SONY PMW-200

Sony PMW-200 をお借りすることができましたのでほんの少しだけ撮影してきました。条件はほぼ同じで撮影したつもりですが、あまりに結果が違うのでやや戸惑ってます。どちらかというとz5Jのほうが綺麗な映像に見えるんですけど何故なのでしょうか?

Compare w/ HVR-Z5J and PMW-200 from MotionVisualJapan on Vimeo.

撮影の際の条件は、どちらもオートでやってます。まったく同じタイミングで撮影してませんが、ほぼ同じ時間でやってます。編集は Avid MC6.5 を使用。取り込みは PMW-200 はネイティブ対応なのでそのまま取り込みをしています。Z5J はHVR-MRC1K を使用していますのでいったん pavtube HD video converter にてProRes変換しマウントしました。決してconverterが優秀過ぎるからということもないと思うんですけど(ゴメンナサイ)。

ちなみに PMW-200 には Protech さんの ST-7J というショルダーアダプターを付けてみました。
PROTECH ST-7J
これは HVR-Z5J に使用しているショルダーアダプターなのですが、 PMW-200 は結構重量感がありますのでそのままでは腕が痛いし手首を痛めそうなので試しに付けてみることに。結果は良好です。これで、バッテリーのコネクターを替えればそのままデカバッテリーが使えますので、わざわざ PMW-200 用のバッテリーやアクセサリーキットを購入する必要はなくなります。
pmw200 021
もうひとつちなみに、 PMW-200 の SxS をSDカード運用したいと思ってます。これまではあまり考え無しに SONY MEAD-SD02 を購入すればいいと思っていましたが、調べてみるとサードパーティー製の SxS SDアダプターも販売されているんですね。例えば、Sonnet から、
SONY SDカードアダプター
こんなのが出ています。こちらは

5550円で現在販売されていますから、SONY MEAD-SD02 の12,400円と比較すると随分お値打ちですね。

ダウンコン問題

HD→SDにダウンコンバートする際みなさんはどうされてますか?
私の場合、パソコン上のソフトウェアで処理を行うとどうしても画面がギザギザになってしまうので、HD編集したビデオをiLinkでHDV形式のテープ吐き出しをして、今度はそのテープをiLinkでパソコンに取り込み直します。その際デッキからの出力はダウンコン信号です。この方法が今のところ最前ではないかと考えています。
ネットで検索をしても一番多かったのが、カメラにいったん書き出してから再びパソコンにダウンコンバート信号で取り込み直すというものでした。

例えば、
FCPでHDV素材を編集、パケったものをそのままFCPでSD設定の.m2vにダウンコンバートで書き出した場合、
trestest01

trestest01-01

“ダウンコン問題” の続きを読む