しょうぶ学園ドキュメンタリー映画『so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の』上映会


謎に包まれたタイトルがご好評いただいている(笑)ドキュメンタリー映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」が、3月16日(日)ギャルリ百草さんとの共催で『ギャルリ百草 x I have a dream プレゼンツ 映画上映会「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」&対談「福森伸 x 大橋歩 x 安藤雅信」』として開催され、会場は大変な熱気に包まれました。 “しょうぶ学園ドキュメンタリー映画『so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の』上映会” の続きを読む

映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」上映決定

去年から撮影してきたドキュメンタリー映画「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」が完成し、上映が決定いたしました。

「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」公式ホームページ

so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の

ギャルリ百草 x I have a dream プレゼンツ
映画上映会「so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の」&対談「福森伸 x 大橋歩 x 安藤雅信」

日時:平成26年3月16日(日)
場所:東栄公民館(岐阜県多治見市)
入場料:¥1,500-
開場:13:00
開演:14:00 ※終了予定17:00
□百草にて「しょうぶ学園展」3月8日(土)~23日(日)11:00~18:00 会期中無休
チケット予約・お問合せ ○shop22/052-932-2092 ○ぎゃるりももぐさ/http://www.momogusa.jp/

【予告】so : but (and) = 1.2.3.4 ーあらかじめ、情動の from MotionVisualJapan on Vimeo.

ー それは無意識の中にある、夢想であり、純粋な創造物の物語。
so:but=[and] そのように。そんな具合に。:しかし。だけれども。
創造した事をカタチにしていく、という行為は
想像し、予想して、めぐらし、意図する、が伴う。
過剰に足して、過剰に引く。
[および。そして] 夢想だったカタチは確かなカタチとして現れる。
そして、相変わらずの
1.2.3.4

「so : but (and) = 1.2.3.4」は、しょうぶ学園の創作活動のひとつである音パフォーマンス集団「otto & orabu」をフィルターとして、純粋さに対する意識の変容について描いたドキュメンタリー映画である。

A documentary film about Otto&Orabu of Shobu gakuen in Kagoshima, Japan. Showing their struggle about doing music performance without conscience like mentally handicapped person.

 

ドキュメンタリー・プロモーション・ビデオとは?

 

DPV
「ドキュメンタリー・プロモーション・ビデオ」という新しいジャンルを確立しようとサイトを立ち上げました。

これはドキュメンタリー映画のように訴える力の強いドラマチックなプロモーションビデオを制作しようという試みです。元来、プロモーションビデオ(PV)はナレーションで埋め尽くされた説明方のカタログ的な映像制作をイメージされることが多いかと思います。そうしたPVではクライアント側の言いたいことは全て網羅されてはいますがおおよそ一方的な説明ばかりで集中して見てもらうことが難しいものが多い印象がないでしょうか?

ドキュメンタリー・プロモーション・ビデオではそうしたナレーション過多のPVとは一線を画した構成で見る側を惹きつけます。それは現場で働く社員の皆さんの実際の姿、表情をドキュメンタリー的な手法で紡ぎ出し、映画のようにドラマチックな映像に仕上げる作品となります。

もしあなたが「プロフェッショナル」や「プロジェクトX」、「ガイアの夜明け」に取材されたらどんな番組になるでしょうか?考えただけでワクワクしませんか?どなたにも取材に打って付けな人材や、取り組みがあります。社内での真剣なプロジェクト会議、笑顔溢れる職場、情熱的でスピード感溢れる人材、ちょっとした会社の裏側。そうした音と映像を見ていただくことが、企業や商品の魅力を最大限に引き出す映像ではないかと思います。

詳しくはドキュメンタリー・プロモーション・ビデオのホームページでご紹介しています。是非ごらんください。

http://www.d-pv.jp/

「un día con Aleida ~un documental de Aleida Guevara」特別上映会&ライブ!

