多文化共生について考える①

s-yorozu090927

西尾市で今年から始まった「早期適応教室」。これは外国籍の子供たちに日本語を学んでもらう教室で「プレスクール」的な役割を担っています。その教室でボランティア実習の受け入れがはじまり、いよいよ本格的に多文化共生についての動きが活発になっています。今回はその現状をリポートする第1回目。

キャッチ106ch 「にーず」にて9月27日から放送

“Adjustment classroom of early stage” that started this year in Nishio City. This means “preschool” in the classroom where children from other countries study Japanese. The acceptance of the volunteer practice starts in the classroom, and the movement of multi-cultural symbiosis is more and more really active. It is the 1st that reports on the current this time.

NPO法人くるくるの活動をご紹介

NPO法人くるくる
NPO法人くるくる

障害のある人の地域生活を支援するため刈谷市を中心に活動しているNPO法人くるくるを紹介するビデオ制作をいたしました。

「就労移行支援事業」の象徴でもある「くるくるクリーニング」で働く様子など地域で働く環境づくりの取り組み方などご紹介しています。

NPO法人くるくるホームページ
http://kuru2.sakura.ne.jp/