映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」上映決定

去年から撮影してきたドキュメンタリー映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」が完成し、上映が決定いたしました。

「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」公式ホームページ

so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の

ギャルリ百草 x I have a dream プレゼンツ
映画上映会「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」&対談「福森伸 x 大橋歩 x 安藤雅信」

日時:平成26年3月16日(日)
場所:東栄公民館(岐阜県多治見市)
入場料:¥1,500-
開場:13:00
開演:14:00 ※終了予定17:00
□百草にて「しょうぶ学園展」3月8日(土)~23日(日)11:00~18:00 会期中無休
チケット予約・お問合せ ○shop22/052-932-2092 ○ぎゃるりももぐさ/http://www.momogusa.jp/

【予告】so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の from MotionVisualJapan on Vimeo.

ー それは無意識の中にある、夢想であり、純粋な創造物の物語。
so:but=[and] そのように。そんな具合に。:しかし。だけれども。
創造した事をカタチにしていく、という行為は
想像し、予想して、めぐらし、意図する、が伴う。
過剰に足して、過剰に引く。
[および。そして] 夢想だったカタチは確かなカタチとして現れる。
そして、相変わらずの
1.2.3.4

「so : but (and) = 1.2.3.4」は、しょうぶ学園の創作活動のひとつである音パフォーマンス集団「otto & orabu」をフィルターとして、純粋さに対する意識の変容について描いたドキュメンタリー映画である。

A documentary film about Otto&Orabu of Shobu gakuen in Kagoshima, Japan. Showing their struggle about doing music performance without conscience like mentally handicapped person.

 

しょうぶ学園のこと

Shobu style03
しょうぶ学園にて撮影をしてきました。
しょうぶ学園は鹿児島市の近郊、吉野大地に位置する知的障害のある人たちの支援施設です。「工房しょうぶ」や「nui プロジェクト」「otto&orabu」などで障害を持つ人たちの工芸・現代アート芸術・音楽を中心に創造的な活動を行っています。
今回はotto&orabu名古屋公演後の皆さんの様子を撮影したくて伺いました。しょうぶ学園ではこの時期ちょうど「真夏のTシャツとうちわ展」が開催されていて1点モノのアート作品を購入することも出来ます。
shobu0731_2 021

しょうぶ学園は撮影に伺う度に新しい発見があり、学びの多い場所です。
今年中にはドキュメンタリー映画として完成させるべく制作活動中で、この映画を通して音楽集団otto&orabuが何を目指しているのか、私たちが何故彼ら彼女らに興味を持つのか、健常者とは何なのか、障害者とは誰のことなのかをじっくりと考える機会にしたいと考えています。政治、経済、地域、人間、地震、原発、常識、モラル、倫理、日常、日本、世界、地球、家族、自分…色々なことをあらためて考えさせてくれるきっかけになればいいなと思います。

映画「ヒア アフター」

hereafter

この先のクリント・イーストウッド映画は見逃すまいと「グラン・トリノ」を見て以来思い、今回も大いに期待して映画館へと向かった。イーストウッドの映画には人生が詰まっているのだ。涙を流さずにはいられないが、その涙は自分が力強く生きるための糧になる。「グラン・トリノ」はどうしようもなく悲しい映画だったし、二度と見たくない傑作映画だったが、命懸けで生きる潔さから学ぶことは多かった気がする。「インビクタス」も生きるための糧を充分に与えてくれる作品だった。未だに“ I am the master of my fate. I am the captain of my soul. ”の一説は強烈に記憶に残っている。

