」&対談「福森伸 x 大橋歩 x 安藤雅信」』として開催され、会場は大変な熱気に包まれました。 “しょうぶ学園ドキュメンタリー映画『so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の』上映会” の続きを読む

映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」上映決定

去年から撮影してきたドキュメンタリー映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」が完成し、上映が決定いたしました。

「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」公式ホームページ

so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の

ギャルリ百草 x I have a dream プレゼンツ
映画上映会「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」&対談「福森伸 x 大橋歩 x 安藤雅信」

日時:平成26年3月16日(日)
場所:東栄公民館(岐阜県多治見市)
入場料:¥1,500-
開場:13:00
開演:14:00 ※終了予定17:00
□百草にて「しょうぶ学園展」3月8日(土)~23日(日)11:00~18:00 会期中無休
チケット予約・お問合せ ○shop22/052-932-2092 ○ぎゃるりももぐさ/http://www.momogusa.jp/

【予告】so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の from MotionVisualJapan on Vimeo.

ー それは無意識の中にある、夢想であり、純粋な創造物の物語。
so:but=[and] そのように。そんな具合に。:しかし。だけれども。
創造した事をカタチにしていく、という行為は
想像し、予想して、めぐらし、意図する、が伴う。
過剰に足して、過剰に引く。
[および。そして] 夢想だったカタチは確かなカタチとして現れる。
そして、相変わらずの
1.2.3.4

「so : but (and) = 1.2.3.4」は、しょうぶ学園の創作活動のひとつである音パフォーマンス集団「otto & orabu」をフィルターとして、純粋さに対する意識の変容について描いたドキュメンタリー映画である。

A documentary film about Otto&Orabu of Shobu gakuen in Kagoshima, Japan. Showing their struggle about doing music performance without conscience like mentally handicapped person.

 

Hawaii オアフ島を1時間でドライブ!

オアフ島を1時間でドライブするビデオをアップしました。期間限定になるかもしれませんが、よろしければご覧ください。ハワイ好きならたまらない映像だと思います。

MVJヘリ空撮部始動!

今年度から業務開始を予定している空撮部門ですが、いよいよテストフライト開始いたしました!
MVJ's Octocptor test flight
秘かに進めていたマルチローターヘリコプター(オクトエックス型)の開発が終了し、現在はテストフライトを重ねているところです。徐々に映像などもアップしていきたいと思います。このヘリにより、空撮映像を比較的安価にて提供できるようになります。
搭載カメラはCanon 5Dmkii。撮影しながらチルト操作も可能。GPS・ジャイロ・気圧高度計搭載で大変安定した飛行を実現しています。世界的に見てもここまで安定飛行できるマシンは他に類を見ないのではないでしょうか。これまで熟練操縦士のみ許されてきた感のあるラジコンヘリの空撮ですが、この機体でしたら初心者でも少ない練習時間で習熟することが可能となります。しかも国内にて開発・生産を行っていきますのでアフターメンテ等も海外製品に比べて安心です。将来的には機体販売も視野に入れて今後の開発を進めていきたいと思います。

映画、ドラマ、CM、VP、PVなど映像表現の場で多大なる魅力を発揮するのが空撮です。しかもラジコンヘリなら目線の高さから上空数十メートルへと一気に上がっていくような映像や、建物内部からのドリーショットから建物外部〜上空へと1カットで撮影することも可能となります。ステディカム、ドリー、クレーン、ヘリまでカバーするラジコンヘリ空撮でハイレベルな映像を実現しましょう。

テストフライト期間については無償で撮影お引き受けします。ただし、スケジュール等こちらの都合でお引き受けするかどうかは判断させていただきます。人の近くや上空での撮影もしくはこちらで危険と判断するような映像についてはお断りすることもあります。遠方の場合実費ご負担いただく場合もございますので、まずはご相談ください。

webドラマ「English teachers」技術協力

englishteachers

名古屋市で制作が進んでいるwebドラマ「english teachers」に技術協力として参加することが決まりました。これは映画製作会社のnamelessfilmsが制作するもので、日本ではまだあまりなじみのないインターネット・ドラマのシリーズとして制作されます。舞台は日本にある英語語学学校。今月末から市内某所にてシーズン1の撮影が始まります。