THETA S で色々撮影してわかったこと

RICOH THETA S を購入しました。
ts_1

THETA S は360°全てを静止画と動画に記録する全く新しいカメラです。WEBとの親和性が高く、テレビでは再現できないカメラですので、我々映像業界の人間にとっては敷居の高い機材に見えますが、一方でその可能性はかなり高そうです。

例えば、企業向けの映像で工場見学や社内ツアーにはこうした360°の映像が極めて有効かと思います。

尚古荘にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

例えば、バーチャルな体験をしてもらうことで企業の雰囲気を掴んでもらうことができればかなりメリットがあると感じます。工場内の雰囲気は「行ってみないとわからない」ことが数多くありますが、それはすなわち「空気感」というものではないでしょうか?それを再現するのがこのカメラです。

尚古荘(西尾市)にて。紅葉が美しい時期ですね。 – Spherical Image – RICOH THETA

 面白いのは360°の映像を撮影するだけではなく、最新のスマホと連動することでバーチャルな空間を作り出すことができるということ。スマホと組み合わせることによって、360°映像があたかも自分が見ているかのような疑似体験を得ることが可能になるのです。 これは体験してみないと分かりづらいかもしれませんが、かなりの割合で驚く人が多いと思います。体験者の一人は、 「愛知万博でこれあったら、大行列間違いなしだったよ!絶対!」 と言っておりました(笑)

西尾市幡豆町の弘法山山頂からの眺め。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山にて。 – Spherical Image – RICOH THETA

西尾市幡豆町の弘法山麓にあるイチョウの木の下で。 – Spherical Image – RICOH THETA

今後このTHETAを使った新しい広報宣伝活動がきっと注目されるのではないかと思っています。ただ、これはテレビ業界の人たちにとっては「後回し」的なツールです。なにせ、テレビでは活用しずらい機材だからです。
ですから、テレビ業界とは関係のない映像コンテンツを制作する人たちから盛り上げていく機材となります。もしかしたら映像メディアをテレビ業界が牽引する時代に終わりを告げるのかもしれません。

OSMOの登場にも随分と驚きましたが、どちらがゲームチェンジャーになりうるか考えた場合、THETAの方が圧倒的に可能性が高いと思います。RICOHはスゴイです。

ただし、撮影にはコツが必要です。とりあえず、カメラ意外にも一脚と三脚はあったほうが良いでしょう。用途によっては吸盤付きのカメラマウントがあると良いです。

「東海の肖像〜饗庭塩と伊那街道」

 歴史ロマン溢れる番組を制作いたしました。吉良から飯田まで舟と馬で物資輸送した塩の道をペン画家の柄澤照文さんが訪ねます。柄澤さんは塩の道に魅せられ30年以上に渡り画を描き続けていて、現在は江戸時代の塩の道をテーマに屏風制作をされています。その圧倒的な柄澤さんの作品もさることながら、そのお人柄も大変魅力的な方です。是非ご覧ください。
CATVキャッチネットワークにて4月26日(金)午後7時より放送です。【30分/ステレオ/HD】

東海の肖像 「塩の道をゆく〜饗庭塩と伊那街道」告知 from MotionVisualJapan on Vimeo.

USTREAM配信「発信!本のまち にしお」

西尾市文化振興課プレゼンツにてUSTREAM配信番組を放送しました。
番組はまつりの会場から午前と午後の2回にわけた2部構成。「発信!本のまち にしお」というお題で様々なゲストをお招きして「私の一冊」をテーマにお話しをお聞きしました。ゲストには西尾市長も登場。番組を大いに盛り上げていただきました。


Video streaming by Ustream


Video streaming by Ustream

西三河の肖像「剣道のまち 西尾」

平成24年11月2日(金)午後7時〜
キャッチネットワークにて「西三河の肖像・剣道のまち 西尾」が放送されます。「西三河の肖像」は、わたしたちのふるさと・西三河の歴史・文化・自然を丹念に綴る番組です。地域の過去・現在・未来の肖像を描きます。

今回は江戸時代から今にいたるまで続く西尾剣道の歴史について取り上げます。市内の小学校に当たり前のようにある剣道部。その裏には活動を支えるため、学校や地域住民の努力がありました。江戸時代には剣術家が集う地域として有名だった西尾と剣道の深い関わりが明らかになります。