Aleida_documentary01
Aleida_documentary02
一夜限りの限定イベント!(限定50名)
チェ・ゲバラの娘、アレイダ・ゲバラの緊急来日講演の様子を収めたショート・ドキュメンタリー「un día con Aleida ~un documental de Aleida Guevara」を上映いたします。映像は愛知県西尾市出身の映像作家・柵木志が担当。7月23日に開催された名古屋市立大学病院や、ウィルあいちでの講演の様子を収めています。アレイダの力強いメッセージが再びあなたの心に訴えかけることでしょう。

ゲストとしてキューバから初来日の実力派トリオ「スエナ・クバーナ」と名古屋名物キューバ歌謡バンド「Ahora Si」が参加。映画とライブの贅沢な夜をキューバ料理と共にお楽しみいただけます。
50名様限定のイベントとなりますのでチケットはお早めに!

日時:10月22日(土)18:00~ open, 19:00~ start
場所:Cafe Dufi
前売 ¥2,500- / 当日 ¥3,000-
チケットお問合せ先:shop22 (052)932-2092 / used clothes A (052)932-8500

特別番組「にしおのひと」

ケーブルテレビ・キャッチネットワークにて放送される特別番組です。
にしおのひとポスター
「2009年7月6日、榊原西尾市長が初登庁の際「身を引き締めてがんばる」と答え庁舎に向かいました。この日を境に合併に向かった1市3町。そして2011年4月、新西尾市が誕生します。
この新しい動きはまた、先人達からの学びもあります。「西尾、吉良、幡豆、一色はもともとひとつの国だった」そうやさしく語りかけるのは、西尾を中心に活動を行っている、語りの田中ふみえさん。
番組では、新西尾市に住む様々な立場の方を取材・インタビューし、新西尾市に寄せる期待や思いを語っていただきます。登場される方は100名近く。例えば西尾市在住の画家、齊藤吾朗さん、西尾市グルメ研究会のみなさん、西尾幼稚園年長組のみなさん、佐久島小学校のみなさんなど。
そこに住む人間だからこそわかる、伝わる、新西尾市の魅力をひも解きます。と同時に、未来の西尾を担っていくたくさんの方の様々な思いを番組は繋いでいきます。5Dmkii 撮影された映像と今までにない構成で魅せる新西尾市誕生への人々の思い。どうぞご期待ください。」

55分番組
詳しい番組表は↓で確認してください。
http://www.katch.co.jp/community/pg_special/index.html#45

願寿三線サークル(稲三会東海支部西尾教室)

願寿三線サークル

西尾市で開かれている三線教室の生徒さんが初めて発表会に挑戦しました。その姿を追います。三線は沖縄民謡で欠かせない楽器。三味線とよく似た楽器です。サークルの中心メンバーには一色町の松井さんご夫婦がいらっしゃいます。松井さんは会社員時代に「愛知の名工」にも選ばれた腕前の持ち主。とはいえこちらは沖縄民謡の三線なのでちょっと勝手が違うようです。 “願寿三線サークル(稲三会東海支部西尾教室)” の続きを読む

高浜南中えんちょこ獅子クラブ

GBM0417_01
県無形民俗文化財に指定されている高浜市のえんちょこ獅子。その伝統継承にと、高浜南中学校ではえんちょこ獅子クラブが特別部活動として活動をしている。そのアクロバティックな獅子舞は見ていても迫力があり、面白い。今回は新3年生となっての初舞台を踏む生徒と保存会・野口さんのドキュメントをご覧いただきます。入学式で初めて1年生達が目にする先輩のえんちょこ獅子は華麗に映ることでしょう。撮影にはCanon EOS 5D Mark IIを使用。

“高浜南中えんちょこ獅子クラブ” の続きを読む

エリア政経MOVEMENT「激動!教育新時代」

mvt022

教育はどこに向かっていくのか、先生は何を目指しているのか・・・。今回のエリア政経MOVEMENTでは「激動!教育新時代」と題して、愛知教育大学の教職大学院に通う現役教諭に密着。学校作りや、授業づくりなどについて研究し、学校にフィードバックする様子を追いかけます。また、教職大学院の添田博士を招いて、今の教育が抱える問題や先生のあり方など伺います。番組リポーターの市民ブレインには中小企業診断士の熊澤さん、愛知教育大学の中原さんが担当します。 “エリア政経MOVEMENT「激動!教育新時代」” の続きを読む

芸術母娘

yorozu201128-2
yorozu201128
吉良町を中心に活動している、画家の加古千恵子さんとその娘で陶芸家の若菜さん母娘。二人の活動を通して「親子」や「芸術」、「地域」など見つめるドキュメンタリー。 “芸術母娘” の続きを読む