ブログ

映像制作のヒントになること

映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」上映決定

映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」上映決定

去年から撮影してきたドキュメンタリー映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」が完成し、上映が決定いたしました。 「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動続きを読む映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」上映決定[…]

映画「ヒア アフター」

映画「ヒア アフター」

hereafter

この先のクリント・イーストウッド映画は見逃すまいと「グラン・トリノ」を見て以来思い、今回も大いに期待して映画館へと向かった。イーストウッドの映画には人生が詰まっているのだ。涙を流さずにはいられないが、その涙は自分が力強く生きるための糧になる。「グラン・トリノ」はどうしようもなく悲しい映画だったし、二度と見たくない傑作映画だったが、命懸けで生きる潔さから学ぶことは多かった気がする。「インビクタス」も生きるための糧を充分に与えてくれる作品だった。未だに“ I am the master of my fate. I am the captain of my soul. ”の一説は強烈に記憶に残っている。

そして、今作「ヒア アフター」だ。 続きを読む 紹介映画「ヒア アフター」

映画「トロン:レガシー」

映画「トロン:レガシー」

トロン・レガシー
トロン・レガシー

見てきました。名古屋市にあるIMAX 3Dシアターまで行ってきました。率直なところ、アバターを完全に超えた作品に仕上がっていると感じました。
もともとトロンを見て感動している世代ですから思い入れもあります。ですから割と辛口に見ていたと思いますが、映像、ストーリー、サウンド、そのどれもが高いクオリティーで制作されていました。アバターよりも先にトロン:レガシーが3D公開されていれば、3Dブームももっと大きなうねりになったような気がします。
やや具体的な話をすると、光のフレアが手前でキラリと光る具合や、光の粒が浮いている感じがなんともうまく立体的に表現されています。2Dの世界から3Dに移行していくシーンではちょっとゾクゾクしました。映画を見て鳥肌が立つような感覚はものすごく久しぶりです。 アバターの時に感じた3Dの違和感はかなり払拭されていました。3D技術は日進月歩なのでこの先もどんどん技術は発達してもっともっと見やすくて迫力のある3Dになることでしょうね。
しかしこの3D技術。問題がないわけではありません。 続きを読む 紹介映画「トロン:レガシー」

DVD「シッコ」

DVD「シッコ」

昨日に引き続きマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画を拝見しました。今回は「シッコ」です。前作の「華氏911」に比べて非常にわかりやすく、見ごたえのある作りになっています。「腕をあげた」感じでしょうか(笑)。今回の標的は「医療」です。アメリカの医療問題は根が深いと昔から言われていました。ニクソン時代からといいますからかなりのものです。ここでもやはり問題の根っこは政治家。彼らと保険会社との利益供与の構図が浮かび上がります。「華氏911」では貧困層から自由を奪い兵役に出させて富裕層は更なるビジネスを追う構造を見せていましたが、今回は中流階級の悲惨さも描いています。医療保険に入っていても怪我や病気で自己破産するという現実に誰もが驚くことでしょう。

DVD「華氏911」

DVD「華氏911」

カンヌ映画祭パルムドール受賞が非常に意義深いと感じる本作は世界一のドキュメンタリー作家となったマイケル・ムーア監督の「ボウリング・フォー・コロンバイン」に続く第2作目です。 徹底的にブッシュ元大統領を批判する姿勢には正直続きを読むDVD「華氏911」[…]

映画「This is it」

映画「This is it」

マイケル・ジャクソンが他界してまだ日が浅いというのに、直前で白紙と化したロンドン公演の舞台裏映像を中心に構成したマイケルのドキュメンタリー映画が完成したことは正直驚きでした。 「そこまで商魂たくましくやらなくたって・・・続きを読む映画「This is it」[…]