詳しくはこちらでもどうぞ。
http://www.katch.co.jp/community/pg_culture/index.html#10

<12ch放送日時>
初回放送 毎週金曜 19:00 (30分番組)
土曜 22:30
日曜 10:30
火曜 12:30

「三河地産専門 たべりん堂」#10


好評放送中!地元ケーブルテレビ・キャッチネットワークにて地産地消にこだわった料理番組「三河地産専門 たべりん堂」。旬の地産食材を地元料理人が家庭でも楽しめる逸品に調理します。
番組では毎回地元有名店の料理人が交代で登場し、地元の旬の食材を求めて生産者の元へ向かいます。マルチカメラによるライブ感たっぷりの映像で、しかもテンポ良く調理が進む様子は見るだけも楽しく、もちろんご家庭でもさっそく作ってみたくなる料理ばかりです。料理は家庭でも簡単にできるよう毎回こだわります。
今回は中華の伊藤さんが作る「蒸しナスのデザート ブルーベリーソース」。まさかナスがデザートになるなんて驚きなんですが、味は折り紙付きです。

登場する料理人は全部で6名。
都築貴弘(グリルれんが亭・西尾市)
長田健太(日本料理 小伴天・碧南市)
伊藤晴信(中国菜館 桃の花・知立市)
大参信行(Restaurant Omi・高浜市)
武蔵明雄(刈谷スプーン・刈谷市)
鬼頭治隆(トラットリア彩會・安城市)
※番組登場順

放送は毎月第1土曜日更新。15分番組。

USTREAM配信事業in西尾市

全国でもそれほど例がないと思いますが、愛知県西尾市文化振興課主催でUSTREAM討論番組の配信が5月26日(土)に康全寺(西尾市満全町)で行われました。今回の配信は少しでも西尾市のことを多くの方に知っていただくために内外に向けて発信したもので、「西尾市は魅力ある町なのか?」をテーマに2時間の討論を2部制で放送。「大討論会! どうするどうなる西尾市!」とし、西尾市在住か在勤、もしくは西尾市と関わる方による討論番組として放送しました。第1部、2部共通ののテーマは「西尾市は魅力ある町なのか、を考える!」と題して討論をしていただきまました。
・第1回目放送スケジュール:2012年5月26日(土)午後3時〜5時(日本時間)
・第2回放送スケジュール:2012年5月26日(土)午後9時〜11時(日本時間)
これで行政(西尾市)も「世界発信のテレビ・チャンネル」を持つことができたわけで、意義深いことだと感じました。今後も様々な可能性を探りながら積極的に配信していくことが必要なのかもしれません。
テレビ番組でなにより大切なのは、まず視聴習慣をつけてもらうことです。より多くの方に見ていただくためにはそのチャンネルから多くの番組を発信することがまずは迫られると思います。数回放送して終わりでは結果は出ません。番組も人と同じでみんなで育てるものではないでしょうか。


Video streaming by Ustream


Video streaming by Ustream

MVJヘリ空撮部始動!

今年度から業務開始を予定している空撮部門ですが、いよいよテストフライト開始いたしました!
MVJ's Octocptor test flight
秘かに進めていたマルチローターヘリコプター(オクトエックス型)の開発が終了し、現在はテストフライトを重ねているところです。徐々に映像などもアップしていきたいと思います。このヘリにより、空撮映像を比較的安価にて提供できるようになります。
搭載カメラはCanon 5Dmkii。撮影しながらチルト操作も可能。GPS・ジャイロ・気圧高度計搭載で大変安定した飛行を実現しています。世界的に見てもここまで安定飛行できるマシンは他に類を見ないのではないでしょうか。これまで熟練操縦士のみ許されてきた感のあるラジコンヘリの空撮ですが、この機体でしたら初心者でも少ない練習時間で習熟することが可能となります。しかも国内にて開発・生産を行っていきますのでアフターメンテ等も海外製品に比べて安心です。将来的には機体販売も視野に入れて今後の開発を進めていきたいと思います。