そして、今作「ヒア アフター」だ。 “映画「ヒア アフター」” の続きを読む

映画「トロン:レガシー」

トロン・レガシー
トロン・レガシー

見てきました。名古屋市にあるIMAX 3Dシアターまで行ってきました。率直なところ、アバターを完全に超えた作品に仕上がっていると感じました。
もともとトロンを見て感動している世代ですから思い入れもあります。ですから割と辛口に見ていたと思いますが、映像、ストーリー、サウンド、そのどれもが高いクオリティーで制作されていました。アバターよりも先にトロン:レガシーが3D公開されていれば、3Dブームももっと大きなうねりになったような気がします。
やや具体的な話をすると、光のフレアが手前でキラリと光る具合や、光の粒が浮いている感じがなんともうまく立体的に表現されています。2Dの世界から3Dに移行していくシーンではちょっとゾクゾクしました。映画を見て鳥肌が立つような感覚はものすごく久しぶりです。 アバターの時に感じた3Dの違和感はかなり払拭されていました。3D技術は日進月歩なのでこの先もどんどん技術は発達してもっともっと見やすくて迫力のある3Dになることでしょうね。
しかしこの3D技術。問題がないわけではありません。 “映画「トロン:レガシー」” の続きを読む

映画「2012」

2012
2012

映画「2012」はローランド・エメリッヒ監督の最新作。彼はパニックものや災害ものが大好きな監督ですね。映画を見る前に何度も映画館で予告編を見てからというもの「早く観たい!」という思いは強くなる一方の映画でした。
そして、今日。
ようやく待望の「2012」を観てきました。

さて、その感想は?

素晴らしい!と言ってしまいましょう。というのも多くの映画ファンは酷評をしているようで正直驚いているからです。まず、こういった類いの映画は「お祭り映画」です。体験したことのない「大災害」を映画で体験しようというテーマパーク的なノリで観なくてはなりません。真剣にストーリーラインや構成、科学的根拠など論じてはいけないと私は考えます(笑)
そのうえで、この「2012」は素晴らしい出来映えです。観たこともないリアリティーで次から次とやってくる災害に息をもつかせぬ展開は2時間40分という時間もあっという間です。

映画館でこそ楽しめる映画としてはまずうってつけではないでしょうか。トランスフォーマー・リベンジの時は正直「長い」と感じましたがこちらはさにあらず。ましてや「カムイ外伝」にいたっては、同じ値段で鑑賞する映画だとは考えたくはありません。

なんやかんやととやかく言う前に「時間を忘れて楽しめたかどうか」がとても大切な尺度だと思います。そのうえで本作品はパーフェクトに面白い映画、でした。想像を超えた映像が満載です。

ビールを飲みながらもう一回観たい。そんな映画です。

・・・しかしながら、
同時にこうした「何も考えなくとも」面白い映画の中にこそ我々に植え付けたい体制側からのメッセージが隠されている、かもしれないと考えてしまうのはヒネクレ過ぎでしょうか?

http://www.sonypictures.jp/movies/2012/

DVD「シッコ」

 昨日に引き続きマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画を拝見しました。今回は「シッコ」です。前作の「華氏911」に比べて非常にわかりやすく、見ごたえのある作りになっています。「腕をあげた」感じでしょうか(笑)。
 今回の標的は「医療」です。アメリカの医療問題は根が深いと昔から言われていました。ニクソン時代からといいますからかなりのものです。ここでもやはり問題の根っこは政治家。彼らと保険会社との利益供与の構図が浮かび上がります。「華氏911」では貧困層から自由を奪い兵役に出させて富裕層は更なるビジネスを追う構造を見せていましたが、今回は中流階級の悲惨さも描いています。医療保険に入っていても怪我や病気で自己破産するという現実に誰もが驚くことでしょう。
 こうした作品を作ると「プロパガンダだ!」とつい刺されがちです。「物事の一部だけ見て批判をするな!」と感じる方もいるかもしれません。でも個人的にはそれでもいいと思うのです。少なくとも我々が今まで気づかなかったことをドキュメンタリーとしてそれこそ命がけで発表しているわけですから。普通ならこんなネタやらないと思うのです。政治、石油、医療、保険、、、そういったドロドロの利権構造の問題をえぐるなんてよほど勇気がないとできません。それに今までは全く「逆のプロパガンダ」しか見ていなかったわけですし。
 個人的には、この映画は素晴らしいと思います。取材力、構成、編集、公開タイミングも含めて絶妙でした。今のアメリカを考えると民主党が政権を取り医療制度改革に着手している様はまさにマイケル・ムーアの影響力が見て取れます。ムーア監督の背後にどんな力が存在しているのかはわかりませんが、「ある一人の映像作家が国を動かす力を秘めている」という事実が同業者として考えさせられるものがあります。
「我々にできることは何か?」と。