映画、ドラマ、CM、VP、PVなど映像表現の場で多大なる魅力を発揮するのが空撮です。しかもラジコンヘリなら目線の高さから上空数十メートルへと一気に上がっていくような映像や、建物内部からのドリーショットから建物外部〜上空へと1カットで撮影することも可能となります。ステディカム、ドリー、クレーン、ヘリまでカバーするラジコンヘリ空撮でハイレベルな映像を実現しましょう。

テストフライト期間については無償で撮影お引き受けします。ただし、スケジュール等こちらの都合でお引き受けするかどうかは判断させていただきます。人の近くや上空での撮影もしくはこちらで危険と判断するような映像についてはお断りすることもあります。遠方の場合実費ご負担いただく場合もございますので、まずはご相談ください。

地産地消にこだわった料理番組「たべりん堂」


4月から地元ケーブルテレビ・キャッチネットワークにて地産地消にこだわった新しい料理番組「たべりん堂」が放送開始しました。旬の地産食材を地元料理人が家庭でも楽しめる逸品に調理することをコンセプトに好評放送中です。
番組では毎回地元有名店の料理人が交代で登場し、地元の旬の食材を求めて生産者の元へ向かいます。
例えば5月5日放送予定のたべりん堂では東幡豆アサリを求めて、グリルれんが亭の都築さんが西尾市東幡豆町にある潮干狩り場に行きアサリを収穫。すぐ近くの漁港で「東幡豆アサリのパエリア」を調理します。新鮮なアサリを使った贅沢なパエリアに地元の皆さんも驚きの表情。
マルチカメラによるライブ感たっぷりの映像で、しかもテンポ良く調理が進む様子は見るだけも楽しく、もちろんご家庭でもさっそく作ってみたくなる料理ばかりです。
料理は家庭でも簡単にできるよう毎回こだわります。今回はフライパン一つでパエリアを調理しています。

登場する料理人は全部で6名。
都築貴弘(グリルれんが亭・西尾市)
長田健太(日本料理 小伴天・碧南市)
伊藤晴信(中国菜館 桃の花・知立市)
大参信行(Restaurant Omi・高浜市)
武蔵明雄(刈谷スプーン・刈谷市)
鬼頭治隆(トラットリア彩會・安城市)
※番組登場順

放送は毎月第1土曜日更新。15分番組。

吉良饗場塩復活〜料理人たちの挑戦〜


ケーブルテレビキャッチネットワークにて平成24年1月1日(日)あさ10時から放送。キャッチネットワークは愛知県刈谷市にあるcatvです。カバーエリアは愛知県刈谷市、知立市、安城市、高浜市、碧南市、西尾市。

西尾市で料理店など経営する料理人5人で活動する、ご当地グルメ研究会のメンバー。彼らが取り組む吉良饗場塩の復活を追います。塩田で塩作りするところから始まり、古の塩の道を辿り、塩の因縁との噂もあった吉良公毎歳忌での料理献上まで密着。歴史とグルメが融合したロマン溢れるストーリーとなりました。

特別番組「にしおのひと」

ケーブルテレビ・キャッチネットワークにて放送される特別番組です。
にしおのひとポスター
「2009年7月6日、榊原西尾市長が初登庁の際「身を引き締めてがんばる」と答え庁舎に向かいました。この日を境に合併に向かった1市3町。そして2011年4月、新西尾市が誕生します。
この新しい動きはまた、先人達からの学びもあります。「西尾、吉良、幡豆、一色はもともとひとつの国だった」そうやさしく語りかけるのは、西尾を中心に活動を行っている、語りの田中ふみえさん。
番組では、新西尾市に住む様々な立場の方を取材・インタビューし、新西尾市に寄せる期待や思いを語っていただきます。登場される方は100名近く。例えば西尾市在住の画家、齊藤吾朗さん、西尾市グルメ研究会のみなさん、西尾幼稚園年長組のみなさん、佐久島小学校のみなさんなど。
そこに住む人間だからこそわかる、伝わる、新西尾市の魅力をひも解きます。と同時に、未来の西尾を担っていくたくさんの方の様々な思いを番組は繋いでいきます。5Dmkii 撮影された映像と今までにない構成で魅せる新西尾市誕生への人々の思い。どうぞご期待ください。」

55分番組
詳しい番組表は↓で確認してください。
http://www.katch.co.jp/community/pg_special/index.html#45