DVD「華氏911」

カンヌ映画祭パルムドール受賞が非常に意義深いと感じる本作は世界一のドキュメンタリー作家となったマイケル・ムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」に続く第2作目です。
徹底的にブッシュ元大統領を批判する姿勢には正直驚きます。というのもあれだけの動きをするとやはり妨害が少なからずあると思うのです。しかしムーア監督は作り上げました。実に素晴らしい、です。
アメリカで起こったテロ事件、911を発端にブッシュの歴史や背景を紐解きアフガンやイラク戦争に結びつける論旨は実に見事。いままでなんとなくわかっていたけど、スピークアウトできなかったことが、思いっきり語られていきます。

同業者の目で見ると、やはり編集の巧みさが目立ちます。それからマイケル・ムーア監督が自らジャーナリストとして突撃している様は本人のナレーションも意味合いがしっかりしていて納得。時折カットバックで笑わせてくれるところもタイミングが小気味いいです。
さらに「ドキュメンタリー」というジャンルをここまで世界中に認知させた功績は素晴らしいです。「ドキュメンタリーは暗い」というイメージばかり植えつける日本メディアと明らかにスタンスが違います。政治や戦争関連のドキュメンタリーをエンターテイメントに昇華するやり口は大いに賛成。ただ、字幕を追っていると文字量が多いので辛いかも。。。

映画「This is it」

マイケル・ジャクソンが他界してまだ日が浅いというのに、直前で白紙と化したロンドン公演の舞台裏映像を中心に構成したマイケルのドキュメンタリー映画が完成したことは正直驚きでした。

「そこまで商魂たくましくやらなくたって・・・」

これが映画を見る前の素直な気持ち、でした。マイケルは本当に素晴らしいアーティストだし、僕らの青春そのもの。マイケルが何かをすればそこには必ずビジネスがついて回るのはわかっているけれど、「死して尚」と思うとやや辛い気持ちになるものです。

ところが、

この映画、素晴らしかったのです。50歳のマイケル・ジャクソン。マイケルに憧れてダンサーになり、その彼と同じステージに立つことになった人たち。周りのスタッフたちは皆、マイケルが憧れでありマイケルのためならなんでもやる!と明言する。しかもそのセリフはマイケルがまだ生きているときに撮影された映像ばかり。
もともと、この映像は個人的な記録映像として撮影されていたに過ぎないのです。だからこそ、今となってはその映像に重みがあります。「その時そこで起きていることを記録」していたに過ぎない映像が、マイケル他界により思いもよらない「価値」を生み出してしまったわけです。

私はこの映画をみて、商魂たくましく作った映画、と思った自分を恥じました。
映画は明らかにマイケルに対しての愛が充満していて、彼の素晴らしさの一端が見て取れます。純粋にその気持ちをシェアしたかったのではないかと思えたのです。
監督はケニー・オルテガ。コンサート・ツアーのプロデューサーです。もし私が彼の立場だったら辛くてこんな映像編集できません。編集点を打つことは不可能だと思います。しかし彼はこの短い間にそれを行ったわけで(これは完全に推測ですが)彼の悲しみはいかばかりか、と思うのです。

通常なら映画としては決して十分とはいえない映像も、ここでは十分に価値を持っています。「舞台裏」という側面から見てもなかなか面白いのですが、それよりなにより「口先」とか「小手先」ではない、目には見えない力、を感じます。

そんなマイケルのすごさを世界中の人々に伝えないわけにはいかない、と監督は感じたのではないでしょうか。もし皆さんにも「誰かに何かを伝える」という機会があるのでしたら尚更見ていただきたいと思います。「表現者」としてのマイケルは本当に素晴らしい人であったのだと知ることが出来ます。

http://www.sonypictures.jp/movies/michaeljacksonthisisit/